外注ノウハウ

公開日: 2022.12.01 / 最終更新日: 2023.01.10

【2023年・最新】漫画翻訳のポイントや依頼相場を解説!

漫画翻訳は、作品の雰囲気やキャラクターの特徴などを的確にとらえて翻訳するスキルが求められるため、手紙や文書などの一般的な翻訳作業とは異なる難しさがあります。今回は、漫画翻訳の概要から解説しつつ、依頼時の料金相場やポイントなども詳しく紹介します。

漫画翻訳とは

漫画翻訳とは、漫画のセリフや効果音を別の言語へ翻訳する作業のことです。日本の漫画を英語や中国語などに翻訳して海外へ発信する場合と、海外の漫画を日本語へ翻訳する場合があります。一般的な翻訳(直訳)ではなく、作品の持ち味を活かして「漫画的な表現」で翻訳するため、日本語・外国語の双方の翻訳経験や、漫画に関する知識が必要です。

漫画翻訳の依頼先として、一般的な翻訳会社や漫画翻訳に特化した会社が挙げられますが、個人で漫画翻訳を請け負う漫画翻訳家へ依頼することも可能です。そのほか、漫画翻訳に特化したAI(画像認識、言語処理など)を使ったサービスを利用する方法もあります。

多くの場合、漫画翻訳の料金は漫画1ページあたりの単価か、1文字あたりの単価として算出しますが、Webtoon(ウェブトゥーン)の場合は計算方法が異なります。Webtoonとは韓国発のデジタルコミックの一種で、スマホ・タブレットを使って縦スクロールで漫画を読めることが特徴です。縦読みだとページの区切りがなくなるため、翻訳料金は1話あたりの単価で算出します。
ちなみに、海外の漫画は縦スクロールで読まれることが多いことから日本でも市場拡大が予想されており、小学館や集英社がWebtoon専門の部署を設立した例もあります(※2022年11月時点の情報です)。

漫画翻訳の依頼先と料金相場

続いて、漫画翻訳の依頼先ごとの特徴や料金相場を紹介します。漫画翻訳の依頼先によって料金体系や依頼可能な作業、仕上がりのクオリティなどにかなり差が出るため、通常の翻訳よりさらに依頼先選びが重要といえます。

翻訳会社

翻訳会社の中には、通常文書(手紙や書籍、ビジネス書類など)の翻訳だけでなく、漫画翻訳に対応している会社もあります。対応可能な翻訳言語の多さが特徴であり、ネイティブスピーカーが在籍している翻訳会社を選べば自然な表現による漫画翻訳が期待できます。
なお、日本の漫画は「縦書きで右から左に向かって」読みますが、英語は「横書きで左から右に向かって」読みます。作品の世界観に適した表現に翻訳しつつ、吹き出しに収まる文字数に変換しなければならないため、漫画翻訳から写植(※)まで一貫して対応可能な翻訳会社へ依頼することをおすすめします。
※写植(写真植字)とは、漫画の吹き出しのセリフを翻訳して置き換える作業のことで、DTPやレタリングと呼ばれることもあります。より読みやすいように文字数や配置を調整したり、吹き出しの外にある効果音のレイアウトを修正したりします。

【漫画翻訳の料金相場】
・写植のみ:1ページあたり600円~
・漫画翻訳のみ:1ページあたり600円~
・漫画翻訳+写植:1ページあたり700~1,000円

漫画翻訳会社

漫画翻訳会社は、翻訳会社に比べると対応可能言語がやや少ない傾向にありますが、漫画に詳しいネイティブ翻訳者が多く、さまざまなジャンルの漫画翻訳の実績が豊富にあることが特徴です。原作のファンが漫画翻訳を担当する場合や、リアルな世界観を伝えるための監修を行う場合もあり、現地の読者に伝わりやすく翻訳してもらえる点がメリットです。日本の漫画を海外向けにローカライズして電子書籍化したり、Webtoonの作品を日本向けのページ漫画にしたりなど、原作と用途に合わせて漫画翻訳を依頼できます。

【漫画翻訳の料金相場】
・日英の漫画翻訳:400文字で4,000円前後/1ページあたり600円~
※依頼先や依頼する範囲によって料金が大きく異なります。

個人の翻訳家・漫画翻訳家

個人で活動する翻訳家が漫画翻訳も請け負ってくれるのであれば、直接連絡を取って依頼する方法もあります。個人翻訳家の多くは、過去に翻訳した作品や目安料金、対応可能言語をSNSなどで公開しているため、気になる人がいたらSNSのDM(ダイレクトメール)や、個人ブログの問い合わせフォームから連絡しましょう。ただし、AIや翻訳ツールへ過度に頼る個人に依頼すると、クオリティの保証ができないケースもあるので注意が必要です。

【漫画翻訳の料金相場】
・翻訳スキルや料金、納期は個人によって大きく異なります。
※仲介業者が入らないため、料金は比較的安い傾向にあります。

ゲーム・アニメ関連コンテンツ制作会社

ゲーム・アニメ関連のコンテンツ制作会社が漫画翻訳を手がけている場合もあります。ゲームやアニメを主に扱っているため、キャラクターのセリフを自然な言い回しに翻訳してもらえる点がメリットです。また、各地の流行やスラング、漫画・アニメの専門用語に関する知識が豊富なスタッフが多く、各国の文化的背景に配慮して原作をローカライズしてもらえます。
料金は比較的高い傾向にありますが、翻訳した漫画のマーケティング・カスタマーサポートなどをあわせて依頼できるケースもあります。

【漫画翻訳の料金相場】
・日英の漫画翻訳:400文字で8,000円前後
※写植の有無、効果音や背景の文字(標識・看板など)を翻訳するかどうかによって料金が異なります。

クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスとは、仕事を外注したい人・受注したい人をインターネット上でマッチングするサービスのことです。「クラウドワークス」「ランサーズ」「クラウディア」などがメジャーなクラウドソーシングサービスといえ、料金は依頼する個人によってさまざまです。
フリーランスの漫画翻訳家・漫画翻訳の経験豊富な人材などが多数登録しているサービスを選ぶこと、発注前に漫画翻訳のスキルや実績を確認できるサービスを選ぶことが重要です。

【漫画翻訳の料金相場(目安)】
・漫画翻訳(単発依頼):1000文字で3,500円〜
・漫画翻訳(継続依頼):月20~40万円(フルリモートで月160時間稼働の場合)

上記で挙げた依頼先のほか、「電子書籍・デジタルコミックを配信する会社」や、「AIによる翻訳サービスを開発した会社」などが漫画翻訳を手がけている場合もあります。
それぞれの特徴やメリット、料金などを比較して依頼先を選びましょう。

漫画翻訳依頼のポイント

漫画翻訳を依頼する際は、以下のような点に配慮してくれる依頼先を選ぶことがポイントです。

原作のジャンルに合った言葉で訳してもらう

漫画翻訳を依頼する際は、原作のジャンル(コメディ・恋愛・スポーツ・ファンタジーなど)に合った表現を用い、自然なセリフに訳してくれる依頼先を選びましょう。たとえば、似たようなセリフであっても、少年漫画のバトルシーンと恋愛漫画の対話シーンでは言葉遣いが異なります。
また、ギャグ漫画の場合は現地の人の笑いの感覚に合わせて翻訳するテクニックが求められるなど、原作のジャンルや読者層を把握したうえで適切な翻訳を行う必要があります。

セリフや擬音語のニュアンスを重視してもらう

漫画はキャラクターごとにセリフ(言い回し、語尾など)の特徴が異なる点が大きな魅力です。そのため、キャラクターの年齢や性格に応じた言葉遣いであるか・場面に合った擬音語であるかといった点を配慮して翻訳してくれる依頼先を選ぶことがおすすめです。
各キャラクターの口調を決めたり、キャラクターの感情や性格を表現したりするためには、翻訳者が漫画を深く読み込む必要があります。
また、セリフが伏線になっている場合、訳し方によってはいわゆる「ネタバレ」となってしまうケースもあるため、ストーリーの構成を理解し、先の展開を予想しながら翻訳するスキルも求められます。

文化や言語の違いに配慮してもらう

日本の漫画を翻訳して海外へ発信したい場合・海外の漫画を翻訳して日本で広めたい場合、どちらの場合についても読者に合わせた配慮が必要です。国によって文化や習慣の違い、使用NGな言葉などがあるため、現地の慣習や流行に合わせてローカライズしてくれる依頼先を選びましょう。
たとえば、日本の漫画を海外へ発信する際には、日本独自の文化や慣習について注釈を入れると漫画の世界観をスムーズに伝えることができます。

漫画翻訳の依頼なら「クラウドワークス」へ

漫画翻訳の依頼先はいくつかありますが、おすすめはクラウドソーシングサービスを利用する方法です。なかでも日本最大級の「クラウドワークス」は登録ワーカー数が480万人を超えており、多くの漫画翻訳を手がけた経験のある人材や、多国語の語彙が豊富な人材、日本語・外国語のバイリンガルなどが多数見つかります。

漫画翻訳を依頼できるワーカーは1,000名以上!実際のプロフィールを見てみる

登録ワーカーのプロフィールを見れば、漫画翻訳の実績や得意ジャンル、過去に翻訳した作品、目安料金などをあらかじめ確認できるため、希望する条件に合った人材を探すことができます。依頼前の段階でNDA(秘密保持契約)を締結できるため、情報漏えいのリスク対策も可能です。

また、決められた料金プランや依頼時の最低ページ数などが設けられていないため柔軟な発注ができることもメリットです。また、漫画翻訳に関連するさまざまな仕事(海外へ展開したい漫画をゼロから制作する、翻訳した漫画のプロモーションを企画する、翻訳先の国の文化を詳しく調査するなど)をあわせて依頼することも可能です。

【クラウドワークスの発注事例】
・日英の漫画翻訳:1ページあたり150円(1冊200ページで3万円)
・中日のWebtoon翻訳:1文字あたり1円(1冊30ページで1,500円)
・アニメや小説の日英翻訳:2,000~6,000円(5~10分の動画)
・ポルトガル語、オランダ語、デンマーク語への漫画翻訳:時給1,200円
・海外漫画のトレンド、海外マンガ配信サイトなどの市場調査:時給1,200円

3ステップで簡単発注!翻訳発注の流れ・相場・事例・よくある質問などを見てみる

クラウドワークスの使い方や事例、発注相場がわかる資料をダウンロードする

クラウドワークスのサービス資料
サービス特徴、活用事例、発注相場などを紹介しています。

本資料ではクラウドワークスの特徴、事例、使い方、ワーカーの属性、発注相場などサービスの情報をまとめています。

【こんな方におすすめ】
・サービスを詳しく知りたい
・外部人材の活用を検討したい
・発注相場や事例を知りたい


クラウドソーシングTimes編集部
クラウドソーシングTimes編集部です。クラウドソーシングの最新事例やマーケティング・業務効率化など、企業活動に役立つ情報をお届けします!

コメントは受け付けていません。