外注ノウハウ
Pocket

公開日: 2022.01.13

【2022年】韓国語翻訳の料金相場

日韓翻訳や韓日翻訳、多言語翻訳などを外注したい場合、翻訳専門の会社や翻訳サービスなどへ依頼することができます。今回は、韓国語翻訳を依頼する際の費用相場や料金の決まり方、依頼時のポイントなどを紹介します。韓国語翻訳におすすめの依頼先も紹介するので、あわせて参考にしてください。

韓国語翻訳の費用相場

韓国語の翻訳費用は、翻訳を依頼したい原稿の種類によって異なります。専門性の高い文書や公的書類などは、一般的な文書より翻訳費用が割高になる傾向にあります。

【翻訳依頼時の費用相場】 ※原稿用紙1枚(400文字)あたりの費用相場
●一般的な文書(書籍、コラム、パンフレットなど)
2,000~3,500円(日本語→韓国語)
2,500~4,000円(韓国語→日本語)

●専門的な文書(ビジネス文書、製品の取扱説明書、学術論文など)
3,000~4,500円(日本語→韓国語)
3,500~5,000円(韓国語→日本語)

●公的な書類、文書(申請書、契約書など)
4,000~5,500円(日本語→韓国語)
4,500~6,000円(韓国語→日本語)

日韓翻訳・韓日翻訳は、1文字あたり5~15円が相場です。多言語の翻訳(韓国語→英語・中国語→韓国語など)を依頼する場合、日韓・韓日のみの翻訳よりも費用が高くなります。

韓国語翻訳の費用相場はどう決まる?

韓国語は利用人口や翻訳者の数が多めであるため、他の言語より比較的安価に翻訳を依頼できる言語といえます。では、韓国語の翻訳を外注する際にはどのような基準で料金が決まるのでしょうか?

翻訳対象の分量(文字数・単語数など)

翻訳の費用は、外注先が設定する翻訳単価×文字数(あるいは単語数)で算出されます。例えば、韓日翻訳の場合は、韓国語(ハングル)1文字あたり10円、日韓翻訳の場合は、日本語の1単語あたり5円など、原文の言語に合わせて翻訳単価が設定されているケースが一般的です。

さらに、翻訳を依頼する原稿の文字数・単語数が多いほど費用は高くなりますが、外注先によっては、大量の翻訳をまとめて依頼すると割引してくれるケースもあります。

翻訳の難易度

先ほども紹介したように、翻訳を依頼する原稿の種類(一般的な文書・専門性の高い文書・公的書類など)によって翻訳の難易度が異なるため、料金にも差が出ます。

原稿の種類で翻訳難易度をランク分けして料金を決めている翻訳会社もあり、難易度のランクが上がるごとに1文字あたり数円、400文字あたり1,000円~2,000円ほど料金がアップします。

納期

翻訳を短納期で依頼すると、依頼先は以下のような調整を行う必要があるため、翻訳費用は割高になります。
・迅速に対応できる翻訳者(=スキルの高い翻訳者)を割り当てる
・他の依頼より優先的に対応する

急ぎの翻訳案件でない場合は、余裕のあるスケジュールで依頼した方が費用を抑えられます。

原稿の形式

翻訳を依頼する原稿が一般的なテキスト形式(Word・Excelなど)以外の場合は、1文字あたり1円ほどの追加料金が発生することがあります。

また、手書きだったり不鮮明な箇所があったりして判読が難しい原稿だと別途料金を請求される場合もあります。
扱っている原稿の形式や料金は依頼先によって異なるため、事前に確認が必要です。

ネイティブチェックの有無

ネイティブチェックとは、翻訳対象の言語を母国語とする人が行うチェックのことをいい、ネイティブから見ても違和感のない・精度の高い翻訳に仕上げたいときに依頼します。

多くの翻訳依頼先では、翻訳1文字あたりの単価が基本料金として設定されており、ネイティブチェックにはオプション料金がかかります。相場より1文字当たりの単価が高い場合はネイティブチェック込みの料金設定となっているケースもあるため、事前に確認しておきましょう。

ミニマムチャージの有無

ミニマムチャージとは、依頼する際の最低料金のことです。翻訳料金は【1文字あたりの単価×文字数】として算出されることが多く、外注先によっては最低文字数が設定されているケースもあります。

そのため、最低文字数以下で翻訳を依頼する場合は、数千円~数万円程度の一律料金が加算されることもあるので注意しましょう(400文字以下の翻訳依頼の場合、文字数にかかわらず400文字と同じ料金が課される、など)。

事前に翻訳料金の見積もりを出してもらえる依頼先や、初めて利用する際に無料のトライアル翻訳(小規模のお試しの翻訳作業)を実施している依頼先もありるため、活用してみるのも良いでしょう。

翻訳依頼の流れや注意点については、以下の記事にも詳しくまとめてあります。
関連記事:翻訳を依頼したい会社・サービス4選!依頼の流れや料金も解説

韓国語翻訳を依頼する際のポイント

韓国語の翻訳を依頼する際は、基本料金に含まれる作業内容(ネイティブチェックの有無など)や納期、トータルの料金などを事前に確認することが重要です。費用対効果を比較するために、複数の依頼先候補から見積もりを取ることも効果的です。

また、韓国語の表記ルールを把握しておくことも重要です。
韓国語には独自の表記ルールがあり、使い方を誤ると意味が変わってしまうこともあります。
そのため、表記に関する注意点を知っておき、翻訳時の適用方法について依頼先と認識を合わせておくと良いでしょう。

以下、表記上の注意点の一例を紹介します。

【韓国語の表記の注意点】
●スペースの位置で意味が変わる「分かち書き」
韓国語では、文節をスペースで区切る「分かち書き」という書き方をします。漢字・ひらがな・カタカナを併用する日本語では文章中のどこで区切り・改行を入れてもそれほど意味に影響はありませんが、韓国語は区切りの位置によって意味が変わるため、好きな位置で改行することができません。

●外来語をそのままハングルで記載することもある
日本語では、英語などの外来語はカタカナで記載することが一般的です。一方、韓国には「外来語表記法」という規定があり、外来語の発音に合わせたハングル表記を適用するケースがあります。

●人名などの固有名詞は漢字を使うこともある
韓国語では、ハングルと漢字の併用によって固有名詞を記載することがあります。正確さが求められる文書(契約書・申請書など)の翻訳を依頼したい場合などは特に、人名の表記方法に注意しましょう。

なお、中国語の翻訳費用相場や依頼のポイントについては以下の記事をご参照ください。
関連記事:中国語翻訳をビジネスへ活用!依頼費用の相場や外注に必要な知識とは

韓国語翻訳おすすめの依頼先

ここでは、韓国語翻訳におすすめの依頼先について、それぞれの特徴や料金体系などを紹介します。

株式会社スプリングヒル

株式会社スプリングヒルは30カ国語以上の翻訳言語に対応しており、翻訳の単価にネイティブチェックの費用が含まれています。第三者の日本人チェッカーによる無料チェックサービスもあるため、「てにをは」などの細かな日本語ニュアンスも反映してもらうことができます。
スタンダード翻訳・ハイクオリティ翻訳・スピード翻訳という3つの翻訳サービスが用意されており、用途に合わせて選ぶことができます。

【1文字あたりの翻訳料金】 ※スタンダード翻訳の場合
・日本語→韓国語の翻訳:約2~10円
・韓国語→日本語の翻訳:約5~12円

※法人が翻訳依頼を行う場合、初回依頼時は料金が10%割引になります。

株式会社アミット

株式会社アミットは、翻訳や通訳などのサービスを提供する会社です。医療・金融・ビジネスなどさまざまな分野の翻訳に対応しており、一般的な文書から専門的な文書まで幅広く依頼できます。
60カ国語以上の言語に対応しており、翻訳者が6000人以上も在籍しているため、マイナー言語の翻訳を依頼したり、海外調査やDTP、ナレーションなどの関連作業をまとめて依頼することも可能です。また、ネイティブ翻訳も得意としており、多言語翻訳(英語→韓国語・韓国語→中国語など)を依頼したい場合にもおすすめです。

【1文字あたりの翻訳料金】
・日本語→韓国語の翻訳:約6~10円
・韓国語→日本語の翻訳:約5~9円

ブレインウッズ株式会社

ブレインウッズ株式会社は、多言語のWebサイト制作や法人向けの英語研修、翻訳・通訳サービスなどを提供する会社です。
担当コーディネーターが依頼主に合った翻訳プランを提案してくれるオーダーメイド方式の翻訳や、AIと翻訳スタッフの組み合わせによって大量の翻訳をスピーディに行うプランなど、さまざまな翻訳サービスが用意されていますが、料金は相場よりやや高めといえます。

【1文字あたりの翻訳料金】 ※スタンダード翻訳の場合
・日本語→韓国語の翻訳:約16~19円
・韓国語→日本語の翻訳:約17~21円

Accent株式会社

Accent(アクセント)株式会社は、マイナー言語や方言などの翻訳にも対応しており、経験豊富な翻訳者によるネイティブチェック・クオリティチェックの体制が整っています。
営業時間内であれば90分以内に見積もりをしてくれる専用フォームがあり、無料の翻訳トライアルも利用できるため、初めて翻訳依頼をする方にもおすすめです。

【1文字あたりの翻訳料金】
・日本語→韓国語の翻訳:約9~16円
・韓国語→日本語の翻訳:約11~18円

WIPジャパン株式会社

WIP(ウィップ)ジャパン株式会社は、翻訳・通訳にくわえて海外調査や出張代行サービスなども行っています。139の言語に対応しており、フィリピン・タイ・インドネシア・シンガポールなどのASEAN言語に特化した翻訳者も在籍しています。4万件を超える翻訳実績があり、大手企業も多数利用しています。
翻訳支援ツールの導入による作業効率の向上などにも取り組んでおり、条件付きの無料トライアルも実施しています。

【1文字あたりの翻訳料金】
・日本語→韓国語の翻訳:12円~
・韓国語→日本語の翻訳:14円~

クラウドワークス

韓国語翻訳の依頼先として、翻訳会社のほかにクラウドソーシング(仕事を依頼したい人・受注したい人をマッチングするサービス)を利用することもできます。

なかでも日本最大級の「クラウドワークス」は登録ワーカー数が400万人を超えており、韓国語翻訳の経験豊富な人材やネイティブ翻訳ができる人材、プロの翻訳者などを探すことができます。

韓国語翻訳を依頼できるワーカー一覧を見てみる

システム上で、依頼内容や納期などの相談・契約手続き・修正依頼・報酬の支払いなどを一貫して管理でき、システム利用料・サイト登録料などの手数料は一切かからないため、他の依頼先よりも費用を抑えてスムーズに依頼できることが強みです。

また、事前にワーカーの経歴やスキル、韓国語の資格有無などを確認できるため、複数のワーカーに見積もりなどを相談した上で、適した人材に依頼することができます。

翻訳を依頼できる韓国語の有資格者をチェックする

相場よりも費用を抑えたい・スピーディに翻訳してほしい・韓国語の翻訳に特化した人材に依頼したい場合など、柔軟な発注が可能です。

クラウドワークスの使い方や事例、発注相場がわかる資料をダウンロードする

クラウドワークスのサービス資料
サービス特徴、活用事例、発注相場などを紹介しています。

本資料ではクラウドワークスの特徴、事例、使い方、ワーカーの属性、発注相場などサービスの情報をまとめています。

【こんな方におすすめ】
・サービスを詳しく知りたい
・外部人材の活用を検討したい
・発注相場や事例を知りたい
Pocket


クラウドソーシングTimes編集部
クラウドソーシングTimes編集部です。クラウドソーシングの最新事例やマーケティング・業務効率化など、企業活動に役立つ情報をお届けします!

コメントは受け付けていません。