経営者必見!クラウドソーシングを使って人材不足を解消する方法!

クラウドソーシングトップに戻る

いま話題の「クラウドソーシング」とは?

100-1

昨今、日本のあらゆる企業が人手不足に直面しています。いままで第一線で働いていた世代が定年退職していくなか、少子化による新卒生の減少が起こっているためです。加えて、不景気等のビジネス市場の縮小をうけて「マンパワーはほしいけれど、これ以上正社員は増やせない」という会社側の悩みも存在します。このような日本のビジネス市場を打開する方法として、近年、クラウドソーシングという新しいサービスが注目をあつめています。クラウドソーシングとは、インターネットを通じて世界中の人材に仕事を発注できるアウトソーシングサービスです。今回は、クラウドソーシングで人材不足を解消する方法についてご紹介します。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングは人材がオンライン化されている!

まずクラウドソーシングの特徴についてご説明します。クラウドソーシングは、「人材のオンライン化がなされている」点が大きな特徴です。そもそも今まで会社が起用してきた人材は、相手が自社に面接に来た場合や、第三者から自社に向いている人材として紹介を受けた時にしか、採用するチャンスはありませんでした。つまり、外部に自社にとって有益な人材がいる場合でも、会社側からピックアップする手段が限られていたといえます。しかしクラウドソーシングでは、ワーカー(受注者)が自身のプロフィールページを持ち、これまでの仕事ぶりや実績、所持資格などを公開しています。クライアント(仕事を発注する側)は理想的な人材を自発的に探すことができる他、積極的にワーカーに声をかけることも可能です。このように「人材をオンライン化」することにより、クラウドソーシングは企業にとってよりよい仕事相手を見つけやすいようになっています。

クラウドソーシングなら低コストでリソース不足を解消できる!

100-2

また、クラウドソーシングなら「人件費をおさえつつマンパワーを増やしたい」という企業のニーズに応えることが可能です。クラウドソーシングは上記でのべたとおり、人材がオンライン化されています。つまり、人材派遣会社や営業マンといった仲介者をとおさずに、労働力に直接アクセスできるというわけです。人材派遣会社を介して人を雇った場合、人材派遣会社と労働者、双方に費用を払う必要がありますよね。しかしクラウドソーシングは「個人」と直接契約できるので、労働者にのみ、依頼した作業のみに対して報酬を払うだけです。加えて作業の完了とともに契約も終了するので、人材の固定費も発生しません。コストをおさえつつ人材不足を補いたい時には最適のサービスといえます。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングではあらゆる仕事を発注できる!

100-3

なお、クラウドソーシングはホワイトカラーの仕事ならほとんど発注できる点も魅力です。データ入力やスライド作成といった事務作業を始め、ロゴデザイン、イラスト制作、ライティング、翻訳、ウェブデザインなど、依頼できる内容は多岐にわたります。またクリエイティブ関連の仕事だけでなく、「個人の疑問を解決する」クラウドソーシングサイトも登場しています。たとえば大学の研究者に直接疑問を投げられるサイト、弁護士に法的な相談できるサイトなどが例として挙げられます。海外ではバーチャルアシスタントという、秘書業をオンライン化する動きもひろまっており、クラウドソーシングで担える仕事は今後も拡大していくことでしょう。「細かいタスクから大きなプロジェクトまでをオンラインで代行してくれる」クラウドソーシング。企業と企業の取引ではなく、労働者個人との取引を可能にしたことが、クラウドソーシングの大きな特徴です。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングを使ってみよう!

クラウドソーシングの特徴や、クラウドソーシングを使って人材不足を解消する方法についてご紹介しました。クラウドソーシングでは国内の人材だけでなく、海外の人材や、海外に住む日本人を起用したい時にも役立ちます。少子高齢化が叫ばれる今、人材の確保をするためには、国内の人材以外にも目を向ける必要があるのかもしれません。気になった方は、これからクラウドソーシングサイトを覗いてみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク