外注ノウハウ
Pocket

公開日: 2020.04.23

データ入力代行を成功させるコツとは?メリットや依頼方法を解説

データ入力は、顧客情報やアンケート集計などのデータを扱うため、何よりもその正確性が求められます。とはいえ、単純作業ながら多くの人材と長時間を要することも多いため、アウトソーシングする企業が増えています。ここでは、入力代行のメリットや依頼方法、成功させるコツを解説します。

クラウドソーシングでデータ入力代行を依頼する企業が増えています。業界no.1のユーザー数「クラウドワークス」を活用する企業事例や発注相場は、こちらの資料をご覧ください。

 

データ入力を代行するメリット


最初に、データ入力を代行するメリットを説明します。

コスト削減

データ入力の代行サービスを利用すると、自社で作業をする人員確保が不要となり、その分のコスト削減につながります。特に短期間で大量のデータを処理しなくてはならない場合は、正確かつスピーディなスタッフが対応する代行サービスを利用するほうが効率的です。

コア業務の時間の増加

データ入力のような単純作業にかかる時間を、ほかのコア業務に回すことができます。また、働き方改革により残業時間の短縮が叫ばれている中では、データ入力作業をアウトソーシングすることで労働環境の改善にもつながります。

高いクオリティ・正確さ

データ入力代行サービスを請け負う会社のスタッフは、専門性が高く、精度の高い成果品を期待できます。特に、顧客情報や申込書などの正確性が求められるデータ入力は、こうしたスキルの高いスタッフを有しているところだと安心して任せられます。

データ入力代行を成功させるコツ


続いて、データ入力代行を成功させるためのポイントを説明します。

事前に納品日を確認

データ入力を外注する場合は、必ず納期を確認するようにしましょう。入力したデータは、多くがその後の企業活動に必要になるものです。それらの業務に支障が出ないように、できれば余裕のあるスケジュールを設定するようにします。

料金の詳細を確認

可能であれば価格が安い外注先を選びたいかもしれませんが、あまりにも安い場合は、成果品のクオリティが低いことも想定されます。入力代行を依頼する場合は、必ず複数社から見積を取り、二重チェックの有無など、その作業内容をしっかりと確認・比較をしましょう。

口コミや利用実績の確認

入力代行サービスを請け負う会社は数が多く、クオリティもさまざまなので、できるだけ実績や口コミ、評判などを確認するようにしましょう。会社によって得意分野も異なるため、希望する入力業務に長けた企業を選ぶようにします。

データ入力代行を活用するには


データ入力を外注する場合の方法には、以下の2通りがあります。

データ入力代行業者に依頼

ひとつは、代行業者に依頼する方法です。業者には、データ入力を専門に行う会社や、入力代行をサブ事業として行っている会社など多数あり、その中から自社のニーズに合う会社を選ばなくてはなりません。

それぞれの会社には得意分野があり、対応のスピードに定評がある会社、24時間対応の会社、費用は高いがハイスキルのスタッフを多数有する会社などさまざまです。とにかく速く納品してもらいたいのか、絶対に間違いの無いデータが必要なのかなど、希望に合わせて選択するようにします。

クラウドソーシングで依頼

もうひとつは、クラウドソーシングなどを利用してフリーランスに依頼する方法です。一般的には、企業に依頼するよりもフリーランスのほうが低価格でお願いすることができます。

こうした不特定多数の人が登録するクラウドソーシングの利用は、特に初めての利用の場合、本当にハイスキルで信頼できる人を選べるのか心配になる人もいるかもしれません。日本最大級の100万人のクラウドワーカーが登録している「クラウドワークス」ならば、こうした高スペックの人材を簡単に見つけることができます。

データ入力代行ならクラウドワークス


具体的に、クラウドワークスの上手な活用法をご紹介しましょう。

クラウドワークスの登録はこちらから

データ入力に長けた経験者が多数在籍

100万人のワーカーが登録するクラウドワークスには、ハイスキルなデータ入力のプロや経験者が10万人以上登録しています。以下のページではその1人ひとりを確認でき、それぞれのプロフィールには受注実績や時間単価、いままでに受けてきた評価などが記載されています。

ページ上部にある検索窓からキーワードを入力すると、そのキーワードをプロフィールに記載している人物を絞り込むことが可能です。データ入力以外に加え、特定の能力などを絞り込みたい場合も検索してみましょう。

データ入力のスキルをもつクラウドワーカー一覧を見る

データ入力の取引実績が多数

クラウドワークスはデータ入力の経験者が多いだけでなく、データ入力の取引実績も多数あります。データ入力を依頼する側がどのような依頼をしているのか、ぜひ以下のページから確認してみてください。発注側がどのような文面で募集をしているか、設定している報酬額や応募状況などを確認できます。

データ入力の取引一覧ページを見る

単発や時期限定の依頼ができる

クラウドワークスでの発注は、1案件のみの単発依頼や、繁忙期や年末などの時期を限定した発注も可能です。実際に発注してみて再度依頼したいクラウドワーカーがいる場合、「スカウト」機能を利用すると特定のメンバーと契約することも可能です。プロフィールを確認し、直接依頼したい特定のメンバーがいる場合にもスカウト機能が使えます。

スカウト機能の詳細はこちら

継続的な依頼なら「ビズアシ」


クラウドワークスには、法人向けのオンラインアシスタントサービス「ビズアシスタントオンライン」があります。企業と在宅アシスタント人材をマッチングするサービスとなり、320万人のハイレベルなアシスタントが登録しています。

同サービスは、一時的な発注や単発発注というよりは、採用に代わる人材確保の方法となるので、月間30時間もしくは50時間以上、かつ最低1カ月からの契約となります。データ入力以外にも定常業務で切り出せる業務がある場合は、まとめてこのようなアシスタントに依頼すると、業務の負担を減らして生産性向上につなげられるでしょう。

CWコンシェルジュのページを見る

まとめ

データ入力は、単純作業ながら正確性が求められる業務です。自社内で処理するよりも外注するほうがメリットは多く、特にクラウドワークスを利用するとハイクオリティの成果品を期待できるでしょう。データ入力を外注するならば、ここで紹介したことを参考にクラウドワークスの利用を検討してみてください。

クラウドワークスの登録はこちらから

クラウドワークスのサービス資料
サービス特徴、活用事例、発注相場などを紹介しています。

本資料ではクラウドワークスの特徴、事例、使い方、ワーカーの属性、発注相場などサービスの情報をまとめています。

【こんな方におすすめ】
・サービスを詳しく知りたい
・外部人材の活用を検討したい
・発注相場や事例を知りたい
Pocket


coolpolaris
広告代理店でマーケティングやストラティジックプランナー、ライター等を長年担当。専門は統合マーケティングコミュニケーションで、リサーチ実施・分析及びWEBも含めたトータルコミュニケーションプランの構築やブランディングを得意とする。WEBマーケティング経験も多数。

コメントは受け付けていません。