× このお仕事の募集は終了しています。

×

【高単価】小説のネタバレ記事の作成【継続あり!】 データ入力の仕事の依頼

4.9
タスク
432円 / 件
募集件数
20件
1人あたりの作業件数
制限なし
掲載日
2019年07月12日
応募期限
2019年07月26日

応募状況

完了件数
8 件 / 20 件 (作業中 0件)
気になる!リスト 41 人

仕事の詳細

作業内容の詳細(プレビュー)

  • 1. 作成済みの小説を確認する

    https://docs.google.com/spreadsheets/d/1LGFkFNYi5Z0jX3xMNHbYTbvjdBvqsZAYzC72I-onVNs/edit?usp=sharing
    ↑のリストに記載された小説は、すでに作成済みのものなので不採用となります

  • 2. これから記事を作成する小説タイトルを入力

    https://goo.gl/forms/9Ul3dHaZyjgapQr32
    作業が重複しないように、これから記事を作成する小説タイトルを入力してください。

  • 3. 作業開始にあたってのご注意

    作業開始から1時間以内に作業が完了しない場合、クラウドワークスの仕組み上、作業内容が破棄されてしまいます。
    念のためご自身のパソコン上で記事を作成してからご応募ください。
    テキストファイルの添付でご応募いただくことも可能です。
    オススメスール
    誤字脱字チェック:https://www.value-press.com/proofreader/

  • 4. 小説タイトルを入力してください。 必須

    400文字以下
  • 5. 作者の氏名を入力してください。(姓名の間にスペース不要) 必須

    30文字以下
  • 6. 出版日を教えてください。 必須

    15文字以下
  • 7. 出版社を教えてください。 必須

    30文字以下
  • 8. 主要な登場人物3〜5人を教えてください。 必須

    <名前>名前(ふりがな)
    <説明>説明
    例)
    <名前>メロス(めろす)
    <説明>本作の主人公。妹を想い、悪を嫌う心優しき男。
    <名前>セリヌンティウス(せりぬんてぃうす)
    <説明>メロスの親友。メロスの人質となる。
    <名前>ディオニス(でぃおにす)
    <説明>暴君の王。人を信用しない性格で、メロスを死刑にしようとする。
    <名前>妹(いもうと)
    <説明>メロスの妹。メロスのたった一人の家族。近日中に結婚式を控えておりメロスの出席を楽しみにしている。

    400文字以下
  • 9. この小説のあらすじを短く紹介してください。(イントロダクション) 必須

    ストーリーの概要や、話題になった点、キャッチコピー等の映画の簡単な紹介。
    ──────────────────────
    例)メロスは人を殺す暴君の王ディオニスに激怒していました。処刑される前にメロスは妹の結婚式をあげるため三日間の日限をディオニスに願い出ます。その代わりとして竹馬の友であるセリヌンティウスが人質となるのでした。必ず戻ってくる約束し、メロスは出ていきます。無事、結婚式をあげ戻ろうとするメロスに様々な困難が待ち受けました。しかしその苦難を乗り越え約束を守ったメロスはボロボロになりながらも友と涙を流しながら抱き合うのでした。

    100文字以上 200文字以下
  • 10. あらすじを起承転結にわけた時の「起」にタイトルをつけてください。 必須

    例)激怒するメロス

    30文字以下
  • 11. あらすじを起承転結にわけた時の「起」を教えてください。 必須

    ※文体は「です・ます」調に統一して下さい。
    ====================
    例)メロスは激怒しました。必ず暴君である王、ディオニスを倒さなければならないと決意しました。メロスは村の牧人であり、笛を吹き、羊と遊んで暮らしていました。しかし、悪をとても嫌う男であったのです。メロスはシクラスの市にやってきました。メロスには親友がいました。セリヌンティウスです。その親友をこれから訪ねてみるつもりでした。しかし、街の様子がおかしいことにメロスは気づきます。街の人に聞いてみると王が人を殺すと答えました。激怒したメロスは王城に行きましたが、警吏に捕まってしまい、王の前に連行されてしまいます。メロスは処刑される前に三日間の猶予を与えてくれるよう王に頼みました。三日間のうちに村に帰り、妹の結婚式を挙げさせ、必ずここへ帰ってくるとメロスは王に言います。その言葉を信じない王にメロスはセリヌンティウスを人質に置いていくことを提案します。王は提案を受け入れました。深夜、セリヌンティウスは王城に連行され、縄で縛られます。メロスはことのいきさつを話して、すぐに出発しました。 

    400文字以上 800文字以下
  • 12. あらすじを起承転結にわけた時の「承」にタイトルをつけてください。 必須

    例)人質と約束

    30文字以下
  • 13. あらすじを起承転結にわけた時の「承」を教えてください。 必須

    ※文体は「です・ます」調に統一して下さい。
    ====================
    例)メロスはその夜、一睡もせず十里の路をとにかく急ぎ、村へ到着したのは、翌日の午前、陽はすでに高く昇って、村人たちは外に出て仕事をはじめていました。メロスの妹も兄の代わりに羊の世話をしていました。よろめいて歩いてくる兄の疲れきった姿を見つけて妹は驚きました。メロスは家へ帰って深い眠りについてしまいます。目が覚めたのは夜でした。メロスは婿を説得し、結婚式を明日、行われるようにします。結婚式は真昼に行われました。大雨が降り出しましたが、狭い家の中で、陽気に歌をうたい、手をたたきます。メロスも、満面に喜びをみせ、しばらくは王との約束を忘れていました。祝宴は夜に入っていよいよさらに賑やかになっていきます。メロスはずっとこのままここにいたいと思いましたが、心を入れなおし、ついに出発を決意します。花嫁である妹に声をかけ、メロスは羊小屋に入り込んで深く眠りました。目が覚めたのは朝日が昇る頃でした。メロスは飛び起き、雨の中、すぐに走り出しました。 

    400文字以上 800文字以下
  • 14. あらすじを起承転結にわけた時の「転」にタイトルをつけてください。 必須

    例)窮地に陥るメロス

    30文字以下
  • 15. あらすじを起承転結にわけた時の「転」を教えてください。 必須

    ※文体は「です・ます」調に統一して下さい。
    ====================
    例)村を出て、野を走り、森の中を抜け、隣村に着いた頃には、雨もやみ、陽は高く昇って、そろそろ暑くなってきました。そんなに急ぐ必要もない、と思ったメロスはゆっくり歩こうと持ち前の呑気さを取りもどし、好きな小歌をいい声で歌いだします。ぶらぶら歩いて二里行き三里行き、そろそろ全里程の半ばにさしかかった頃、前方の川が氾濫していました。メロスは立ちすくんでしまいます。しかし、メロスは意を決し濁流の中に飛び込んでいきます。押し流されつつも、なんとか、対岸の樹木の幹に、到達することができました。メロスはすぐにまた先を急ぎました。荒い呼吸をしながら峠をのぼり、のぼり切って、ほっとした時、突然、目の前に山賊があらわれます。メロスは三人をやっつけて、一気に峠を駆け下りましたが、疲労し、何度となく眩暈を感じ、よろよろ二、三歩歩いてついに膝から崩れ落ちてしまい、立ち上がることができなくなってしまいます。まどろみから覚めたメロスは足もとから流れ出ている水を一口飲みます。疲労回復したメロスは再び走り出します。 

    400文字以上 800文字以下
  • 16. あらすじを起承転結にわけた時の「結」にタイトルをつけてください。 必須

    例)美しき友情

    30文字以下
  • 17. あらすじを起承転結にわけた時の「結」を教えてください。 必須


    ★ネタバレ記事なので結末はぼかさずに記載お願いします。

    ※文体は「です・ます」調に統一して下さい。
    ====================
    例)路行く人を押しのけ、跳ね飛ばし、メロスは走っていきます。ほとんど全裸で、息もできず、口から血が噴き出ます。途中、セリヌンティウスの弟子であるフィロストラトスが止めにはいりましたが、メロスは制止を聞かず走ります。最後の死力をふりしぼり、メロスは走りました。まさに最後のわずかな光も消えようとした時、メロスはものすごい速さで刑場に入ってきました。大声で刑場の群衆に向かって叫んだつもりでしたが、のどがつぶれ声がかすかに出たばかりで、群衆は、ひとりとしてメロスの到着に気が付きません。すでに磔の柱が高々と立てられ、縄で縛られたセリヌンティウスは徐々に釣りあげられていきます。メロスは群衆をかき分け、かすれた声で精一杯に叫びながら、ついに磔台に昇り、釣りあげられていくセリヌンティウスの両足にしがみつきます。群衆はどよめきました。セリヌンティウスの縄はほどかれます。二人はしっかりと抱き合い、声をあげて泣きました。王は二人の仲間にして欲しいと願い出ます。群衆の間に歓声が起きました。 

    400文字以上 800文字以下
  • 18. 読んでみた全体の感想を教えてください。 必須

    ※文体は「です・ます」調に統一して下さい。
    ====================
    例)太宰治の代表作でもある走れメロスです。教科書でも読んだことあるのではないでしょうか。約80年たった今でも色褪せることのない不朽の名作です。短い作品ではありますが、超大作を読んだかのようなボリューム(内容の濃さ)があります。さて、走れメロスは友情、信頼をテーマにした作品であります。ここまで美しい友情を描いた作品は走れメロスがベスト作品だと思います。これほど誰かを信頼するってできるようでなかなかできないことだと思います。しかし、人間としてはとても価値あることであり、大切なことです。人間としての根源的な部分の大切さを再認識させてくれる作品です。

    250文字以上 800文字以下

クライアント情報

4.9 募集実績 112 件 ありがとう 78 件

会社概要
個人メディア運営
ご意見箱

× 今後表示しない