日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « スマホアプリのビジネスモデルで有料DLの収益を上げる3つの方法

クラウドソーシング

  1. スマホアプリのビジネスモデルで有料DLの収益を上げる3つの方法


スマホアプリのビジネスモデルで有料DLの収益を上げる3つの方法


はじめに

8777-1
引用元:写真素材 足成

アプリを開発して、どうやってアプリで収益を上げることが出来るの?アプリで収益を上げる方法は、一つではありません。では、どうやって?無料アプリでしたら広告収入と追加課金モデルがありますが、有料アプリはどのようなパターンがあるのでしょうか。

有料アプリの売り切りモデル

ダウンロードする際に一回だけ課金してアプリ自体を販売する方法です。シンプルで簡単ですし、多くの有料アプリがこの手法をとっています。価格は大体、1ドルを基準にしていますので85円から設定できます。デメリットとしては、一度しか収益が発生しないので、継続した売り上げにならないということです。また、androidでは、有料アプリは売れにくく、iPhoneでの開発が望ましいと思われます。

有料アプリの継続課金モデル

8807-1
引用元:写真素材 足成

月額など定期的に継続課金するタイプです。アプリ単体で継続課金のものもありますし、対象アプリをダウンロードし放題にするものがあります。auのスマートパスがこの手法をとっているように、現在のところはキャリア公式サービスでしか見られません。利用者を増やすことが出来れば安定した収入になりますが、ユーザーにとってハードルは高く、気軽にというわけにはいかないところがデメリットです。

無料アプリからの有料アプリ訴求モデル

まずは無料アプリをダウンロードしてもらい、アップグレード版や同シリーズの有料アプリを訴求する方法です。無料アプリは体験版として機能も限定的、広告も入れているので、広告を消したい場合や、機能をもっと使いたいという人が有料版を購入するという流れで収益をあげます。無料版でもフルバージョンであることも多いので、大体の場合は無料版で満足してしまい、有料版に繋がりにくいという難しさもあります。また無料アプリをきっかけに自社ブランドのアプリで囲い込む手法もありますが、複数のアプリを用意しなければならない点がデメリットといえます。

まとめ

a0001_007830
引用元:写真素材 足成

アプリで収益を上げるというと、真っ先に有料アプリを思いつくのではないでしょうか。しかし、有料アプリのダウンロード数は無料に比べて著しく落ちます。たとえ85円であっても有料となると、途端に敷居が高くなるというユーザーの意識なのです。特にゲーム系アプリで有料のものは、よほどのクオリティが必要になってきます。では、どんなアプリならダウンロードしてもらえるのでしょうか?割と売れているのが、ニーズの限られたツール系アプリだとコンスタントにダウンロードされているようです。有料アプリのランキングを分析して、どんなアプリならば、有料でもダウンロードされているのかを見定めて開発して下さい。

フリーエンジニアのお仕事特集
フリーエンジニアの求人・お仕事特集!

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

スマートフォン アプリ開発・サイト構築のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る