1. 名刺デザインコンペ特集

名刺デザインのコンペ特集:発注者の感想や過去実績など、予算2万円で30提案も集まるコンペの魅力に迫ります。

日本最大級の
名刺デザイン依頼サイト

高品質な名刺デザインが2万円で平均30提案集まる!
コンペ形式で気に入った作品だけ採用できます。

ビジネス名刺から、似顔絵名刺まで幅広いテイストの名刺を作成した実績があります。
あなたもクラウドワークスの名刺コンペを利用しませんか?

会員登録0発注手数料0今すぐコンペ形式を開始!

名刺デザインコンペならクラウドワークス

名刺デザインを外注したい!そんな時、クラウドワークスコンペをご利用ください。予算2万円で30以上の提案が集まります。上がってきたものの中から、フォントやレイアウトなどが貴社のイメージに合ったデザインのものを採用いただければよいので、安心です。 クラウドワークスコンペでは、下記のような名刺デザインの実績がたくさんございます!名刺デザインのお役立ち情報はこちら

名刺デザインをテイスト別にご紹介!過去のコンペ採用作品

クラウドワークスが提案する名刺デザインコンペでは、デザインを応募するだけで全国のデザイナーに仕事依頼をすることが可能です。
これまでにもビジネス名刺やショップカードをはじめ、シンプルな名刺から、スタイリッシュな名刺まで、業種や用途に合わせたデザインを数多くご提案してきました。
このページでは、これまでクラウドワークスに寄せられたご依頼内容と最終的な採用作品を、テイスト別にご紹介します。
▶ ビジネス名刺、デザイン名刺、プライベート名刺など全9種類!名刺の発注事例集をもっと見る

会員登録0発注手数料0今すぐコンペ形式を開始!

名刺デザインをつくりたいけど、こんなお悩みございませんか?

イメージ通りに作ってもらえなかったり、コストや時間に手間がかかる・・名刺デザインって意外と大変。
その悩み、クラウドワークスにお任せください。

  • こだわりはあるけど、コストが気になる。

  • なるべく面倒な手間は省きたい。

  • いろんなデザインの中から自分にあったものを選びたい!

これらのお悩み、クラウドワークスならまとめて解決!

コンペ形式だから実現できる、3つのメリット

クラウドワークスの名刺デザインコンペなら、安価で手間なく、イメージ通りの名刺デザイン案がすぐに集まります。

  • 発注手数料無料安く頼める!

    クラウドワークスコンペで、名刺デザインの依頼をするとご予算2万円で30以上のデザイン案が集まってきます。仕事の依頼といっても、手順は簡単。無料で会員登録して、ご要望の要項を入力すればOK!あとは全国のプロのデザイナーからの提案を待つだけ。費用は採用分の報酬のみなので、そのほか不明瞭な費用はかかりません。迷わず、まずは登録!

  • 採用するだけ、手間入らず!

    名刺デザインの依頼をご検討中なら、クラウドワークスコンペをご利用ください!無料で会員登録して、依頼要項を入力すれば、仕事の依頼作業は完了。あとは全国のプロのデザイナーからの提案を待つだけ。面倒な打ち合わせもないので、忙しい方でもクラウドワークスコンペなら気軽に名刺デザインの依頼ができますね。

  • 高品質な提案が多数集まる!

    クラウドワークスコンペを使えば、名刺デザインの依頼が、安くて簡単にできます。 ネット上で、無料会員登録していただいてご依頼いただけば、ご予算2万円で30以上の提案が全国のデザイナーからあっという間に集まってきます。応募コンペの中から自分にあったデザインを選んで採用することができます。手数料も一切不要なのでかかるコストを低く抑えることが可能になります。

安くて高品質な名刺デザインなら、クラウドワークスにお任せください!ネット上で、無料会員登録していただいてご依頼いただけば、ご予算2万円で30以上の提案が全国のデザイナーからあっという間に集まってきます。かかるコストは採用者への報酬のみ!手数料も一切不要!低コストで希望通りのデザインを選べるのはクラウドワークスの名刺デザインコンペだけ!

会員登録0発注手数料0今すぐコンペ形式を開始!

お客様の声

クラウドワークスの名刺デザインコンペをご利用下さったバズー株式会社様とWapaha様の喜びの声をご紹介します。

バズー株式会社会社の名刺デザイン

  • 依頼金額50,000円

  • 提案数44件

  • 募集期間14日間

新オフィスへの移転に伴い名刺デザインをリニューアルしたくて依頼致しました。予想以上に素晴らしい名刺デザインがたくさん集まってよかったです。名刺の実際のトーンなども見られるので継続的に発注・依頼したいデザイナーさんを探すのにも便利だと思いました。また使わせていただきます!

Wapaha様アクセサリー販売会社の名刺デザイン

  • 依頼金額3,000円

  • 提案数8件

  • 募集期間20日間

かなり多くの応募が集まり、正直言って驚きました。応募いただいたものを一覧で見て、社内のデザイナーにも意見を聞きながら最終的に決めました。非対面で仕事が完結する点が魅力的で、クラウドワークスに対して非常に興味を持っていました!また使わせて頂きたいですね。

会員登録0発注手数料0今すぐコンペ形式を開始!

名刺デザインの仕事依頼の流れ

名刺デザインが出来上がるまでの流れはとても簡単!
①依頼する、②提案を待つ、③採用する、の3ステップです。

会員登録、名刺デザインの仕事を依頼、名刺デザインの提案を待つ、採用する

素敵な名刺デザインを依頼したいけど、正直あまりお金はかけたくない。 そんな方でも、クラウドワークスコンペのシステムをご利用いただけば、低コストでも満足のゆくクオリティーのデザインに巡り合えます。クラウドワークスに登録している50,000人以上の全国のプロのデザイナーにネットで仕事依頼をかければ、ご予算2万円程度でも、短期間に30以上の名刺デザインが集まります。コンペ形式なので、気に入ったものを採用するだけ。採用決定後でも微調整がしたい場合は、デザイナーとクラウドワークス上でやりとりして修正してもらうことが可能なので安心です。

会員登録0発注手数料0今すぐコンペ形式を開始!

実際の名刺デザインの仕事とデザイナーを紹介します!

実績のある経験豊富な12万名以上の
デザイナー・クリエイター達があなたの名刺デザインを創ります。

クラウドワークスに登録するプロのデザイナー、クリエイターはなんと全国700,000人以上!低予算でありながら、ご要望を明記するだけでプロのデザイナー、クリエイターが希望にあった名刺デザインを作成してくれます!また、クラウドワークスの提案するコンペ形式によって打ち合わせなど時間のかかる手間も一切ございません!ぜひご利用ください。

会員登録0発注手数料0今すぐコンペ形式を開始!

ご利用企業様実績

大手有名企業をはじめとする多数の企業実績による信頼をいただいております。

名刺デザインのクライアント実績

メディア掲載実績

NHK、TVTOKYOなど様々なメディアから注目を集める日本最大級のクラウドソーシングです。

クラウドワークスコンペは、これまで大手上場企業からベンチャーまで多くの企業様に、名刺デザインのご依頼をいただき、大変ご満足頂いております。ぜひ大切なアピールアイテム、名刺デザインの発注をご検討中であれば、信頼性の高いクラウドワークスのご利用をおススメします!

会員登録0発注手数料0今すぐコンペ形式を開始!

名刺の重要性

名刺を受け取った方は、アドレス帳のように保管し、それを使って名刺交換した相手のことを思い出します。そのため名刺デザインは、名刺をお渡しする相手のことを考慮する必要があります。ひとつの会社や事業所の名刺は当然統一されることから、名刺は会社や事業所に共通するイメージを形成します。名刺をデザインする時、会社で勤務先の住所や肩書きなど、職業に関する事項を記載するのが最も一般的です。デザインした名刺は主に仕事中に取引先などに配られますが、それだけではなく、会社の名刺デザインは、社員が友人と会ったときや同窓会などプライベートでも配られます。

名刺の外注

名刺デザインを外注するためには、まず名刺の向き、印刷項目、配置、フォント、用紙など名刺の主な点を決める必要があります。縦長と横長のどちらの名刺デザインを発注するかは、名刺をデザインする方の好みや、そもそもの名刺コンセプトや記載内容によります。名刺に英文を記載したいので横長の名刺デザインにする、名刺を渡すときの持ち方が好きなほうを選ぶ、など、依頼主の好みによって大きく名刺デザインのコンセプトは変化します。外注する名刺が、どの程度自由に作成できるかは、名刺の発注プランや依頼方法次第です。たとえば、デザインする名刺の記載項目と配置が決まっていて、フォントを数種類のなかから選ぶという定型的なプランから、全く自由に名刺デザインを作成するプランまで、依頼方法は非常に幅広いです。どんなプランが提供されているかは、名刺デザインを手がける制作会社によります。依頼したい名刺デザインが個性的なものであれば、自由度の高い発注プランを用意している会社、あるいはそれに応えてくれるデザイナーを探し、しっかりと求める名刺デザインを作り上げる体制を整えることが大切です。コスト重視であれば、定型的なデザインプランで名刺デザインを発注するほうが、費用を抑えられるようです。

名刺デザイン時の記載内容

名刺の作る上で難しいことは、デザインする名刺にどのような情報を盛り込むか、という点です。名刺は、自分のメールアドレスや住所など情報を詳しく記載するほど、名刺を受け取った方にとっては便利になりますが、デザインした名刺の記載項目に変更があると訂正しなければならずコストがかさむので、バランスを考える必要があります。初対面の方とお会いするとき名刺交換するのがマナーであるように、名刺の記載事項に変更が生じたときに、新しくデザインした名刺を渡すのもマナーですので、受け取った方の便利さと名刺使用期間の長さのバランスをとって記載項目を決めることがポイントになります。また、名刺の印刷費用は、カラーのほうが白黒より高く、コストを考えるとあまりカラーを使わないほうがいいですが、当然ながら、名刺デザイン自体はカラーの方が目立ちますので、印刷費用と印象、こうした項目のバランスを意識して全体のデザインを考えるといいでしょう。また、名刺デザインにおいてもうひとつ難しいことは、デザインと用紙、ロゴ、文字、写真の相性です。光沢紙を使用した名刺と、再生紙を使用した名刺では、見た目の色合いが異なります。同じ名刺デザインであっても背景によって印象が違うため、どの用紙を選択するかも名刺デザインの重要なポイントです。名刺デザインを発注する際には、このように入力情報、費用、カラー、印刷費用、用紙など、全体の調和を考える必要があるようです。

名刺の活用方法

名刺の活用方法は色々とありますが、目立つ、少し変わったデザインの名刺を作成することができれば、その方、その企業の営業効果につながります。企業ブランディングにも影響し、「あ、この名刺は●●さんね、●●会社さんね」という形で人の記憶に残るようになります。それがきっかけで異動や転職の際にメールをやりとりしたり、なんらかの機会で偶然再会することもあります。名刺デザインというのは自らの分身でもありますので、おろそかにせずにしっかりと作りこむ価値があるものなのです。また、営業マン、会社員のような継続的な職だけでなく、イベントやプロジェクトの際にも、名刺があるとコミュニケーションの入口になりますし、そこに書いてある情報をもとに色々と話を膨らませることができます。人間関係を作る上でも、名刺というのは大きな役割を担っているといえるでしょう。是非皆さんも素敵な名刺をデザインしてみてください。

名刺デザインがコンペなら2万で30案集まる!のページ上部へ戻る