日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 世界でもトップクラス!日本が誇るパッケージング業界!

クラウドソーシング

  1. 世界でもトップクラス!日本が誇るパッケージング業界!


世界でもトップクラス!日本が誇るパッケージング業界!


はじめに

プレゼント_女性
引用元:写真素材 足成

日本は世界に誇るパッケージング大国といっても過言ではないでしょう。日本のパッケージングは環境面、特にECOを考えたリサイクル志向の強いものから、消費者の利便性を一番に考えたパッケージング等、世界を舞台にしても誇れる技術とアイデアを持っています。世界でもトップクラスの実力を持つ、誇れるパッケージ業界の動向を追ってみましょう。

世界市場における日本のパッケージング業界の位置

世界市場における日本のパッケージ業界の位置は非常に高水準な位置を保っているといえるでしょう。とくにECOを考えたリサイクルパッケージングは最先端といえます。業界は業界は、3R(リデュース、リユース、リサイクル)の推進を推奨してきました。そして多くの素材が2010年度の数値目標を達成することが出来ています。日本が得意とするアイデア、技術開発が盛んであり、世界も同じく包材削減の傾向であるなか群を抜いて日本のECOに対する取り組み方は優秀です。アイデアと技術が求められる中で、日本のパッケージングは、更に素晴らしいパッケージングを創出していくことでしょう。

パッケージング市場の動向

袋_子供
引用元:写真素材 足成

最近のパッケージング市場の動向は植物由来樹脂の開発と実用化が加速してきているといえるでしょう。従来の高分子化合物を利用したポリエチレンやPETといった素材から、耐熱性・耐衝撃性・成型性を大幅に向上したPLA(ポリ乳酸)フィルム用添加剤などの開発などが進み、多くの製品が実用化されています。PLA以外は、ポリエステル系バイオポリマーを利用したパッケージングや、油脂と乳酸からポリウレタン樹脂原料のポリオール開発等バイオポリマー関連の動きはとくに活発です。ブラスケム品の採用など石油系のプラスチック原料からバイオマス原材料への切り替え傾向が強く、石油資源の代替及びCO2排出量削減から、この傾向は続くと予想されています。如何に優れたパッケージでも環境を考えない劣悪な素材を用いる事は悪とされます。環境を考えない身勝手な企業のイメージダウンは避けられない事でしょう。

日本のパッケージング業界の動向

a0001_009314
引用元:写真素材 足成

日本のパッケージ業界の動向で特に注視していきたいのは利便性の高い使い勝手の良いパッケージングが挙げられます。代表例で言えば、日本の菓子パッケージングは手を汚さなくても中身を一つずつ取り出せるように工夫が施されていたり、製薬関連で言えば人間工学に基づいて設計された、さしやすい点眼薬パッケージの開発であったり、消費者の利便性を求めた技術展開は今後も進むことでしょう。また、開封後も鮮度が保持できる調味料のパッケージングであったり、中身を最後まで取り出しやすい工夫を施したパッケージングであったりと、日本のホスピタリティ精神に則った技術開発は今後も世界をリードしていくことでしょう。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
包装・パッケージデザインのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る