×
みんなのお仕事相談所
受注者からの相談
フリーランス(デザイナー)の相談

障がい者の証明について

回答
受付中
回答数
3
閲覧回数
748

160x160

(退会済み)
時間があるときに  : 時間があるときに

障がい者限定とのことですが、脳性麻痺の身体障がい者で画家もコンピューターもやっています。
障害者手帳もお見せすることも可能です。

facebookもあります。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100005526698218

よろしくお願いいたします。

2014年04月02日 22:14
上林賢司さんからの回答

基本パソコンがあれば記事作成ができます。特に最近は音声入力で文章作成が可能です。
もちろん市販の文章作成ツールを使いながら、ツールのおかしい部分を修正して良い文章に作り上げていく方法でも良いと思います。

話ができれば、マイクに音声を録音する感覚で文章を作成して記事作成もできます。
また音声でテキストの入力ができればTwitterのアカウント作成等も簡単だと思うので比較的簡単にアクセスアップ関係の仕事もできるはずです。

絵画に関しては全く分かりませんが、こういったサイトで求められるのがウェブイラストというようなタイプのものでイラストレーター(http://www.adobe.com/jp/products/illustrator.html)やフォトショップ(http://www.adobe.com/jp/products/photoshop-elements.html)などを使うものです。可能ならば片手でも作業はできますが、やはりスピードよりも質重視です。そのため障害があっても十分活躍できる分野だと思います。
有料だとお金もかかって大変なので、SculptrisやPaint.Netなどの無料ツールも便利に使えますよ。

色々プロジェクト形式でも何でもまずは書いて投稿して行くと良いと思います!

2014年04月03日 17:00
ますのすけさんからの回答

ポートフォリオの質が良ければ、パソコンからでもいろいろと仕事がとれると思います。デザイン、イラストの世界は純粋にどれだけお客さんが求めているものに近づけるかだと思います。お互い頑張りましょう。

2014年04月03日 21:16
CClaboさんからの回答

ryo0512さん、

障がい者のクリエイターの方との協業を希望しているCCLです。

クリエイティブ会社(一般社団法人)のロゴ入り封筒デザイン
を募集しておりますので、ご関心がありましたらぜひ。

2014年08月05日 17:51
ご意見箱

× 今後表示しない