DTPの初歩の初歩から丁寧に教えてくれちゃうサイトはここだ!

クラウドソーシングトップに戻る

はじめに


引用元:写真素材 足成

ポスターやパンフレットなどのデザインをするなら、DTPの技術は不可欠ですが、そもそも、DTPとは一体なにか知っていますか?
グラフィックデザインに少しでも係わった事があれば、誰でも耳にするであろう、このDTPという言葉。
案外、正確に理解している人は少ないのではないかと思います。そこで今回の記事では、グラフィックデザイン初心者から、DTPの知識をおさらいしたい人まで幅広く役立つ、DTPの初歩の初歩から丁寧に教えてくれるサイトを紹介します。



DTPって何よ?

http://www.edit-u.com/conte/dtp00.html

まずDTPを理解するために、「DTP」とは何を意味する言葉なのか、知っておく必要があります。

ずばり、DTPとは「デスクトップ・パブリシング」の略称。
DTPが登場する以前には、デザインが実際の印刷物になるまで、デザイン・版下作成・製版という一連の専門的な作業が、分業化されて行われていました。
DTPは、これらの作業をパソコン上で行うことで、たった一人の人間が一連の作業を全て請け負うことを可能にしました。DTP技術を身につけるうえで、印刷業界の変遷と、このDTPを取り巻く環境を知っておく必要があります。
上記のサイトでは、これらの「DTPとは何か?」という様な、基礎的な疑問に対しての答えが分かりやすく掲載されています。

OKI クリエイターズ広場

http://www.okidata.co.jp/creators/tips1/index.html

こちらの「OKI クリエイターズ広場」では、すでにある程度の知識がある前提で、DTPの基礎的な知識を紹介しています。
何と言っても、DTPという技術はまだ歴史的にも浅く、基礎知識をしっかり身につけないまま、DTPデザイナーとして仕事をしてきている人も案外いるはず。
独学でDTPをやってきた人や、DTPの基本を忘れてしまっている人にも役立つ知識が満載されています。
うっかり人前で恥をかく前に、このサイトでこっそりおさらいして置きましょう。

DTPとは

http://dtpkouza.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

DTPの普及によって、印刷業界のプロセスはそれまでとは一変しました。
それまで、複数の専門家で分業していた作業を、DTPデザイナーは一手に引き受けることになったのですから、当然、多くの仕事をこなす必要があります。
上記に紹介したサイトでは、DTPデザイナーがこなす仕事の役割や、DTPに必要な技術を分かりやすく紹介しています。
知っておくと役立つポイントテクニックや、忘れがちな基礎知識まで幅広く掲載されているので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ 初心者に優しいサイトで基礎を固めよう!


引用元:写真素材 足成

DTP技術を身につけるには、多くの知識を身に付けなくてはなりません。
DTP関連の情報は基礎知識だけでも膨大で、技術の進歩と共に、今も増え続けています。DTPデザイナーを目指す初心者は、まず初歩的な知識を身につけることから始めましょう。

最初はすぐに、グラフィックソフトを使って、格好いいデザインを描き始めてみたくなるものですが、そこはぐっと我慢。
基礎を知らないと、後々仕事でつまずくことになりかねません。まずは、初心者に優しいサイトで、しっかり基礎を固めましょう。




※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク