Pocket


<クラウドワーキングマガジン編集後記>2016年クラウドラウドワーキングの”今”

本記事は、クラウドワーキングマガジン編集部からのエントリーです。

12月28日の今日は、2016年の営業日もあと1日。弊社オフィスの恵比寿ガーデンプレイスタワーも、先週末までクリスマスツリーで賑わいを見せていたのが嘘のように、少し閑散としています。

さて、今年7月に公開させて頂きました、クラウドワーキングの“いま”をお届けするクラウドワーキングマガジン。時間と場所にとらわれない新たな働く選択肢を選び、実際に仕事をしながら人生を送っている方々に、インタビュー取材やコラムの寄稿にご協力頂き、クラウドワーカー目線で見えるクラウドワーキングの”今”をお届けしてまいりました。ご愛読いただいた皆様、本当にありがとうございました。
※毎日新聞でも、在宅ワークの新たな普及手段として、取り上げていただきました。
「ネット在宅ワーク 女性らに拡大 普及にウェブマガジン」

このエントリーでは編集長を務める筆者が、今年2016年の「クラウドワーキングの”今”」を、おすすめ記事とともに、振り返ってご紹介させて頂きたいと思います。

数字で振り返る、2016年のクラウドワーキング

図表:会員数推移

100%e4%b8%87%e4%ba%ba%e7%94%bb%e5%83%8f

クラウドワーカーは、2012年3月のサービス開始から3年4ヵ月で100万人となりました。サービス開始当初はエンジニアやデザイナーなど、ITの知識やスキルが高いユーザーを中心にご登録いただいていましたが、年齢や職業・スキルなど幅広い方々の登録が徐々に増加し、多くの方にご利用を頂くプラットフォームとなってきています。また、複数のクラウドワーカーが、インターネット上でチームを作り協力して仕事をする形態や、クラウドワーカー同士でスキルや知識を教えあうコミュニティが立ち上がるなど、働き方は多様化してきています。

クラウドワークスを利用する最高年齢は85歳に

シニア層のクラウドワーカーも年々増えてきています。今年2月に実施したシニアの利用動向調査では、「自分磨きや生きがいのために働きたい」という方が約7割を占める傾向が見られました。定年退職をしてからも、自分が培ってきたご経験やスキルを活かして社会とつながり続ける、新たなシニアのワークスタイルを選択する人が増えてきているようです。

生涯現役!リタイア後に、仕事を趣味にする新しい働き方%e5%9b%b33

女性クラウドワーカーは半数を超える数に

女性のクラウドワーカーも増えてきています。3月に行った女性の働き方調査では、子どものそばにいながら働くなど、時間と場所にとらわれない働き方を求めてクラウドワーキングを始めた方が7割以上。また、子育てと家事の間の時間や、自分の趣味の時間として働き、少しの収入が得たいという方も多数いらっしゃることも傾向として見られました。

家事育児9割・在宅ワーク1割での時間で、楽しく月3~5万円稼ぐママの新しい働き方%e5%9b%b34

海外での利用は108か国、7000人以上が海外で利用

世界108ヵ国もの国でクラウドワークスは使われており、パソコンとインターネット接続さえあればどこでも働ける手段として、海外にいながら仕事をする方が増えています。編集部では今年バリ島、イギリス、フランス、スペインなど海外で暮らしながらクラウドワーキングをする様々な方にお話を聞いてきました。

ネットだから出会えたキャリアと人生の大きな分岐点。バルセロナ在住デザイナーのボーダレスで新しい生き方とは。%e5%9b%b36

広がる、多様な生き方、働き方。

2016年は、数字で見る成長だけでなくmeetupやイベントなど、実際にクラウドワーキングを体現するクラウドワーカーの皆さんとの交流の機会を通し、クラウドワーキングを選択したことで起きた人生の「変化」を沢山目撃してきました。%e5%9b%b37

7/27ママミートアップ開催レポート%e5%9b%b39

イベントレポート!11月15日「クラウドワークス感謝祭」@渋谷ヒカリエ

%e5%9b%b310

個人の生き方・働き方は百人百様。
ライフイベントの転機や、自己実現の為に唯一無二の働き方のロールモデルが、
生まれています。

保育園が確保できないから就職活動もままならない。思い知らされた「母の再就職の壁」を乗り越え、たどり着いた在宅デザイナーという働き方%e5%9b%b311

学生ワーカーの僕がゼロから月収100万稼いで、サイバーエージェントに内定をもらった話。

%e5%9b%b312

がんの経験、起業の失敗を経て出会った「クラウドワーキング」という自由な働き方を多くの人に発信したい
%e5%9b%b313

マジシャンから翻訳家に?クラウドソーシングで実現させた自由な働き方とは?%e5%9b%b314

2016年を本マガジンの記事のご紹介を通して振り返ってきました。

クラウドワークスでは、クラウドワーキングという新しい働き方が、新たな生きる選択肢としての期待がゆえ、大きな期待とともに、様々なご意見やご質問も頂戴する毎日ですが、こうして、クラウドワーキングという働き方を選び、
体現されているクラウドワーカーのみなさんと、クラウドワーキングの”今”を、来年も発信してまいりたいと思います。

来年もクラウドワーキングマガジンをよろしくお願いします!

 

 

Pocket

コメントは受け付けていません。