マーケティング
2019.08.23
Pocket

販促ツールの種類には何がある?目的や制作方法、活用事例を紹介!

販促ツールと聞くと店頭のPOPやポスターを思い浮かべるかもしれませんが、なぜ販促ツールを設置するのか目的をご存じですか?販促ツールの作成などで悩んでいる人の参考になるよう、販促ツールの種類をはじめ、設置する目的や制作方法、活用事例などをまとめて紹介します。

販促ツールとは?


販促ツールとは、消費者の購買意欲を高めて販売を促進するためのツールです。具体的には、店頭で目にする商品の見本、POP、ポスター、試供品、モニターなどが販促ツールに当てはまります。商品をパッとみただけでは魅力が伝わらない場合、販促ツールを活用することで、商品のベネフィットや使用者の評判などを伝えることができます。

また、製品カタログや料金表なども販促ツールの一部です。サービスや製品を販売するうえで関わってくるものは販促ツールとなり、営業や販売活動においてなくてはならないものは、すべて販促ツールとも言えるのです。

販促ツールを活用する目的とは?


ここでは販促ツールを活用する目的を3つ紹介します。

アテンションを獲得する

店頭には数え切れないほどの商品が陳列されています。その中で自社商品を見つけてもらうためには、ほかの商品に比べて「目立つこと」がまず何より重要です。「目立ち度」「理解度」「好感が持てる」の頭文字を取った『メリコの法則』で言われるように、まずは選択肢に入らないことには購入されることはありません。消費者のアテンションをいかに獲得するかという点は、販促ツールの目的のひとつになります。

商品の魅力を上げる

消費者は、商品に納得・共感して、期待値が高まった時に商品を手に取り、購入に至ります。その納得・共感・期待値を高めることをサポートするのが、販促ツールの役割です。「商品のベネフィット」「正しい使い方」「実際の見本」「使用者の声」などを伝えることで、商品の魅力度を高めることができるでしょう。

売上を上げる

販促ツールを活用して消費者のアテンションを獲得し、商品の魅力度を上げることで、売上UPが期待できます。たとえば、商品力もリピート率も高いのに新規顧客獲得に悩んでいる場合は、リピーターが評価しているポイントを販促ツールで訴求すれば、商品の理解が進み、売上UPが見込めるでしょう。

店内で活用できるPOPの種類とは?


店内で活用できるPOPの中でも、具体的に7種類の販促ツールを紹介します。実際にツールの形態を検討する際に参考にしてみてください。

スイングPOP

販促ツールの中でもっとも一般的で広く使われているのが「スイングPOP」です。名前のとおりゆらゆらとスイングしてアイキャッチを誘うツールです。店頭では商品の近くに設置され、シンプルなメッセージで購入意向を高めたり、取り付けが簡単で比較的制作コストも低かったりする点が特徴です。

現物POP

現物POPとは、名前のとおり「実際の商品」を見せるために作られる販促ツールです。消費者が触って商品を確かめられることが最大のメリットです。過去にP&G社が洗剤の「ジェルボール」を発売したときに積極的に使っていたことからも分かるとおり、今までにない新しい商品、馴染みがないカテゴリーの場合には特に効果的です。

フロアPOP

フロアPOPは床に貼り付ける販促ツールです。消費者は天井よりも床に視線を向ける機会が多いと言われており、床を広告スペースとして活用する方法です。

ジャンブルBOX

ジャンブルとは英語の「Jumble(ごちゃまぜにする)」という言葉からきた販促ツールで、店頭で目にする床置きタイプのBOX、棚に釣り下がっているBOXなどを指します。目立ち度を獲得できるうえ、クロスマーチャンダイジング(たとえば花粉症シーズンのティッシュやマスクなど)の手段としても使われることが多いツールです。

タペストリー

タペストリーは天井から吊るすタイプの販促ツールです。サイズは大きいものが多く、遠目からでも訴求できる点が特徴です。細かいメッセージの訴求というより、ブランドの世界観を伝えるために使われることが多いツールです。

デジタルサイネージ

最近増えている販促ツールのひとつがデジタルサイネージです。電子モニターを活用し、音と動画で商品の魅力を伝えます。コンテンツの入れ替えも簡単なので、最新情報をタイムリーに提供することが可能です。

ノベルティ

ノベルティは、商品を買ってくれる人へのインセンティブとして使われる特典のようなものです。コストはかかりますが、短期間で売上を上げたい場合や、新商品のトライアルをしたい場合などに有効です。

販促ツールを制作する方法


販促ツールを作りたい場合におすすめできる3つの方法と、それぞれのポイントを解説します。

制作会社に依頼する

販促ツールの制作で一般的なのは、制作会社に依頼をする方法です。単価の高さがネックになる場合があるものの、プロに依頼できるため高いクオリティが期待できます。

自作をする

多少難易度は上がりますが、社内で自作するという方法もひとつの手段です。販促ツールのテンプレートを提供しているWebサイトを探し、小さいサイズならばそのまま印刷まで行うことで、すべて内製することも可能です。

クラウドワークスで外注する

Webを通してスキルや経験を持つ個人に依頼できる「クラウドソーシング」のサービスを利用する方法もあります。クラウドワークスでも「POP作成」のスキルを持ったメンバーが探せます。登録しているフリーランスに対してフィルタリングをかけて絞り込み、その中から予算、過去の経験、納期など、ニーズにあったメンバーにコンタクトをとってみましょう。

クラウドワークスに登録しているデザイナーにデザイン依頼をした事例は、こちらの記事をご覧ください。
関連記事:パンフレットのデザインコストが約1/3で完成したお話:株式会社P.O.C. field
関連記事:作業が発生したら、まず発注。幅広い業務でのクラウドソーシング活用でチームは100人力に?:広尾サラブレッド倶楽部株式会社

販促ツールの活用事例を紹介


販促ツールの活用事例として2つのケーススタディを紹介します。成功につながったポイントを参考にしてみてください。

アース製薬:デジタルサイネージを活用

アース製薬は、自社の害虫駆除アイテムの理解度を上げて売上UPにつなげるために、「タッチ式デジタルサイネージ」を活用しました。

「害虫駆除なんでも事典」というもので、商品選びに困っている利用者に役立つ情報を提供するコンテンツです。人感センサー機能によってタッチを呼びかけ、コンテンツへの注目を集める仕掛けも合わせて行いました。通常のモニターで情報提供するだけでなく、利用者のニーズに合った商品紹介ができる点も効果的だったと言えます。

P&G:ブランドの世界観を伝える売場

消費材大手のプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパンは、高級コスメブランド「SK-Ⅱ」やシャンプーブランド「PANTENE」におけるプロモーションで、上記に挙げた販促ツールを組み合わせ活用することによってブランドの世界観を全面に伝える売場を再現しました。

ブランドの浸透を加速させたい場合、多少コストはかかるものの、ブランド全体で訴求を行う売り場が効果的です。

まとめ

販促ツールとひと口に言っても、今回ピックアップした7種類はほんの一部です。購買意思決定の直前でアプローチできるため、購買の後押しをするという点で効果が高いとされています。大切なことは、販促には「これ」と決まった形がないため、検証を重ねることが大切だということ。どれだけの反響があったのか検証を続けていき、ぜひ自社に合った販促を見つけていきましょう。

クラウドソーシングの利用企業
500社から聞いたアンケート結果を大公開します。

クラウドソーシングを活用する企業が増えています。約500社の発注内容、メリットやデメリットを紹介します。

【こんな方におすすめ】
・クラウドソーシングの実態を知りたい
・利用企業のリアルな声を聞きたい
・使い方や発注の流れを知りたい

Pocket


Yukifun26
消費財メーカーでマーケティングを担当。消費者調査、コンセプト・商品開発、ブランディング、メディア戦略立案、販売戦略立案などブランドマーケティング全般、WEBマーケティングについてはオウンドメディア管理、SNSマーケティング、SEOなどを実務として経験。

コメントは受け付けていません。