×
  1. SEO記事の報酬はこんなに単価が低いものなんでしょうか?
みんなのお仕事相談所
受注者からの相談
その他(仕事)に関する相談

SEO記事の報酬はこんなに単価が低いものなんでしょうか?

解決済
回答数
7
閲覧回数
580
すぐ知りたい!  : すぐ知りたい!

SEO記事のライティング案件についてご相談させていただきます。いくつか案件の案内メールをいただいたため、SEO記事案件に2件応募いたしました。

条件には「トライアル契約4,200円」と書いてあったため応募したのですが、実際応募してみると
・7500文字なのに1記事700円(画像選定や校正含む)
・記事数が多いほど単価が上がるしくみ
・公開に至ったもののみに報酬(公開できると判断されない場合はボツ)

こちらとしては単価が安いうえにせっかく書いた記事が公開されなかった場合かなり損をすると思うのですが、
実際SEO記事はそういう条件なのでしょうか?

契約にいたり、トライアルの段階ですが提示の条件と異なるため辞退しようか悩んでいます。
この段階での辞退は難しいでしょうか。

よろしくお願い申し上げます。

2019年09月16日 10:14

ベストアンサーに選ばれた回答

vyoraさんからの回答

解決に至っておられないようなので、私の見解を参考までに述べさせていただきます。


>条件には「トライアル契約4,200円」と書いてあったため応募したのですが、実際応募してみると

>・7,500文字なのに1記事700円(画像選定や校正含む)

これはSEOを抜きにした単なるライティングのトライアルと考えても、受注者の足下を見るような報酬設定です。
しかもSEOスキル必須となれば、ユーザーの嗜好に合わせて日々進化し続ける検索エンジンの最適化という専門知識が要求されますから、まったくもって論外と言えるでしょう。
辞退の理由としては充分です。


>・記事数が多いほど単価が上がるしくみ

そもそも基のトライアル報酬からして常軌を逸脱しており、クライアントの倫理観・価値観が疑われるような状況です。
例えば700円を710円に上げただけでも「単価を上げた」といい張れるのですから、「何記事ごとにいくらアップ」など具体的な単価アップの額が示されていない以上、この項目は何のメリットにもなりえません。


>・公開に至ったもののみに報酬(公開できると判断されない場合はボツ)

これについては、一般的な判断で申しますと「納品物の品質が承認基準に達しているかどうかは発注者側の判断」ということになるでしょう。
納品して貰った品物に不具合があって使えないからボツ…これ自体は別におかしいことではありません。
ただこの場合、要求字数が7,500字と長文ですから、1記事数百~2,000字程度の短い記事とは全く話が変わってきます。
字数に比例してリサーチや執筆に要する時間も増えるので、ボツになった時のワーカー側のロスが較べものにならないからです。
そのあたりを考えると、たかだか700円程度の低報酬のために無報酬のリスクを冒すメリットは皆無。
これについても辞退を申し込むだけの十分な根拠になりえると思います。


>こちらとしては単価が安いうえにせっかく書いた記事が公開されなかった場合かなり損をすると思うのですが、
>実際SEO記事はそういう条件なのでしょうか?

クライアントの質による、としか言いようがありません。
同じような内容、要求字数の記事でも、依頼者によって報酬設定にはかなり開きがあるものです。
SEO対策は専門のプロ業者がいますから、「報酬が高いプロに頼まずアマチュアで安く上げたい」程度の軽い認識なのかもしれません。


>契約にいたり、トライアルの段階ですが提示の条件と異なるため辞退しようか悩んでいます。
>この段階での辞退は難しいでしょうか。

上記に書いたような理由で、事態を申し込むだけの充分な根拠はあると思われます。
あとはクライアント側に良識があるのかどうか、それだけです。


最後に辞退申し込みの後押しとして、この依頼がクラウドワークスの「仕事依頼ガイドライン」禁止事項に抵触する可能性があることをお伝えします。
以下は、仕事依頼ガイドラインに規定されている禁止事項からの引用です。


**以下引用(一部抜粋)**
○その他、特に弊社が問題がある、又は不適切と判断する内容を含む仕事
上記に当てはまらない、弊社にて問題がある又は不適切であると判断する内容の仕事の依頼を禁止しております。

<具体例>

実際の報酬に対して、設定している予算と大きくの開きのある投稿。

メンバーの承諾の有無にかかわらず、委託された業務の内容に照らして、報酬額が著しく低いと弊社が判断する金>額で業務を依頼する投稿。
**引用ここまで**


「実際の報酬に対して~」
これは5番目の項目ですが、あなたが応募したその依頼の予算はいくらと表示されていたでしょうか?
もしも実際に示された報酬とはかけ離れた高報酬をイメージさせるものであれば、この禁止事項に抵触します。

「メンバーの承諾の有無にかかわらず~」
これは6番目の禁止事項。
SEO対策知識が必要で、かつ1記事7500文字の記事を書かせるのに、トライアル700円などという報酬が認められるのかどうか?
「トライアル4200円」ということは、「専門知識を要する7500文字のSEO記事を6本書いて4200円」、ということなのでしょう。
これをクラウドワークスがどう判断するか、私はおそらくあなたの主張が認められるだろうと思っています。

私個人の見解であり結果を保証するものではありませんが、参考になれば幸いです。

2019年09月23日 22:21
相談者からのお礼コメント

丁寧なご回答ありがとうございます。非常に勉強になりました。今回は辞退することにいたしました。今後もそのようなクライアントや案件には気を付けていきたいと思います。

2019年09月27日 08:15

すべての回答

カリカリ梅大好きさんからの回答

1 SEO記事の報酬はこんなに単価が低いものなんでしょうか
詐欺業者の案件が安いだけです
自分は時給3000円以上ですから

2 
条件には「トライアル契約4,200円」と書いてあったため応募したのですが、実際応募してみると
・7500文字なのに1記事700円(画像選定や校正含む)
・記事数が多いほど単価が上がるしくみ
・公開に至ったもののみに報酬(公開できると判断されない場合はボツ)

こんな自己中極まりない、社会常識もないような案件は仕事といいません
搾取詐欺業者といいます

3 まともな案件受けたらいかがですか
GGとかここでトラブル起こしている定番業者です
まず、国の最低時給以下の案件は厚生労働省のガイドライン違反ですから、かかわらないようにしましょう

4 一応専業のモデル
1,000字で1時間
なんで、1文字1円以下はガイドライン違反です
初心者なら、それより時間かかるでしょう

また、3000字以上は長文なんで
自分が書けるのかも考えないといけません

2019年09月16日 10:44
カリカリ梅大好きさんからの回答

SEOとか関係ないと思いますけど
そんな記事でも、CWでは安いものは安い
高いものは高いんです

SEおとか業者によってすごく違いがありますが
ひどい業者だと50個のワード全部使えとかあるらしいですね

自分はそういうの見た瞬間断る
できないものはできないんだw

駄文書くくらいなら、受注しないほうがいいでしょ

2019年09月16日 10:47
相談者コメント

ありがとうございます。プロのライター様からのコメントとても為になりました。初心者だと量産なので安くても引き受けろ!とか無茶をいうライターさんもいましたが、やっぱり初心者だからといって搾取するような業者のもとで働きたくないなと思いました。GGさんも契約していたので驚きました。☆の評価だけでは見えないとこともあるんですね。本当にありがとうございます。

2019年09月16日 11:02
カリカリ梅大好きさんからの回答

自分は初心者の時から
1文字0.7円以下では引き受けていません
(当時大手が1文字0.7円でヨコ並びだったので)
ただ、めちゃ簡単な記事だったから
時給に換算すると高かったなぁ。。。今考えるとw

探せば、普通に仕事ありますよ

まず、テストライティングとかいって搾取されないように、サンプル記事を作ることをお勧めします

優良業者ならサンプル見て、判断してくれます
悪徳業者はしつこくテストライティングを強要してきます

判断材料にもなりますから

2019年09月16日 11:30
shinkakuさんからの回答

信じられないことにクラウドワークスを収入を目的としないで使っている人たちがいるようなので、そんな人たちがいる限り低価格を防ぐことは不可能です。またプロの自覚や契約や見積もり経験もない副業者が甘い夢をみて次から次へと入会してくるので格好のカモになっています。

2019年09月16日 17:22
カリカリ梅大好きさんからの回答

私がランサーをするようになって4年
ライティング歴40年

まずこれに回答しましょう

すなかけばばぁの域ですから

2019年09月16日 19:46
vyoraさんからの回答

解決に至っておられないようなので、私の見解を参考までに述べさせていただきます。


>条件には「トライアル契約4,200円」と書いてあったため応募したのですが、実際応募してみると

>・7,500文字なのに1記事700円(画像選定や校正含む)

これはSEOを抜きにした単なるライティングのトライアルと考えても、受注者の足下を見るような報酬設定です。
しかもSEOスキル必須となれば、ユーザーの嗜好に合わせて日々進化し続ける検索エンジンの最適化という専門知識が要求されますから、まったくもって論外と言えるでしょう。
辞退の理由としては充分です。


>・記事数が多いほど単価が上がるしくみ

そもそも基のトライアル報酬からして常軌を逸脱しており、クライアントの倫理観・価値観が疑われるような状況です。
例えば700円を710円に上げただけでも「単価を上げた」といい張れるのですから、「何記事ごとにいくらアップ」など具体的な単価アップの額が示されていない以上、この項目は何のメリットにもなりえません。


>・公開に至ったもののみに報酬(公開できると判断されない場合はボツ)

これについては、一般的な判断で申しますと「納品物の品質が承認基準に達しているかどうかは発注者側の判断」ということになるでしょう。
納品して貰った品物に不具合があって使えないからボツ…これ自体は別におかしいことではありません。
ただこの場合、要求字数が7,500字と長文ですから、1記事数百~2,000字程度の短い記事とは全く話が変わってきます。
字数に比例してリサーチや執筆に要する時間も増えるので、ボツになった時のワーカー側のロスが較べものにならないからです。
そのあたりを考えると、たかだか700円程度の低報酬のために無報酬のリスクを冒すメリットは皆無。
これについても辞退を申し込むだけの十分な根拠になりえると思います。


>こちらとしては単価が安いうえにせっかく書いた記事が公開されなかった場合かなり損をすると思うのですが、
>実際SEO記事はそういう条件なのでしょうか?

クライアントの質による、としか言いようがありません。
同じような内容、要求字数の記事でも、依頼者によって報酬設定にはかなり開きがあるものです。
SEO対策は専門のプロ業者がいますから、「報酬が高いプロに頼まずアマチュアで安く上げたい」程度の軽い認識なのかもしれません。


>契約にいたり、トライアルの段階ですが提示の条件と異なるため辞退しようか悩んでいます。
>この段階での辞退は難しいでしょうか。

上記に書いたような理由で、事態を申し込むだけの充分な根拠はあると思われます。
あとはクライアント側に良識があるのかどうか、それだけです。


最後に辞退申し込みの後押しとして、この依頼がクラウドワークスの「仕事依頼ガイドライン」禁止事項に抵触する可能性があることをお伝えします。
以下は、仕事依頼ガイドラインに規定されている禁止事項からの引用です。


**以下引用(一部抜粋)**
○その他、特に弊社が問題がある、又は不適切と判断する内容を含む仕事
上記に当てはまらない、弊社にて問題がある又は不適切であると判断する内容の仕事の依頼を禁止しております。

<具体例>

実際の報酬に対して、設定している予算と大きくの開きのある投稿。

メンバーの承諾の有無にかかわらず、委託された業務の内容に照らして、報酬額が著しく低いと弊社が判断する金>額で業務を依頼する投稿。
**引用ここまで**


「実際の報酬に対して~」
これは5番目の項目ですが、あなたが応募したその依頼の予算はいくらと表示されていたでしょうか?
もしも実際に示された報酬とはかけ離れた高報酬をイメージさせるものであれば、この禁止事項に抵触します。

「メンバーの承諾の有無にかかわらず~」
これは6番目の禁止事項。
SEO対策知識が必要で、かつ1記事7500文字の記事を書かせるのに、トライアル700円などという報酬が認められるのかどうか?
「トライアル4200円」ということは、「専門知識を要する7500文字のSEO記事を6本書いて4200円」、ということなのでしょう。
これをクラウドワークスがどう判断するか、私はおそらくあなたの主張が認められるだろうと思っています。

私個人の見解であり結果を保証するものではありませんが、参考になれば幸いです。

2019年09月23日 22:21
vyoraさんからの回答

追記:

ご参考までに、SEO対策を業務にしている「株式会社バリューエージェント」の料金設定をあわせて紹介しておきます。

株式会社バリューエージェント ホームページ
https://valueagent.co.jp/blog/3259


**以下引用**
取材を行って記事を書くというサービスです。ライターさんに自社のノウハウや実績などを毎月定期的に書いてもらうサービスとなります。忙しい方や、SEOの知識がない方にオススメのサービスです。

SEOがわかっているライターに良い記事を書いてもらうサービスとなります。

注意点としては、ライターさんがSEOの知識がない場合です。1記事1記事丁寧に文章書くこと、SEOライティングにもちょっとしたコツがあるので、そのような知識はライターさんに身につけてもらいましょう。

単なる取材記事は、読んでいて面白くてもSEO効果はありません。

また、取材されて書くネタがない場合には、良い記事が書けないので伝えるべき内容があることが必須です。

ライターさんのSEO実績を確認しましょう。

メリット 

ドメインが強く、コンテンツが良いと上位表示の手助けになる。オリジナル記事が書ける。

デメリット 

キーワードが少ないニッチな業界は取材のネタがなくなる。キーワード調査ができない会社やライターが書くとアクセスが増えない。

おすすめ度 (1〜5で5が満点)

  3〜5

(記事の内容やライターのSEO熟知度により変わる)

費用の目安

1記事1万円〜10万円

月額 4万円〜30万円

※少し有名なライターや実力派の方は、10万円〜数十万円

※コンテンツの露出起点を持つ超有名な会社やライターは1記事50万円〜300万円。

(宣伝)私たちは、取材型で1記事1万4000円(1000文字)〜5万円(3000文字〜)でサービスを行っています。
**引用ここまで**


ひとくちにプロといっても実力や料金は様々ですが、文字単価でいえばだいたい10円あたりからが目安になるでしょうか。
これを基準に考えれば、専業のプロでなくてもSEOにきちんとした知識のあるアマチュアであれば、1文字1円~5円くらいは見込めるだろうと思われます。

2019年09月23日 22:35
ご意見箱

× 今後表示しない