日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « DTPっていくら?媒体別に相場を整理してみた

クラウドソーシング

  1. DTPっていくら?媒体別に相場を整理してみた


DTPっていくら?媒体別に相場を整理してみた


はじめに

6925-1
引用元:写真素材 足成

DTPと言っても対象は様々です。
チラシ、パンフレット、ポスター、雑誌、フリーペーパーなど、印刷物のほとんどの種類にDTPは対応できます。
また、それぞれの種類に応じて制作方法や納期などが異なってきますが、外注する際に一番気になるのは料金ではないでしょうか?
ここでは、印刷の媒体別にDTPの相場を整理してみましょう。

綺麗に魅せたい!雑誌のDTPの相場

まずは、デザイン勝負、とにかくきれいに見せたい場合の雑誌作成でのDTP相場です。
デザイン、フォーマット制作で1ページ当たり10,000円~20,000円。
DTPレイアウトのみで~5,000円が標準でしょう。
なお、業者によっては、表紙の作成が割高になる場合もあります。
雑誌のDTPでは、写真を使ったフルカラーのデザインとなる場合が多く、通常のDTP作業に加えて画像処理のスキルや、カラーコーディネートのスキルなども必要になりますので、高額の料金設定になっています。

コストを抑えたい!フリーペーパーのDTPの相場

次はフリーペーパーです。
その名の通り無料で配布する印刷物なので、制作にはなるべくコストを抑えたいものです。
フリーペーパーというカテゴリのDTP料金は無いのですが、通常は会社案内やカタログといった、ページ物の印刷物として扱われるようです。
この場合、テキスト中心のモノクロ1ページ当たり5,000円ぐらいからで、ページ数が増えるごとにページあたりの単価が安くなる場合が多いです。さらに費用を抑えたい場合には、デザイン済のオリジナルの原稿を作ってデジタル入稿し、イラストや写真の部分のみデザイン修正を依頼するやり方もあります。
また、クラウドソーシングのコンペ形式を活用すると、高品質のデザインを実現することも可能です。

分かり易くしたい!取り扱い説明書のDTPの相場

取扱説明書の場合には通常、元原稿が存在していて、ユーザー向けに分かりやすくすることを目的とするDTP外注が多くなります。
この場合には、単にページレイアウトのデザイン依頼というよりも、企画から依頼する方が良いでしょう。
相場としては、企画構成(ディレクション、目次作成、ページデザイン)で250,000円~、制作(テクニカルライティング、イラスト、DTP)でそれぞれ1ページ当たり5,000円~、になります。
取扱説明書に不備があると、企業イメージのダウンになるばかりでなく、訴訟などのリスクにもつながりますので、発注しようとする分野で経験のあるDTP業者に依頼するのが良いでしょう。

6925-2
引用元:写真素材 足成

表紙にも中身にもこだわりたい!書籍のDTPの相場

最後は、書籍です。
書籍の場合の料金は大きく、表紙と本文に分かれます。表紙は標準で150,000円~、本文は1フォーマットあたり20,000円~となります。
もちろん、本文にイラストを入れたり、途中でフォーマットを変更したりすると、料金は追加になります。
また、最近は電子書籍の形態での出版も増えてきていますが、この場合には印刷が不要で、表示媒体もタブレットかディスプレイになるために、従来の印刷品質でのデザインが不要になってきています。
クラウドソーシングのコンペ形式で表紙デザインを募集をするとたくさんの応募があるため、活用してみるのも良いでしょう。

おわりに

当然のことですが、DTP外注先によって得意・不得意はあります。
今回紹介した媒体すべてに対応しているDTPはむしろ少ないと思いますので、DTP外注先を決めてしまうのではなく、広く出版物の媒体に応じたDTP先を探してみてはどうでしょうか?
DTP先の候補が見つかったら、過去に手掛けた事例を見て、得意不得意を確認することも重要です。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

DTPのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る