×
  1. Word PressにPaypalのデジタルコンテンツ決済を実装する費用等ni
みんなのお仕事相談所
発注者からの相談
その他の相談(発注者)

Word PressにPaypalのデジタルコンテンツ決済を実装する費用等ni

回答
受付中
回答数
2
閲覧回数
2940

初めて投稿させて頂きます。

個人で、海外向けのデジタルコンテンツ販売を考えております。
販売するのは、主にepsデータになります。

こちらの単純な希望を箇条書きにしましと、
1,Word Pressにポートフォリオタイプのテーマを使用
2,各ページに商品のepsデータのjpgデータを貼り商品の詳細を記載(商品ページ)
3,上記の商品ページ毎にPaypalのデジタルコンテンツ決済のボタンを設置し決済
4,決済完了後、epsデータのダウンロードページへ誘導
主な希望は上記の様なものになります。

paypalのサポートページは基本英語で、日本語化された実装マニュアルも専門用語ばかりで
さっぱり分からず、素人ができる様な事ではないとすぐに思い、
代行業者さんもこちらで検索した所では、見つけられずにいます。

どなたか、上記の実装をかなえてくださる方や、費用感の分かる方はおられませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

2013年07月27日 02:43
カラクリスタジオ小笠原さんからの回答

初めまして。

販売するデータ以外のコンテンツ(写真やイラスト、文章など)、サイト構成などはすでにあると考えてよいでしょうか?

WPが動くサーバ(SSLキーなども準備済み)がすでに用意されていて、WPでPaypalのダウンロード販売部分だけをやるのであれば、Welcartプラグインのインストールや設定程度ですので、1万円程度で行えるのではないかと思います。

テーマの作成は5万円程度(安くする方法もありますが、とりあえずスクラッチで書くことを想定しています)epsデータをjpgに変換する作業は1ファイル辺り20円程度でしょうか。

サーバの設定からオープンまでということであれば、ざっくりと30〜40万円程度(月々のランニングコストは除きます)でお考えいただければいいのではないでしょうか。 サイト構成や写真、イラスト、文章が用意されていなければ、さらにその分がかかってくるとお考えください。

2013年07月27日 10:20
S-Factoryさんからの回答

WordPressに固執していないのであれば、EC-CUBEという選択肢もあります。
WordPressは比較的カスタマイズしやすいというメリットはありますが、ブログ向けのCMSをショッピングサイト用途に拡張するプラグイン(結構複雑)で実現している辺りから、システム的な拡張はかなりシビアになってきます。

EC-CUBEはショッピングサイト用に開発されたCMSですし、各種決済モジュールの導入も容易です。
Paypal決済モジュールももちろん用意されています。

私はデザインが得意ではないので金額については明示できませんが、ポートフォリオ的なレイアウトを希望しておられる様ですし、ダウンロード販売機能(最近のバージョンで標準実装された)も必要でしょうから、EC-CUBEにアドバンテージがあるのではないかなという印象を受けます。

ご自分でサイトのデザインをできるのであれば、EC-CUBEも検討されてみてはいかがかと思います。
後は商品アイテム数と顧客のアクセス数によって、レンタルサーバーをどの程度のスペックのものを選ぶか?というところでしょうか。SSLのオプションの有無も重要になります。

WordPress、EC-CUBEのいずれにしても、オープンソースのCMSを使用する時点で、バージョンアップの追従についても考えて置く必要があります。目的に合っているのはどちらか?Welcartプラグイン(WordPress用)と、EC-CUBEの使い勝手、及びサポート(フォーラム)を比較してみることをおすすめします。

2013年08月01日 00:56
ご意見箱

× 今後表示しない