業務効率化
Pocket

公開日: 2020.08.24 / 最終更新日: 2020.09.07

文章作成代行には何を依頼できる?依頼先の選び方や料金、注意点とは

企業が社会活動を行う際には、資料・書類・メールなどさまざまな文章を作成する必要があり、近年は文章作成代行を利用するケースも多く見られます。今回は、作成代行に依頼できる文章の種類や依頼先、料金、注意点などをまとめてご紹介します。

文章作成代行の依頼先としておすすめなサービスは?
ビズアシスタントオンラインは、アシスタントの時間単価のみを支払うだけで、経験豊富なプロへ最短1カ月~依頼できるサービスです。▶「ビズアシスタントオンライン」サービス資料

 

作成代行を依頼できる文章の種類は?


一般的に、企業が作成代行を依頼する文章には以下のような種類があります。

webコンテンツ

まず、企業のオウンドメディア(各企業が独自に運営するサイトやホームページなど)へ掲載する文章が挙げられます。多くの場合、Webサイト内の記事やブログ、企業の沿革や実績などといったコンテンツに記載する文章の作成代行を依頼します。また、企業の公式SNSから発信する文章の作成、フォロワーへのリプライ、オウンドメディアへ寄せられたメールやメッセージに対する返信などの代行を依頼するケースもあります。

DM、ビジネスメール

顧客や他企業へ送付するダイレクトメールに掲載する文章、業務時にやり取りするメールの文章なども作成代行依頼が可能です。海外の取引先とメールの送受信を行う際、英語(もしくはその他の外国語)のビジネスメールのみ作成代行を依頼する場合もあります。

スピーチや挨拶の原稿

文字として目にする文章だけでなく、スピーチ・挨拶などの原稿も作成を依頼することができます。企業の内外で開催されるイベント、プレスリリース、総会などでスピーチや挨拶を行う必要がある場合、その場に応じた内容・長さの文章で原稿を作成してくれるように依頼します。

ビジネス文書、資料

社内で行われる会議の資料、顧客へ向けたプレゼンテーション用資料、システムの仕様書などといった資料類やビジネス文書の作成を外部へ依頼することも少なくありません。オフィシャルな文書・資料のほか、社内報へ掲載するコラムや事業所紹介文などの作成を依頼する場合もあります。

作成代行に注意が必要な書類・文章は?


上記のように、作成代行を依頼できる文章にはさまざまな種類があります。しかし、以下のような書類・文章の作成代行については、依頼前に注意が必要です。

サービスや商品の利用規約

利用規約とは、サービスや商品を提供する事業者がユーザーに向けて利用上のルールを文章化したものです。ユーザーがサービスや商品を利用する際には「規約に同意した」とみなされることが一般的ですが、内容の不備によって予期せぬクレームやトラブルが発生するケースも見られます。不測の事態を避けるためにも、利用規約の作成代行は弁護士や法律に詳しい人物へ依頼すると良いでしょう。

社則、就労規則

企業が社員へ向けて定める社則や就労規則も作成代行時には注意が必要です。内容の不備のほか、何通りもの解釈ができる規則や定義が曖昧な規則、規則と勤務実態の乖離などが労使間トラブルの原因となる場合もあるため、社労士などの専門家へ作成代行を依頼することが勧められます。

公的書類、契約書など

弁護士・司法書士・税理士・行政書士などの有資格者へ作成代行を依頼するのが適正とされる書類・文章もあります。たとえば、官公署に提出する公的書類やビジネス上の契約書などが該当します。さらに、依頼先の事前確認も必要です。オフィスの所有権移転登記であれば司法書士、税金の申告は税理士などのように、依頼先が限定される書類・文章もあるため注意しましょう。公的書類の作成代行を依頼したい場合、行政書士であればほとんどの書類に対応が可能です。

文章作成代行が違法にあたるケースとは?


依頼する書類・文章の種類にもよりますが、文章作成代行が違法にあたるケースも考えられます。上述した通り、作成に特定の資格が必要な書類は有資格者へ依頼する必要があります。また、自筆が必要な書類や署名欄などについては、本人が作成・記入しなければなりません。

そして、待遇を左右する提出物(昇進論文、報告書など)の作成代行依頼にも注意が必要です。必ずしも違法とは言い切れないものの、作成代行を依頼したことが明るみに出ると昇進そのものを取り消されたり、評価が下がったりする可能性があることを考慮しておきましょう。

文章作成代行の依頼先や料金は?


ここまで述べたように、文章作成代行を依頼する際には文章や書類の種類・内容によって適切な代行先を選ぶ必要があります。料金は依頼する文章の内容や依頼先の価格設定によって異なるため、予算に合わせて検討しましょう。

スキルを持つ個人

Webコンテンツや各種案内状、ビジネスメールなどのように必ずしも資格を必要としない文章の作成代行を頼みたい場合、依頼したい文章に合ったスキルを持つ個人への依頼が可能です。料金は交渉次第であることが多く、依頼本数や文章の種類によって異なります。

有資格者

作成に資格が必要な文章・書類については、しかるべき資格を持った人に代行を依頼する必要があります。代表的な書類の作成代行費用として、各種契約書であれば3万円前後、企業の定款であれば5万円前後が相場です。別途手数料や成果報酬などが必要となるケースもあります。

文章作成代行会社

文章作成を専門に行う会社へ代行を依頼することも可能です。幅広いジャンルの文章作成代行を依頼できる点が特徴で、文字数や文章の難易度、納期などによって料金が変動します。料金設定は会社ごとに異なるため、依頼前に確認しておきましょう。

オンラインアシスタントサービス

オンラインアシスタントサービスとは、業務を依頼したい企業と在宅で仕事をしたい個人とをマッチングさせるサービスです。登録しているアシスタントのうち、依頼したい文章の種類・難易度などに合った人材の紹介を受けることができます。料金体系はサービスによって異なりますが、利用料・手数料が不要という場合もあります。

多彩な文章の作成代行が可能な「ビズアシスタントオンライン」


オンラインアシスタントサービスのなかでも、「ビズアシスタントオンライン」にはさまざまな文章作成スキル・経歴を持つ人材が登録しており、依頼したい文章の種類・レベルに合わせてアシスタントを探すことができます。ライティングスキルのほか、SNSやSEOに精通している人材、行政書士などの資格を持つ人材、英語の文章作成を得意とする人材なども豊富なので、条件を指定してマッチングしてもらうこともできます。

アシスタントの時給のみで利用することができる点が大きなメリットで、利用料、手数料、成果報酬なども発生しないため、文章作成代行会社や弁護士事務所などへの依頼と比べて料金を抑えることが可能です。文章作成にともなって発生する校正やコピーペースト違反のチェックといった作業をあわせて発注することもでき、本数や希望納期に応じてアシスタントの人数を増減したり、短期の依頼と継続的な依頼を使い分けたりと、柔軟に活用できる利点があります。

ビズアシスタントオンラインの利用の流れや相場、企業事例がわかる資料をダウンロードする

まとめ

文章作成代行を依頼する際には、依頼したい文章・書類の種類や内容などによって依頼先を選ぶ必要があります。依頼時の注意点や料金などを踏まえて比較すると、柔軟性・コストパフォーマンスなどの面において利用しやすいのはオンラインアシスタントサービスといえます。状況に応じて活用してみてはいかがでしょうか。

優秀なオンライン秘書を紹介!
「ビズアシスタントオンライン」サービス資料

ハイレベルな在宅アシスタント紹介「ビズアシスタントオンライン」の登録人材、事例、利用方法をまとめています。

【こんな方におすすめ】
・専門スキル人材が欲しい
・間接費を含めてコスト削減したい
・利用相場や企業事例を知りたい
Pocket


佐藤カイ
オウンドメディアを持つ複数の企業において、WEBチームマネージャーとしてWEBマーケティング、GA解析、リスティング広告などを担当した経歴を持つ。現在クラウドワークスを中心にIT系の記事などを書くライターとして活動中。

コメントは受け付けていません。