ニュース

プレスリリース:クラウドワークス、大企業向け新規事業創出プログラムを提供開始~起業経験者・ハイスキルエンジニアと社内人材の混合チームを編成~

2018.3.7

報道関係者各位
プレスリリース

2018年3月7日
証券コード:3900
株式会社クラウドワークス

クラウドワークス、大企業向け新規事業創出プログラムを提供開始
~起業経験者・ハイスキルエンジニアと社内人材の混合チームを編成~

株式会社クラウドワークス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:吉田 浩一郎 以下「当社」)は、株式会社TECHFUND(本社:東京都渋谷区 代表取締役:川原ぴいすけ・松山雄太 以下「TECHFUND」)と連携し、大企業を対象に外部人材参画型の新規事業創出支援プログラムの提供を開始いたします。

本プログラムでは、起業経験者やハイスキルエンジニアなどの外部人材が新規事業の立ち上げに参画することにより、多くの企業が課題を感じている新規事業立ち上げ人材やスキル・ノウハウの不足、最先端のエンジニアリング技術などを補い、社会に新たな価値をもたらす事業・サービスの創出体制構築を支援いたします。

1.ねらい

激しく変化する昨今の事業環境の下、多くの企業にとって、社会に新たな価値をもたらし、将来の収益の柱となる新規事業を立ち上げていくことが重要な命題となっております。一方、2015年に中小企業庁が実施した調査では、大企業の69.7%が新規事業展開を担当する人材の不足、63.3%が新規事業展開におけるスキル・ノウハウの不足を課題に挙げるなど、多数の従業員を抱える大企業においても、社内人材のみで新規事業を創出することの難しさを訴える現状があります。

また、政府による「雇用関係によらない働き方」として組織に属さないフリーランスを支援する動きや企業による副業解禁の流れなど、多様な働き方が選択しやすい環境が広がりつつあり、今後、組織から独立したフリーランスの人口は拡大することが予測されます。特に、最先端の技術的知見と高いスキルを持つITエンジニアやデザイナー、若くしてスタートアップ企業をメガベンチャーに育成した経験を持つ経営層や事業責任者など、新規事業立ち上げのスキル・ノウハウに長けたフリーランス、副業人材が現れつつあります。

課題を抱える大企業が、これらの外部人材を社内プロジェクトに迎え入れることは、不足する知見・リソースを補うとともに、新規事業展開チームの推進力向上につながります。このような中、当社は起業家育成、ビジネスデザイン、WEBサービスの高速開発ノウハウをもち、過去に30社以上の大企業、250社以上のスタートアップの事業創出を支援した実績を有するTECHFUND社と連携し、当社が持つ180万人を超えるフリーランスデータベースから事業創出のフェーズに応じた最適の人材をご紹介することで、大企業における新規事業創出の課題を解決してまいります。

2.新規事業創出プログラムについて

本プログラムでは、当社とTECHFUNDが連携し、クライアント企業個別のニーズに合わせたプログラム設計から、アイデア創出プロセスの支援のみならず、実際にプロジェクトを推進する社内外人材混合チームを組成し、プロトタイプ開発と検証サイクルを短期間で実行、社会に新たな価値をもたらす事業・サービスを生み出してまいります。

1

TECHFUNDの主な役割
<プログラムデザイン・プロジェクトマネジメント>

  • 30社以上の支援実績に基づいたノウハウをもとに、各クライアント企業の課題・ニーズに応じた新規事業創出プログラムをテーラーメイドで設計
  • 事業担当者や社内起業家候補を対象とした、新事業・新サービスアイデア創出、実行プラン策定ワークショップの企画・ファシリテーション
  • 新事業・サービスのプロトタイプ開発に向けた社内外人材混合チームの組成とプロジェクトの進捗管理

クラウドワークスの主な役割
<アサインマネジメント・スキルマッチング>

  • 180万人を超えるフリーランスデータベースから、新規事業創出プロセスの各フェーズで必要とされる外部人材を抽出し、チームメンバーとして提案
    -アイデア創出において社内とは異なる知見をもたらす異業種・副業人材
    -ターゲット領域の経験・ネットワークなどが豊富な専門家・フリーコンサルタント
    -新たな価値をもたらす事業・サービスを立ち上げ、育成した実績を持つ起業家や事業責任者経験者
    -プロトタイプ開発に必要となる技術を備えたハイスキルなフリーランスエンジニア・デザイナー

※当社が運営する「クラウドテック」「クラウドテックシェア」「ブレーンパートナー」に登録するワーカーのスキルや人柄を把握し、専任のスタッフがプロジェクトに必要な人材をアサインします。

<当社運営サービス>

・クラウドテック
2015年サービス開始。ハイクラスなフリーランスIT・WEBエンジニアやデザイナーに特化したマッチングサポートサービス
https://crowdtech.jp/

・クラウドテックシェア
IT人材不足に悩む成長企業が副業を希望するハイスキルIT人材と週数時間稼働で契約できるサービス
https://crowdtech.jp/lp/share

・ブレーンパートナー
ベンチャー企業の抱える課題を社内メンバーと共に解決していくハイスキル人材のシェアリングサービス
https://crowdworks.jp/static/lp/brainpartner/

■プロジェクトにかかわるクラウドワーカーの職種イメージ(一例)
対象職種:POCコンサルタント、UI/UXデザイナー、インフラエンジニア、フロントエンジニア、サーバエンジニア、テスター等

3.株式会社TECHFUNDについて

「技術投資*」によってスタートアップを支援する世界初の技術投資ファンドとして活動を開始しました。250チーム以上のメンタリング及びデューディリジェンスに携わり、6社に技術投資を実行した実績があります。スタートアップ向けのアクセラレータープログラムを上場企業にも提供し、これまで30社以上のイノベーション創出に貢献しました。現在は、Blockchain開発を容易にするBaaS(Blockchain as a Service)を自社開発し、大手企業やスタートアップのICO・Blockchainプロジェクトを支援しています。
* 技術投資:お金の代わりに技術を投資し、その見返りとしてエクイティを引き受ける投資手法。海外では「スウェットエクイティ」と呼ばれている。

会社名:株式会社TECHFUND
代表者:川原ぴいすけ、松山雄太
所在地:東京都渋谷区東2丁目11番8号
設 立:2014年10月9日(テックの日)
事 業:起業家向け技術投資インキュベーションプログラム「ACCEL PROGRAM(旧:SUNRIZE PROGRAM)」の運営
資本金:2,000万円
URL:http://techfund.jp/

4.株式会社クラウドワークスについて

クラウドワークスは「“働く”を通して人々に笑顔を」をミッション、「働き方革命~世界で最もたくさんの人に報酬を届ける会社になる」をビジョンとし、日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス(https://crowdworks.jp/)」をはじめとした個人に報酬を届ける事業を展開しています。2018年3月現在、当社提供サービスのユーザーは182万人、クライアント数は23万社に達し、内閣府・経産省・外務省など政府12府省を筆頭に、80以上の自治体、行政関連団体にも利用されています。2014年12月 東証マザーズ上場【証券コード3900】。日経ビジネス「日本を救う次世代ベンチャー100」選出、2015年には経済産業省 第1回「日本ベンチャー大賞」ワークスタイル革新賞(審査委員会特別賞)受賞、2015年度グッドデザイン・未来づくりデザイン賞 受賞。

会社名:株式会社クラウドワークス
代表者:代表取締役社長 吉田 浩一郎
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー6階
設 立:2011年11月11日
事 業:クラウドソーシング事業
資本金:17億6,723万円(資本準備金17億2,523万円)※2017年9月時点
URL:https://crowdworks.co.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社クラウドワークス 広報担当 上田
E-mail:pr@crowdworks.co.jp TEL:03-6450-2926

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページの一番上へ