日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 知っておこう!看板制作にかかる費用の大まかな相場を把握しておこう

クラウドソーシング

  1. 知っておこう!看板制作にかかる費用の大まかな相場を把握しておこう


知っておこう!看板制作にかかる費用の大まかな相場を把握しておこう


はじめに

7500-1
引用元:写真素材 足成

看板を作りたいけれど、一体どれくらいの料金がかかるのか、想像もつかない…。
そんなあなたに、看板制作にかかる料金の相場と、何に費用がかかるのかをお教えします。



60cm~180cmサイズの相場って?

看板制作の価格は、サイズだけで決まるものではなく、材質、照明、デザインの質、設置場所など、様々な要因で何倍も上下します。
それを踏まえたうえで、ある程度の目安として60cm×180cmの看板の料金の目安をご紹介しますね。木製やトタン製などの比較的安い材質で、簡単な文字やデザインのものであれば、1万から数万円くらいでデザインと制作ができます。
自立式で、未舗装の地面に埋め込む場合、セメントや鉄骨、そして工事費などを含めて3~5万円程度です。この他に、交通費や雑費などかかってくる場合もありますが、全て合わせても10万円弱くらいが目安になります。

120cm~360cmサイズの相場って?

辺の長さが60cm×180cのときの2倍になったからと言って、料金も2倍というわけではありません。看板は、大きくなればその分、安全対策のために強度や耐震性などが必要になってきます。小さな看板であれば、風で倒れてもまた戻せばいいだけですが、大きい看板が倒れれば、怪我や人命にかかわる事故にもなり得ます。サイズの大きい看板の設置を考えているのであれば、自分の考えた材質や形にこだわりすぎず、工務店や業者の人たちと、安全性についても相談する必要があります。
そうした話し合いの中で、照明やネオン、立体文字などの工夫ができるかどうかなども議論し、適正料金で安全に設置できるよう調整してください。

外注先を選定しよう

看板制作を外注する場合、デザイン制作と看板制作、そして設置工事の3つの工程を、それぞれが得意な業者に分担して依頼するのが、費用面でも内容面でも最善です。看板を設置するうえで、その土地の条例による屋外広告の決まりや、自治体に納める道路使用申請の手数料などについては、デザイン制作会社にはわかりませんよね。
自分のイメージする広告を作ってくれるデザイン制作会社と、広告の材質や工夫、看板の決まりごとなどに詳しい看板制作会社、そして安全性の高い丁寧な工事をしてくれる設置会社を選ぶことで、費用対効果の高い看板を設置することができます。

まとめ

7380_3

引用元:写真素材 足成

看板制作には、ただ制作する以外にもいろいろな種類の費用がかかることがお分かりいただけたと思います。他にも、広告を目立たせる照明やネオン、看板の形を独特のものにする立体看板など、様々なオプションにより料金が決定します。外注する業者の方とよく話し合いをして、適正価格で理想の看板を作ってくださいね。
クラウドワークスでは看板デザインの制作を依頼できます。
看板制作会社に依頼する際、デザインの持ち込み・デザインまで依頼した場合で料金がどの程度変わるかを確認してからデザインだけクラウドソーシングする方もいらっしゃいます。上手に活用しましょう。

ロゴ作成を依頼
フリーデザイナーに依頼!ロゴマークデザイン特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

看板デザインのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る