日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 統一感が大事!パッケージデザインにも一貫したブランドイメージを!

クラウドソーシング

  1. 統一感が大事!パッケージデザインにも一貫したブランドイメージを!


統一感が大事!パッケージデザインにも一貫したブランドイメージを!


はじめに

No.1016_1
引用元:Coca Cola

同一の会社で作成された製品なら、パッケージには統一感を持たせるもの必要です。商品が並べられた時に、全く違った商品に見えてしまうと、統一されたイメージを思い描きにくくなってしまい、結局のところ消費者にブランドイメージが伝わらなくなってしまうからです。ですからできればパッケージのデザインは、どれもイメージが統一されているものを作成するのが望ましいといえるでしょう。

パッケージデザインは顧客にブランドを直接周知させる重要なマーケティングツール

アップル製品の統一されたパッケージは、アップルのブランドを一目見ただけで周知させる手段でもあります。シンプルかつ高級感漂うあのパッケージデザインは、アップルのブランドを現しているデザインでもあります。このようにパッケージデザインというものは、購入希望の消費者に製品のブランドをイメージさせるツールにほかなりません。商品パッケージはポスター、チラシ、パンフレットなどのマス広告の中でも消費者の手元に一番近い広告なのです。ですからパッケージデザインというものを作成するときには、商品のイメージはもとより製造している会社のイメージも損なわないようにする必要があります。パッケージデザインは、最終的なマーケティングツールであることを忘れないで下さい。

重要なのは統一されたブランドイメージ

たくさんの製品が並んでいる時に、自社の製品だと分かるような統一感が必要になってきます。同じもののシリーズではなくて全く違う製品でも、どの会社の製品なのか分かるブランドイメージが必要になってきます。パッケージにブランドイメージがある統一感があれば、商品を並べられているだけでマーケティング効果が生まれます。どのようなブランドイメージを作るのかは、パッケージのデザインにかかっています。

会社HPや商品デザインのイメージに合ったパッケージデザインが重要!

パッケージは商品のイメージに合ったものであることは言うまでもなく当然のことです。ですがマスマーケティングの一環であることも忘れてはいけません。重要なことは会社のマーケティング全てに使っても、違和感のないデザインにしなければならないことです。トータルでマスデザインに使用することを考えると、パッケージ自体にブランド的イメージを担わせなくてはならないのです。例えばトライアルの商品ならば、チラシ的な役割を持たせ、パッケージには手に取ってもらうことを重視します。しかし、ブランドイメージを持たせる場合は、その会社の製品であることを知らせつつ、イメージを作り上げなくてはなりません。他の商品にも流用することができるような、そんなパッケージデザインが必要になってきます。

No.1016_2
引用元:Coca Cola

まとめ:パッケージと言えども、ブランディングを意識せよ!

商品が陳列されれば、その商品が会社の顔になります。ですからパッケージデザインはそのブランドイメージを意識したものにしなければなりません。そのためには会社のコンセプト、商品のコンセプト、ブランドイメージなどの全てを意識してパッケージのデザインをしなければなりません。店頭に並べられた商品のパッケージこそが、最終的な商品のイメージを、会社のイメージをも決めてしまうのです。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

包装・パッケージデザインのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る