日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « パッケージデザインを自分で作ろう!無料のグラフィックソフトまとめ

クラウドソーシング

  1. パッケージデザインを自分で作ろう!無料のグラフィックソフトまとめ


パッケージデザインを自分で作ろう!無料のグラフィックソフトまとめ


はじめに

1189-01

 手書きではできないデザインの印刷物を作ってみたい。それはパソコンを持っているなら、誰しも一度は試みてみること。しかし、そもそも何のソフトを使えばいいのか分からない、手探りで、付属のソフトを使って始めては見たものの、使いたい機能がない、といったことは皆さんご経験あるでしょう。そんなパッケージデザイン超初心者のための、お役立ちフリーソフトをピックアップしてご紹介します。

Paint.net(参考サイトhttp://www.gigafree.net/tool/paint/)

 パッケージデザインをするときに、プロデザイナーが主に使っている、フォトショップ、イラストレーター、ペインターなどのソフトは安くはないので、素人にはなかなか手が出せません。また、高いソフトを購入したところで、そこまでプロ仕様の機能が必要なのか疑問です。そんなときにまず頼りたいのはフリーソフトの数々。こちらのPaint.netというサイトでは、数多くのフリーソフトを簡単な解説つきで掲載しています。その中の「ペイントソフト ・お絵かきソフト」のカテゴリーに、パッケージデザインにも使えそうなフリーソフトが紹介されているので、自分の目的に合ったものを探してみると良いでしょう。

Pixia

1189-03
1189-02

 数あるフリーソフトの中でも、まず試してみたいペイントソフトとして、Pixiaをおすすめします。こちらのPixia、フリーソフトながら、なかなかの高機能ぶり。フォトショップとイラストレーターを合わせて、機能をシンプルにしたようなソフトで、これ一本でデザインで必要な、ほとんどの作業が出来てしまいそう。濃さや密度が調整できる多彩ブラシ機能が装備されている上、ベジェ曲線やスプライン曲線などで、きっちりとした作画も可能です。複数のウィンドウを同時に開くことができる、MDI型というのも便利です。

AzPainter

 作画に特化したペイントソフトの一本として、AzPainterを紹介します。初心者に優しいシンプルなインターフェースながら、イラストの作成に必要な機能が一通り揃っています。このソフトのありがたい点は、何と言っても動作が軽いこと。機能的には、プロのイラストレーターが愛用するペインターと、パソコンに標準で装備されている、お絵かきソフトのちょうど中間の様な感じです。筆圧を感知したり、水彩画風の塗りもできるので、手書き風イラストに挑戦したい人におすすめです。

まとめ(フリーソフトを使ってパッケージデザインを作ってみよう)

 パッケージデザインの作成は、慣れていないとどうしても素人ぽくなりがちです。模擬店などの個人的な活動に使うパッケージなら、それでも良いのですが、本格的な商業活動に使うパッケージデザインはやはりクォリティにもこだわりたいもの。必要なソフトが使いこなせるようになっても、肝心のデザインセンスはそう急に上がるものではありません。なので、まずはプロの手がけたデザインを参考にして、どのようなパッケージが魅力的で人目を引くのか、じっくり考えてみましょう。プロのテクニックは、配色やレイアウトのバランスからして違います。たくさんのデザインを参考にして、ぜひ自分のパッケージデザインに役立てて下さい。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

包装・パッケージデザインのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る