日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 実際windowsで作業をしてみよう!DTP作業感想

クラウドソーシング

  1. 実際windowsで作業をしてみよう!DTP作業感想


実際windowsで作業をしてみよう!DTP作業感想


はじめに

6774_2
引用元:写真素材 足成

DTPデザインをするなら当然Mac、その考えは今でも根強く、実際に主流と言っていいでしょう。
しかし、世界的に見て、パソコンOSの圧倒的シェアを誇っているWindowsも無視できず、Windows でDTPを行う環境も徐々に整ってきています。
また、好みや使いやすさの他に、それぞれのOSが持っている強みがあるも事実です。今回の記事では、DTPデザインを支えるOSと作業環境について分析します。

昔のDTPの定説は

一昔前まで、MacからでもWindowsからでも、同様にDTPを行えるかと言うとそうではありませんでした。
今でこそ、DTPに必要なソフトは両方のOSに対応したバージョンが用意されていることがほとんどですが、そうなったのはごく最近のこと。
DTPが普及し始めた当初は、優れたDTPソフトのほとんどが、Mac用に開発されたものだったのです。
その背景から、自然、DTPデザインをするならMacという流れが生まれ、今も続いています。

現在のmacとwinのOSを取り巻くDTP環境

現在、DTPを手がけるのに必要とされている主なソフトが3つあります。
それは、アメリカのアドビ社が開発した、レイアウトに使われるInDesign、画像編集ソフトのPhotoshop、そして、作図に強いIllustratorの3つのDTPソフトです。

これらのソフトはMac・Windows版両方があり、インターフェイスも共通です。長い間、MacがDTP分野で支持される理由となっていたフォントの問題も、OpenTypeという共通で使えるフォント形式が開発されたことで、Windows上でDTPを行う上での障害は徐々に取り除かれつつあります。
MacとWindows間の互換性の向上もそれに一役買っているといっても良いでしょう。

winでは再現できない精密なmacの動作

では実際のところ、WindowsでDTPを行うと、Macとどういった違いがあるのでしょうか?DTPソフトのインターフェイスや機能は基本的に共通な訳ですから、違いがでるとしたら、まさにパソコンのシステム的なところでしょう。
使用感でいうと、やや大雑把なWindowsに対し、Macの方が動作に対する感度が良く、精密な動作に対応できている、といった感覚があるようです。
動作の反映に精密さを要求するデザインの現場で、これは大きなアドバンテージと言えます。

6774_1
引用元:写真素材 足成

個人環境で製作する場合大幅にコスト削減できるwin

対して、WindowsDTPの有利な点と言えば、その圧倒的なシェアによるコストパフォーマンスでしょう。
DTPソフトも開発が進むごとに価格が上昇しており、Mac自体の価格もWindowsに比べて高額です。
個人でDTPを請け負うデザイナーや小規模事業主には、WindowsDTP導入による大幅なコスト削減は非常に魅力的です。
また、便利なフリーソフトやプラグインなどもWindowsの方が多く、そういった環境もWindowsDTPを後押ししていると言っても良いでしょう。

まとめ

メリットデメリットを比較すると、もはや、DTPデザインをするならMacとも言い切れない状況が見えてきます。
今後、メインで請け負う仕事の内容や取引先の環境に応じて、自分なりの適切な環境を作り上げて行くと良いでしょう。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

DTPのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る