外注ノウハウ
Pocket

公開日: 2020.06.23

書類作成代行でできることは?費用や要資格の業務範囲などを解説

企画書や各種契約書など、ビジネスシーンではさまざまな書類を使用します。こうした書類は煩雑かつ作成に時間やコストがかかることも多いため、外注を利用する企業が増えています。ここでは、書類作成代行のメリットや依頼先、上手な活用法などを紹介します。

書類作成代行とは?


そもそも書類作成代行とはなにか、代行してもらえる業務にはなにがあるのかを説明します。

書類の作成から納品までを行う

書類作成代行とは、商談の際に必要な企画書や会議用の資料、税務資料や行政書類、認可申請書など、あらゆる書類の作成を代行し、納品までを行うサービスのことです。それぞれの専門性を活かしたサービス提供会社や、資格保有者などが主に請け負います。

書類作成代行に当てはまる業務の例

書類作成代行では、WordやExcel、パワーポイントなどを用いて依頼された書類を作成する業務を行うのが一般的です。また、作成書類の内容によっては、文字起こしやデータ入力などをあわせて行うケース、作成した書類を役所など所定の場所に提出するまでを代行するケースもあります。

書類作成代行業務の必要資格

書類作成代行には、専門性の高い知識や資格を有していないと対応が困難な業務もあります。

たとえば、登記業務は主に司法書士が行いますが、行政書類作成・認可申請となると行政書士の専門領域です。税務・決算関連は税理士の担当分野で、税務官公署に対する申告などといった税務書類の作成には税理士の資格が必要となります。このように、有資格者が作成することが望ましい書類を扱う際、自社に適任者がいない場合は外注するのが一般的です。

書類作成代行のメリットとは?


外注によって書類作成を代行してもらうと、次のようなメリットがあります。

書類作成のプロに依頼できる

書類作成代行サービスを扱う事業者の多くは、デジタル書類や専門書類を作るプロです。表やグラフを効果的に利用して見栄えの良い企画書を作るプロや、専門知識を有するプロなどが作成を担当するため、高品質な書類の納品を期待できます。

リソース不足に対応できる

書類作成代行を利用すると、知識や資格を持つスタッフが自社にいない、短期間に多数の書類が必要などといったリソース不足にも対応できます。人件費や設備投資費用と比べても、書類作成代行を依頼する費用のほうが安価であるため、コストが削減できるメリットもあります。

コア業務に集中できる

書類作成業務を外注することで、社員が本来のコア業務に集中できることも利点です。このことによって残業の削減や人件費の抑制も可能となり、生産性の向上や働き方改革の推進にもつながります。

書類作成代行にかかる費用の相場は?


書類作成代行を依頼するにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。相場をみてみましょう。

行政書士だと1作成1万円からが多い

行政書類のほか、業務委託契約書や売買契約書、雇用契約書といった各種契約書の作成代行を請け負う行政書士に依頼する場合、通常1書類作成で1万円~が相場のようです。さらに、急を要する場合の特急料金、提出代行までを行う際のオプション料金などが加算されることもあります。

オンラインサービスは10万円/月前後

オンラインなどで書類代行サービスを提供している事業者に依頼する場合は、作成に要する時間単位で依頼できるところもあれば、作成部数によって料金が決まるところもあります。時間単位の場合、おおむね1カ月10時間で10万円前後のケースが多いようです。また、部数の場合はA4用紙1枚につき2,000円前後が目安です。

書類作成代行の依頼先


書類作成代行の依頼先には、以下のような種類があります。

弁護士や行政書士

公的な契約書などを作る場合は、弁護士や行政書士に依頼します。書類作成がメインである行政書士に対し、弁護士は法律事務全般に対応でき、契約内容に関するアドバイスやトラブル発生時の交渉やサポートなどもあわせて依頼できるメリットがあります。

書類作成以外の業務を依頼するとなると弁護士のほうが費用も高くなるため、依頼する内容や範囲によって使い分けをするとよいでしょう。

書類作成代行サービス

ビジネスで利用する書類のほかに、同窓会の案内や履歴書、保険の申請書類など、一般生活に必要な書類の作成を代行する事業者も多数存在します。各社によって得意分野やサービス内容が異なるため、希望に合ったサービスを提供している事業者を選ぶようにしましょう。

クラウドソーシング

任意のプラットフォームなどに登録している不特定多数の個人やフリーランス(クラウドワーカー)へ業務を委託する、クラウドソーシングというスタイルを利用する方法もあります。登録者数が多く、依頼したい業務内容に合ったクラウドワーカーを検索できるサービスを選ぶと良いでしょう。

書類作成代行なら「ビズアシスタントオンライン」


書類作成代行の依頼先に適したサービスとして「ビズアシスタントオンライン」があります。厳しいスキルチェックと面接を通過したハイレベルな人材が多数登録しています。契約前には面談を実施できるため、納得のいく人物に業務を依頼することができます。

最短1カ月、月50時間からの契約が可能で、独自のタイムカードシステムによる業務管理を行うため、月単位・時間単位で書類の作成を依頼することができます。また、複数の書類を作って欲しい、書類作成だけではなく届ける業務もお願いしたいなどといった場合にも、依頼人数・保持スキルなどに応じて柔軟な対応が可能です。

ビズアシスタントオンラインの利用の流れや相場、企業事例がわかる資料をダウンロードする

まとめ

ビジネスの現場で使用する書類は多岐にわたります。中には専門知識が必要な書類も多く、リソース不足が懸念されるケースも少なくありません。そのような場合には作成作業を外注すると社員はコア業務に集中することができ、コスト面や書類の品質面でもメリットが生じます。書類作成代行に適したサービスも展開されているため、ぜひ利用を検討してみてください。

優秀なオンライン秘書を紹介!
「ビズアシスタントオンライン」サービス資料

ハイレベルな在宅アシスタント紹介「ビズアシスタントオンライン」の登録人材、事例、利用方法をまとめています。

【こんな方におすすめ】
・専門スキル人材が欲しい
・間接費を含めてコスト削減したい
・利用相場や企業事例を知りたい
Pocket


coolpolaris
広告代理店でマーケティングやストラティジックプランナー、ライター等を長年担当。専門は統合マーケティングコミュニケーションで、リサーチ実施・分析及びWEBも含めたトータルコミュニケーションプランの構築やブランディングを得意とする。WEBマーケティング経験も多数。

コメントは受け付けていません。