チーム運営
2019.10.03
Pocket

マネジメント研修の目的とは?おすすめの研修会社5つも紹介!

社員研修の代表的なものにマネジメント研修がありますが、なぜさまざまな企業でマネジメント研修を採り入れているのでしょうか?マネジメント研修が行われる理由や研修の効果を高めるためのコツ、さらにはオススメの研修会社を紹介します。

マネジメント研修の目的とは


なぜマネジメント研修が行われるのか、その目的について解説します。

管理者という自覚を醸成する

管理職に就く人には、管理者としての自覚を持ってもらう必要があります。経営陣や部下から信頼されることはもちろんですが、組織やチームの目標設定・管理、社員のパーソナリティやスキルを把握してモチベーションを維持させるなど、役割の認識と責任の重さを醸成するためにマネジメント研修が行われます。

マネジメントスキルの育成

管理職になると、部下への指示や育成を含めたマネジメントスキルが求められるようになります。マネジメントスキルは現場でも養われるかもしれませんが、研修を行うことでより効率的に育成することが可能です。管理職の効率的な育成こそが業務の効率化にもつながります。

会社の生産性を上げる

マネジメントスキルによって、チームのモチベーションやパフォーマンスは大きく変わります。つまり、マネジメントスキルを持つと会社全体の生産性が大きく上がるということです。会社を成長させたいと考えている企業であれば、マネジメント研修を社員に受けてもらうことは必須でしょう。

マネジメント研修に参加すべき人とは


マネジメント研修にはどのような人が参加するべきなのでしょうか。大きく2つに分けることができます。

すでに管理職として活躍中の人

管理職という職責を既に負っている人には、今持っているマネジメントスキルをさらに成長させるべく、マネジメント研修への参加が求められます。十分な能力が備わっているから管理職になっているのではなく、管理職が必要だからこそ管理職に任命されている可能性も十分考えられるからです。

これから管理職になる人

管理職の経験がない人にとっては、マネジメントスキルはほとんど無いに近い状態でしょう。このような人たちには早めにマネジメント研修を受けてもらい、心構えやスキルを身につけてもらう必要があります。できれば着任前までに受講することがオススメです。

マネジメント研修の効果を高めるコツ


マネジメント研修を受けてその効果を最大化させるには、以下に挙げる2つのコツがあります。

事前に習得すべきスキルを明確にしておく

「マネジメントスキル」と言われても、具体的にどのようなスキルが必要なのか把握しているでしょうか。さらに言えば、数あるマネジメントスキルの優先順位はどのようなものなのかも知っておきたいところです。習得すべき項目とその優先順位をしっかりとつけることで、研修受講後には効率的に動くことができるようになります。

研修後にフォローや評価の機会を作る

研修やセミナーを受けた直後はやる気になっているのに、数日経ったらなんだかどうでもよくなってしまった、という経験はありませんか?研修後にフォローがあるかないかで、身に付く度合いは大きく変化します。研修後はできるだけ受講者のフォローや評価の機会を作りましょう。

おすすめのマネジメント研修会社5つ

マネジメント研修を実施するにあたってオススメの会社を5つ紹介します。

SMBCコンサルティング


出典元:SMBCコンサルティング

三井住友グループのひとつ、SMBCコンサルティングが提供するマネジメント研修は、管理職としての基礎を学ぶことに重点を置いているオーソドックスな内容です。既定のプログラムはありますが、会社のニーズや重点項目などを伝えることでカスタマイズが可能な点も魅力のひとつです。

費用:研修内容による ※定額制度あり
研修場所:東京、大阪
研修期間:10時~17時の7時間

リクルートマネジメントソリューションズ


出典元:リクルートマネジメントソリューションズ

リクルートマネジメントソリューションズの研修は、マネジメントの基本から部下とのコミュニケーション方法まで、4つの課題やテーマに応じて18種もの研修に細かく分類されているのが特徴です。その中から自社に必要な項目を選べたり、複数を組み合わせて利用できたりするなどの自由度の高さが売りとなっています。

費用:15,000円~(税抜)※研修による
研修場所:東京、大阪
研修期間:最短3時間、最長2泊3日

グロービズ


出典元:グロービズ

グロービス研修の強みは、豊富なプログラムと経験を持った講師層の厚さです。参加者は1社のみの自社研修ではなく、他流試合のようにさまざまな業界や会社の人達と受講します。受講生は他社のビジネスパーソンと交流することで多くの刺激を受けることができるでしょう。

費用:入学金23,000円、1科目あたり128,000円
研修場所:東京、大阪、名古屋
研修期間:全6回、3カ月(通学型研修)

インソース


出典元:インソース

新任管理者向けの研修を手がけ、管理職業務の基礎やリスク管理など、最低限のスキルと知識を学べます。研修は3カ月後に成果が確認できるように設計されています。

研修名:新任管理職研修 ~ 自信を持ってマネジメントを始める編(2日間)
費用:61,000円(税込)
研修場所:東京、愛知、大阪、福岡、宮城 など
研修期間:2日間

みずほ総合研究所


出典元:みずほ総合研究所

みずほ総合研究所の研修は、銀行系シンクタンクの実績や情報を活用した幅広い講義内容が特徴です。新任管理職向け研修だとしても基礎ばかりの内容ではなく、チームマネジメントやコーチングなどの13ものコースが用意されています。ニーズに合わせた研修内容のオーダーメードも可能です。

費用:1日400,000円~ ※研修内容、規模による
研修場所:東京、大阪
研修期間:半日~数日

まとめ

マネジメント研修は組織を強くし、生産性を上げる目的で行われます。そのためには管理職のマネジメントスキルが必須です。研修を提供している企業にはそれぞれ特徴があるので、自社にあった研修をカスタマイズしてみましょう。

新しい人材活用として注目される
「オンラインチーム」の ススメと作り方とは?

企業の人材不足への対応として注目される「オンラインチーム」の特徴や作り方、具体的な事例を紹介します。

【こんな方におすすめ】
・オンラインチームの特徴を知りたい
・オンラインチームの作り方を知りたい
・オンラインチーム成功事例を知りたい

Pocket


伊藤孝介
セールスプロモーション会社を経て独立し、フリーランスで地方自治体や中小企業のマーケティングリサーチ、販促企画などに携わる。 業務拡大のため2017年に合同会社を設立し、現在経営中。 マーケティング系ライター歴5年。マーケティング用語の解説や、事例紹介、WEBマーケティングなどが得意。

コメントは受け付けていません。