マーケティング
2019.06.12
Pocket

ロングテールSEOとは?始め方と成功事例をわかりやすく紹介!

ロングテールSEOは、実行方法によって絶大な効果を発揮します。皆が検索上位を狙うようなメジャーなキーワードではなく、あまり狙われないようなスモールワードに狙いを定め、結果として検索結果に表示させるSEO戦略だからです。そんなロングテールSEOの基本知識をはじめ、始め方や成功事例を紹介します。

ロングテールSEOとは?


ロングテールSEOとは、ビッグワードに関連キーワードやスモールワードを加えて検索した際に上位表示させる施策のことを指します。

ロングテールSEOの基本知識

まず、イメージを掴むためにロングテールキーワードが何かを説明しましょう。

「エステ」を例にすると、枝葉のない「エステ」という1語がビッグワードです。「エステ 体験 渋谷」「エステ 脱毛 ビキニライン」などと調べた場合、ビッグワードに続いている体験・渋谷・脱毛・ビキニラインなどは関連キーワードにあたり、ビッグワードと関連キーワードを合わせた一連の検索ワードがロングテールキーワードにあたります。

また、「マンション」というビッグワードに対し、「デザイナーズマンション ペット可 賃貸」「家具付きマンション 賃貸 渋谷」などの複合ワードや、限定的で検索数が少ないスモールワードを有するものもロングテールキーワードのひとつです。こうしたロングテールをいくつも作り、検索でヒットさせて、より幅広く購買意欲の高いユーザーの獲得を目指す施策がロングテールSEOです。

ロングテールキーワードの探し方はこちらの記事をご覧ください。
関連記事:ロングテールキーワードとは?対策するメリットや選び方を徹底解説!

ロングテールSEOに注力するメリット

ウェブサイトにおけるアクセスの80%はロングテールキーワードによるものであり、コンバージョン率もビッグワードより高くなる傾向が認められているため、ロングテールSEOの効果は絶大。サイトの規模が大きくなるほど、ビッグワードよりスモールワードからの流入比率が高い傾向があるのも見逃せないポイントです。

そのほか、検索上位に表示されるコンテンツを作りやすいことや、安定的にアクセスが集まること、最終的にビッグワードでも検索上位が狙えることなどもロングテールSEOのメリットになります。

ロングテールSEO対策のやり方は?


やり方はおおむねどのようなワードでも同じですが、以下の6ステップを踏みましょう。今回は「エステ」というキーワードを例に挙げて解説します。

キーワードをリサーチする

まず、キーワードにどれだけの検索量があるのか、googleの「キーワードプランナー」を使用してチェックします。今回の「エステ」というワードの検索量を調べてみると100万ほどのボリュームがあり、しっかりとした需要があることがわかります。

キーワードプランナー

関連キーワードをチェックする

次に、「エステ」という単語に対して関連性のあるワードの検索ボリュームを「キーワードプランナー」上でチェックし、ロングテールSEOで活用できそうなワードを確認しましょう。その際、エクセルなどで検索ワードやボリュームを記載した一覧表を作っておくとわかりやすいです。

カテゴリーを決める

どのような関連キーワードやスモールワードを使用してサイトに合ったコンテンツを作るのか、具体的に考えていきます。実際に検索を行いながら表示されるページを確認し、コンテンツ化ができそうなカテゴリーを決めていきましょう。

各カテゴリーでロングテールキーワードを探す

カテゴリーに設定するキーワードを決めたあとは、各カテゴリーでどんなロングテールキーワードがあるのか調べていきます。「keysearch Beta」というツールは、カテゴリーごとに無料でマインドマップを作製してくれて便利です。「エステ 脱毛」であれば、それに関連するロングテールキーワードが表示されるイメージです。ぜひ確認や保存に役立てましょう。

keysearch Beta

記事などのコンテンツを作成する

ロングテールキーワード、関連キーワードに従ってコンテンツを作っていきます。コツは、競合サイトにはない記事を作ること。検索してみて上位1位から10位までのサイトコンテンツを洗い出し、満たせていない検索ニーズやわかりにくい部分、もっとわかりやすくできる部分を踏まえたものを作りましょう。

キーワード選定でのポイントやコンテンツ作成のコツはこちらの記事をご覧ください。
関連記事:SEOでキーワードの検索順位を上げるには?選び方のコツを解説!

関連性のある記事を内部リンクで紐付ける

コンテンツ作成後、関連性のあるページを内部リンクでつないでおきます。アクセスを集めたいページとの相互リンクを貼るイメージです。

ロングテールSEO対策の成功事例とは?


ロングテールSEOで成功した2つの事例を見ていきましょう。

美容室の成功事例

美容室は全国にありますが、「場所+美容室」の検索ボリュームはそれほど多くなく(「渋谷 美容室」でも2,000回程度)、仮に検索上位に入ってもそこからの流入はあまり期待できません。それだけにロングテールSEOが不可欠です。

ここで大切になるのは、美容室を探すユーザーがどんな理由で探すのかをチェックすることです。たとえば「30代 ヘアスタイル ボブ」「女性 セミロング カット」といったロングテールキーワードでの検索は多いですが、ここからさらに成功させていくカギはコンテンツの充実になってきます。

実際にサイト内でブログを更新し、アクセスアップに成功した美容室があります。ここでは、月に20~30回のブログ更新で、アクセスがそれまでの2~3倍に増えたようです。

美容室の場合、キーワードは1,000種類以上にもなりますが、そのうち80%は検索が1回しかないワードということからも、ロングテールの重要性がわかるでしょう。ブログ記事に対して検索ワードを入れておく・キーワードをブログタイトルに入れる・オリジナルかつある程度ボリュームのある文章を書くなどの施策が重要です。

Amazonの成功事例

もともとロングテールSEOはAmazonで成功して有名になった手法です。圧倒的な種類の商品をサイトに掲載し、ニッチなワードで検索するユーザーをもくまなく誘導したことで、莫大な利益を得ることに成功しました。

まとめ

ここまでロングテールSEOについて紹介しました。ビッグワードに傾倒して無理やり検索上位を狙うよりも、ロングテールでじっくりサイトコンテンツを作って伸ばすほうが効果的です。ぜひ記事を参考にしてロングテールSEOを試してみましょう。

Pocket


nikkson
IT会社でウェブ広告の作成から運用、分析まで一連の流れを担当。 運用、クリエイティブディレクターの経験から、多角的な目線でウェブマーケティングに鋭く切り込む。

コメントは受け付けていません。