日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « デザイン料金だけじゃない!パッケージデザイン作成にかかる費用とは

クラウドソーシング

  1. デザイン料金だけじゃない!パッケージデザイン作成にかかる費用とは


デザイン料金だけじゃない!パッケージデザイン作成にかかる費用とは


はじめに

FZ198_L

引用元:SUMMO
商品の個装箱(ダンボール)やラベルなどのパッケージデザインを作成するためには、どのような費用が必要でしょうか。この記事では、パッケージデザインの費用について説明します。

デザイン料金以外にもパッケージデザインにはお金がかかる

パッケージデザインを作成するためには、実はさまざまな作業工程があります。

① クリエイティブ・ディレクション(CD)
パッケージデザインは、単にパッケージのデザインを行うだけでは商品になり得ません。デザインを実際に成形して初めて、パッケージデザインが完了するのです。

クリエイティブ・ディレクションは、まさにお客様も持つパッケージのイメージを形にするための作業責任者となります。もし、CDがいない場合デザイナーが全ての業務をこなすことになり、業務によっては対応できないこともあるでしょう。例えば、パッケージデザインの写真撮影などもデジカメなどを使えば、誰でもできますが、チラシやパンフレットに載せる写真となると別ですよね。このように、CDは、パッケージデザインの工程や進捗状況を把握し、お客様のパッケージデザインの作成を行います。

② ラフスケッチ
ラフスケッチは、CDやデザイナーがお客様の持つパッケージのイメージをヒヤリングした後、イメージスケッチを作成し、お客様のパッケージのイメージを具体化します。

③ スケッチ
ラフスケッチを元に、色味をヒヤリングし、お客様の持つイメージに適応させる作業です。スケッチの段階でお客様のイメージが固まることが重要ですので、非常に大事な作業と言えます。

④ デザイン
スケッチを元に、デジタルイメージを作成します。この作業によりパッケージデザインを印刷したり、パンフレットやチラシなどの販促に使用する写真を撮影します。

⑤ ダミー
デザインが校了すると、実際に成形されたパッケージデザインを作成します。この作業が完了すると、パッケージデザインが成形されます。この作業は1点のみ成形することが多いためプロトタイプ制作とも言えます。

⑥ フィニッシュ
ダミー制作により、お客様の合意が得られれば作成する点数分の成形を行います。また、パンフレットやチラシの印刷もこの段階で行われます。

このように、パッケージデザインでは各工程でさまざまな費用が発生します。通常パッケージデザインというと、④のデザインのみを連想しがちですが、実際に成形できるまでには、さまざまな作業があり、その都度費用が発生することがお判り頂けたかと思います。

安いデザイン料金で選ぶと逆に高くつくことも

先に説明したとおり、パッケージデザインはデザインだけで成形できるものではありません。デザインだけを安く仕上げても、パンフレットやチラシに載せる写真の撮影や、印刷会社への印刷依頼などを行わないとパッケージデザインは、まさに絵に描いた餅になってしまうのです。このため、デザイン料金の安さだけでデザインを行うと、結局他の作業をお客様自身が行うことになり、パッケージデザインの制作費用が返って高くなってしまうこともあるのです。

a0003_001896
引用元:足成

制作会社に外注するときはトータルでかかる金額を重視

ここまでの説明でお判りのように、パッケージデザインにはさまざまな工程があり、各々の工程に専門性が要求されます。ですから、パッケージデザインの制作をデザイン会社に外注する場合、デザイン料金だけでなくその他の工程の費用も含めた制作費用を重視しましょう。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
包装・パッケージデザインのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る