× このお仕事の募集は終了しています。

×

【スマホ・タブレットでも作業可!】1記事2000文字程度の記事リライト作業 原文を参考に自分なりの言葉に書き換えるお仕事です。 その他(ライティング)の仕事の依頼

5.0 本人確認済み
タスク
324円 / 件
募集件数
904件
1人あたりの作業件数
制限なし
作業できるメンバー
作業承認率が95%以上
掲載日
2017年03月06日
応募期限
2017年03月20日

応募状況

完了件数
147 件 / 904 件 (作業中 0件)
気になる!リスト 29 人

仕事の詳細

作業内容の詳細(プレビュー)

この仕事では作業ごとに文章やキーワードが異なるため、サンプルを表示しています。
  • 1. 記事タイトル【やり方次第で車のオイル交換の費用は抑えることができる!】にそった内容でリライトしてください。

    ・1項目あたり400文字以上でお願いいたします。
    ・適度に改行や空白行を入れてください。

  • 2. 下記文章の小見出し【車種によっても違う?エンジンオイル交換の費用の目安は?】

    ・下記文章の小見出しとなります。
    ・記事タイトルと小見出しにそった内容でリライトをお願いいたします。

  • 3. ■ガソリンスタンド オイル交換 時間 予約 受付時間は? ガソリンスタンドでのオイル交換にかかる所要時間は、 混んでいなければ15分から20分です。 特に予約などもなく、スタンドの店員さんに 「オイル交換お願いします」と言い、車から下りてスタンド内で待っている 間に交換してくれます。 24時間営業のガソリンスタンドでのオイル交換時間は、 店にもよりますが、車両整備所が閉まる深夜は行っていないとこも多いです。 オイル交換では、ドレンボルトのパッキンも交換するか、 交換せず再利用してオイル漏れになってしまうかなど、 工員や整備士によって内容や廃油の抜き方なども違いが有ります。 トヨタなどディーラー、オートバックス、イエローハット、ガソリンスタンド でも違います。 ■ガソリンスタンドのオイル交換 費用 相場は? 車種やオイルの種類にもよりますが、 ガソリンスタンドは工賃込みで2000円〜ピンキリです。以下相場。 <汎用オイルの目安> 排気量660cc(軽自動車) 2.5Lで1900円 排気量1500cc   オイル3.5Lで2700円 〜2000cc   4.5Lで3400円   〜3000cc   5.5Lで4100円    3001cc〜  6.5Lで4800円 必須 重複不可

    400文字以上 2000文字以下
  • 4. 下記文章の小見出し【愛車のエンジンオイル交換をできるだけ費用を抑える】

    ・下記文章の小見出しとなります。
    ・記事タイトルと小見出しにそった内容でリライトをお願いいたします。

  • 5. ■オイル交換にかかる料金を、如何に最小化するか? 私は、車やバイクのヘビーユーザーなので、この部分を削減することが長年の課題で、これまで精力的に取り組んできました。  研鑽を重ねた結果(笑)、我が家のDIYガレージでは、 オイル交換料金、1回あたり1500円以下! をコンスタントに達成できるようになりました。 ■費用削減方法その1 「自分でやる」 費用削減を考える上で、DIYでの交換は、必須の要素なんですね。 人に頼むと、材料(オイル)も、手間(工賃)も、言われるがままになってしまいますので。 自分でやる方法ですが、手動式オイルチェンジャーを使います。 上抜き方式の交換をすることになります。 「いやー、それはハードルが高いなぁ」と思ったあなた。 実は、あっけないほど簡単にできるんですよ。 工具不要で、女性の方でも、簡単にできます。 ■費用削減方法その2 「安くオイルを買う」 これは、安物のオイルを買うという意味ではありません。 性能の良いオイルを、安く買うのです。 ■ツール販売専門のネットストアで買う 私のおすすめは、ツール専門店のモノタロウで買うことです。 「モノタロウ」で検索すると、一発で出てきます。 ここなら、APIグレードSMクラスの全合成油が、20リットル缶で 5000円前後で買えます。4リットル当たり、約1000円です。 韓国製なので、品質は折り紙付きで、オイル粘度も最近の低公害車に対応したグレードが揃っています。 ■量販店・ホームセンターなどで20リットル缶を買う 最近はホームセンターなどでも、20リットル缶入りオイルを扱っているところが増えました。グレードなどの選択肢は減りますが、価格的にはいい線いってることが多いです。 私の場合は、コストコが近くにありますので、そこで、米国製のシェブロンブランドのオイルを買ってます。 コストコが利用できる環境にある人には、おすすめです。 必須 重複不可

    400文字以上 2000文字以下
  • 6. 下記文章の小見出し【費用も気になる。車のエンジンオイル交換時期は? 】

    ・下記文章の小見出しとなります。
    ・記事タイトルと小見出しにそった内容でリライトをお願いいたします。

  • 7. エンジンオイルの交換時期は、クルマの種類や使用状況によって異なりますので、車両の取扱い説明書等で確認しましょう。一般的には通常の使用で、1万5,000kmまたは1年毎が一般的にいわれていますが、エンジンや車種などによって異なりますので、同じく取扱い説明書で確認しておきましょう。また、この距離・期間以内であっても汚れや減りが激しい場合には交換する必要がありますが、極端な場合にはエンジンオイルの漏れも疑われますので、整備工場やディーラーで点検してもらう必要があります。 特に、軽自動車やターボ/スーパーチャージャーなど過給器付きのエンジンでは、高回転、高負荷になりやすいことからオイルの管理はより大切です。 そもそも、なぜエンジンオイルの交換が必要かというと、主たる目的に「エンジンの潤滑」がありますが、オイルが各部を潤滑していくと金属間の摩擦などで高分子がせん断され潤滑性能が低下します。また、エンジン内部で燃料が燃えたときに発生する煤や、金属摩耗粉、また水分の混入などにより、オイル自体の性能が徐々に劣化するためです。 そういった意味ではディーゼルエンジン内部の環境はガソリンエンジンよりも厳しく、燃料に含まれる硫黄成分などからオイルも汚れやすい傾向にあります。ガソリンエンジンよりもマメな点検と早い時期での交換が必要です。 必須 重複不可

    400文字以上 2000文字以下
  • 8. 下記文章の小見出し【オイル交換時、車に最適はエンジンオイルの選び方】

    ・下記文章の小見出しとなります。
    ・記事タイトルと小見出しにそった内容でリライトをお願いいたします。

  • 9. ■車にあったエンジンオイルとは? 車にあうオイルは、車種だけではなく、その人の使用状況や生活環境によってもそれぞれ違います。また、「値段が高いオイルは性能も良いはず」「省燃費オイルを使えば燃費も良くなるはず」など、オイルを勘違いしている方も多いのが現状です。高いオイルはどんな車にでもあうのか、省燃費オイルを使えばどんな車でも燃費が上がるのか?答えはNOです。 どんなにいいオイルであっても、あなたの車に合わなければ、力が上手く引き出せないので燃費も落ちますしパワーも出なく、エンジンの性能だけではなくエンジン自体の寿命まで早めてしまうのです。では、どんなエンジンオイルを選べば良いのかというと、新車のうちはメーカーが推奨するエンジンオイルが間違いはないでしょう。ですが、走行して行くうちに、エンジン内部のシリンダーとピストンの隙間が変わってきたり、環境や走行の違いによってオイルの粘度やベースオイルの違いなども変わってきます。おススメは、メーカー推奨のエンジンオイルよりも少しだけ粘度の高いエンジンオイルを選んで試してみることです。車にあっているオイルならば、パワーも良くなり燃費も上がるはずです。そして、結果的には車の寿命も延びることでしょう。 必須 重複不可

    400文字以上 2000文字以下
  • 10. 下記文章の小見出し【車のエンジンをオイル交換をしなかったらどうなる?】

    ・下記文章の小見出しとなります。
    ・記事タイトルと小見出しにそった内容でリライトをお願いいたします。

  • 11. エンジンオイルは、エンジン内部の摩擦を低減する以外に、洗浄や冷却、密封や防錆など様々な役割がある。 オイルはこれらの役割を果たしながら、徐々に劣化していくので、やはり定期的に交換する必要がある。 エンジンオイルは、ベースオイルに様々な添加剤をブレンドして作られるが、潤滑や洗浄といったオイルの性能は、時間の経過とともに徐々に失われる。 オイルには劣化を防ぐための添加剤も加えられているため、寿命が長いオイルもあるが、エンジンオイルは燃焼時に発生したカーボンやスラッジなどの燃えカスを洗い流しているので、長い間交換をしないと、これらの汚れがたまっていき、オイルが真っ黒になってしまう。 汚れや異物を濾しとるためにオイルフィルターがあるが、ミクロの燃えカスはおおむね素通りだし、物理的な濾過には限界が訪れる。 オイルの汚れが増えてくると、潤滑や洗浄などの役割を果たすための添加剤がうまく機能しなくなり、オイルとしての性能が劣化し、エンジン内部の摩擦抵抗が増え、パワーダウンや燃費の悪化などを招くから、オイルは定期的に交換しなければならないんだ。 無交換のまま数万キロ走ると、丈夫なエンジンなら一応動くが、カーボンやスラッジがヘドロのように蓄積していて、オイルパンのドレンコックを外してもオイルが流れ出て来ないこともある。 オイルの劣化がもたらすエンジンの性能ダウンは、毎日乗っているとなかなか気がつかないものなので、交換する時期を決めておくといいだろう。 交換サイクルは、ガソリンスタンドはやたらと早い時期を推奨するが、取扱説明書に書いてある期間を守れば十分。それを多少超えても問題はない。 必須 重複不可

    400文字以上 2000文字以下

クライアント情報

5.0 募集実績 59 件 本人確認済み ありがとう 1777 件

ご意見箱

× 今後表示しない