クラウドソーシングは外注先に向いている!その理由とは?

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングという新しい外注方法とは!?

99-1

外注とは、「自社の人材が持っていないスキルが必要になった時」や、「自社では処理しきれない仕事を代わりにやってもらいたい時」に利用するサービスです。自社の仕事を外部の人材に回すことで、自社員をよりコアな仕事に従事させられる点がメリットといえます。一方で、従来の外注方法では高いコストがかかることも多く、予算管理が難しい面がありました。しかし近年、外注をより円滑に行える手段として、クラウドソーシングというサービスが登場しています。クラウドソーシングとは、インターネット上で人材を雇用できる新しいアウトソーシングサービスのことです。今回は、クラウドソーシングが外注に向いている理由をご説明します。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシング以外の外注方法のデメリット!

通常の外注では、ひとつの仕事を発注するにも多くの時間がかかってしまう点がデメリットでした。まず「仕事を外注する委託先を探す」ことからはじまり、いくつか委託先が見つかったら先方に連絡を取って予算の見積もりをもらい、次は複数社の見積もりを見比べてコストの安いところを判断し、契約する際には書面を用意し……と、契約にいたるまでいくつもの過程をふむ必要があります。また、外注ではなく新規に人材を登用する場合でも、同じだけの手間が発生するのが一般的です。人材募集の告知をし、応募者の面接をし、職場に新しい席を設け、新人教育をして……と、人材が実際に使えるようになるまで最低一週間はかかります。しかし情報の流動が活発化している現代社会では、「商品やサービスの品質」はもとより、「企画や商品開発のスピード」が求められるようになっています。つまり「人材が使えるようになるまでのロスタイム」が、ビジネスの失敗を招く要因になってしまう可能性があるのです。

クラウドソーシングは「速い」!

99-2

一方クラウドソーシングは、条件さえ合えば即日で人材を起用することも可能です。クラウドソーシングでの発注の流れは、以下のとおりです。まず外注したい依頼内容、納期、報酬を決めます。作業の際に気をつけて欲しいルールやマニュアル、完成品の手本となるサンプルもできるだけ準備しておくとよいでしょう。サンプルがあれば、受注者も「完成品」のイメージがつかみやすくなるためです。依頼内容がまとまったら、クラウドソーシングサイトのアカウントをとり、依頼を掲示します。早ければ数分のうちに受注希望者からレスポンスがあるので、即日で作業をはじめてもらうことが可能です。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングはリーズナブル!

99-3

また、クラウドソーシングは直接個人を起用するため、従来の外注よりも人件費をおさえられるというメリットがあります。まず前提として、通常の外注は「法人と法人」の取引であることがほとんどですよね。企業と人材派遣会社、企業と制作会社など、複数の人材をかかえている企業同士が取引するのが一般的です。発注側は「労働者1名」のマンパワーだけが欲しいにもかかわらず、その人材にたどりつくまでに営業マンや人材派遣会社などの「仲介者」を通さなければならないので、自然と人件費がかさみます。しかしクラウドソーシングでは、仲介者なしに直接「労働者」とコンタクトをとることが可能になっています。つまり発注側は「依頼した作業の対価」のみを支払えばよい、ということです。なお、受注者とのマッチングから成果物の受け取り、報酬の支払いにいたるまでのすべてがオンラインで完了するので、打ち合わせ費用や通信費の削減にも役立ちます。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングを使って発注してみよう!

人材調達のスピードの速さや、外注コストの低価格性など、クラウドソーシングが外注に向いている理由についてご紹介しました。クラウドソーシングは、従来の外注でネックになっていた点を克服したアウトソーシングサービスです。外注先の選択肢のひとつとして、クラウドソーシングでの発注を視野にいれてみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク