外注ノウハウ
Pocket

公開日: 2020.10.22 / 最終更新日: 2020.11.10

Officeワードでチラシ作成!無料テンプレート利用で簡単

テンプレートを利用すると、ワードでチラシを作ることができます。デザイン経験がない人でも、必要な文言のみ変えて入れ込むだけなのでとても簡単。今回はテンプレートを使ったチラシ作成の方法や、ワード用テンプレートを無料で配布しているサイトをご紹介します。気軽にチラシを使ってみましょう。

最小限のコストでチラシ作成を依頼するには?
全国のプロが登録する「クラウドソーシング」がおすすめです。利用企業の声やサービス利用の流れはこちらです。▶クラウドソーシングの利用企業500社から聞いた調査結果を大公開

 

ワードでのチラシの作り方


ワードでどのようにチラシを作るのか、手順を説明します。

テンプレートを適用しファイル作成

まず、新規でファイルを作ってテンプレートを選びます。「ファイル」メニューから、「新規作成」を選ぶと、テンプレートを選ぶ画面になります。

テンプレート配布サイトからダウンロードしたテンプレートがある場合、「マイテンプレート」内を確認してみてください。もし見つからない場合、保存場所が正しいか、拡張子が(*.dotx)または(*.dot)であるか確認しましょう。通常の(*.docx)または(*.doc)ならば、コピー編集しても同様の使い方ができます。

そして、好きなテンプレートを選び、「作成」をクリックするとファイルができます。

編集

テンプレートを適用したファイルができたら、あとは文字などの編集をするだけです。文字部分が編集できるようになっているため、目的に合わせた文言に入れ替えましょう。写真などを追加することも可能です。このようにどんどんカスタマイズしていけば、簡単にチラシが完成します。

おすすめのワード用テンプレート配布サイト


チラシ用途に使える、ワード用テンプレートの無料配布サイトをいくつかご紹介します。

楽しもうOfficeライフ

楽しもうOfficeライフ」はMicrosoftの公式テンプレート配布サイトです。ショップや商店街、社内向け、イベント向けなど、さまざまな業種・目的向けのチラシテンプレートが豊富にアップされています。公式だけあってどれもクオリティが高いうえ、すべて無料なのでダウンロードしておいて損はありません。

bizocean

ビジネスに関するコンテンツが満載の「bizocean」。チラシのテンプレートは、bizocean内の「書式の王様」からダウンロードできます。キーワード検索ができるので、目的に合ったテンプレートを素早く見つけられます。また、随時最新のテンプレートが更新されているため、使い勝手も申し分ありません。

テンプレートに入れ込んで使えるクリップアート素材も配布しており、テンプレートをさらに装飾する素材を探している時にも使えるサイトです。

EPSON ワードテンプレートダウンロードサービス

プリンターなどでおなじみのEPSONの公式テンプレート配布サイト「EPSON ワードテンプレートダウンロードサービス」は、テンプレートが業種別に用意されており、探しやすいです。大手企業なのでテンプレートのクオリティが高く、作りもしっかりしています。ダウンロードにはMyEPSONの会員登録が必要ですが、無料で登録が可能です。

より独自性のあるチラシを作るには


ワードのテンプレートを使ってチラシを作ってみたけれど、より独自性が欲しいと思った場合は、プロのデザイナーに依頼してみる方法もあります。依頼先はデザイン会社や印刷会社などがありますが、予算や納期によっては個人のデザイナーにお願いするほうが安心です。

知り合いにデザイナーがいない時は、インターネット上で気軽にお仕事を受発注できる「クラウドソーシング」で探せます。クラウドソーシングのサービスによっては、事務系に特化しているところやクリエイティブ系に強いところなどがあるので、依頼したいお仕事内容にに合わせてサービス会社を選ぶことがおすすめです。

中でもおすすめなのは、ユーザー数No.1の「クラウドワークス」です。チラシ制作のデザインスキルを持つプロ人材が2万人以上在籍しています。ポートフォリオや実績から気になったデザイナーに依頼したり、多数の案を公募できるコンペ形式で応募したりすることも可能です。

チラシデザインのスキルを持つクラウドワーカー一覧はこちら

クラウドワーカーと直接やりとりができるため、意見やイメージを気軽に伝えやすく、理想に近い仕上がりになります。単発での依頼も可能ですが、デザインが気に入った場合は継続依頼もできます。

まとめ

ワードのテンプレートを使えば、あっという間に美しいチラシが作れます。また、海外にも美しいワードテンプレートを配布しているサイトが多数あるので、いろいろと調べてみると良いでしょう。もしオリジナリティが欲しくなった場合は、クラウドソーシングサイトを通じてデザイナーに依頼してみてはいかがでしょうか。

クラウドワークスのサービス資料
サービス特徴、活用事例、発注相場などを紹介しています。

本資料ではクラウドワークスの特徴、事例、使い方、ワーカーの属性、発注相場などサービスの情報をまとめています。

【こんな方におすすめ】
・サービスを詳しく知りたい
・外部人材の活用を検討したい
・発注相場や事例を知りたい
Pocket


クラウドソーシングTimes編集部
クラウドソーシングTimes編集部です。クラウドソーシングの最新事例からマーケティングや業務効率化などの企業活動に役立つ情報をお届けします!

コメントは受け付けていません。