テレビCM放映中!
  1. クラウドソーシングTOP
  2. みんなのお仕事相談所
  3. ブログライティングの価格相場について
みんなのお仕事相談所
発注者からの相談
ブログライティングの見積もり・相場に関する相談

ブログライティングの価格相場について

回答
受付中
回答数
5
閲覧回数
2203
すぐ知りたい!  : すぐ知りたい!

山口と申します。よろしくお願い致します。


健康に関するサイトを立ち上げまして、記事数を増やすためにライターさんを募集しているのですが、なかなかご応募される方がいらっしゃいません。


以下の内容で募集しております。ご覧いただければ幸いです。




かんたん!「情報収集、まとめが得意な方」健康・病気に関する記事(1200文字以上)のライティング【300円/記事】



当案件をご覧いただき、誠にありがとうございます。

【仕事内容】
健康や病気に関し、指定したキーワードやタイトルに関する情報をネットで調べていただき、
それらをまとめたものに簡単な感想を加えていただき記事として作成していただきます。

記事の構成や書き方のマニュアルをご用意しておりますので
初心者の方でもスムーズに記事を作成することができます。


特に専門的な知識は必要としておらず、ネットで検索して分かる程度の情報で大丈夫です。
※重要なのは、一般的な人が求めている基本的な情報を読者にわかりやすく説明することです。
 ただ、コピペをしただけの記事や言葉や文章を入れ替えただけの記事は禁止しています。





【作成していただく記事数】
1人あたり30記事作成していただいた段階で、延長について考慮をします。
出来るだけ長い期間、作業にご協力いただきたいと思っています。
記事作成のペースに関しましては1日1記事を最低のペースとして、相談に応じます。
お気軽にお伝えください。



【1記事あたりの文字数】
基本的に1記事1200文字以上でお願いします。
※1200文字に満たない場合は書き直しをお願いする場合がございます。

【希望する記事の語調】
です・ます調でお願い致します。私がこれまで作成した記事でも、すべてですます調で文章を書いてきました。
下のURLから私のサイトをご覧になって、参考にして頂ければと思います。


【参考記事・サイト】
URL:http://kenko--seikatu.com/
私のサイトです。今はまだ50記事に満たない小さなサイトですが、どんどん記事を増やして、
読んでくださる方のお力になりたいと考えています。ぜひお力をお貸しください。
「健康な毎日を―幸せ元気もりもり生活」です。よろしくお願い致します。

私一人で記事を書くには量に限度があり、また今後はサイトのデザインを改良して
利用のしやすさを向上する方に時間を割いて行きたいため、この度記事の作成を他の方に依頼することにいたしました。



【必要な環境】
・エクセル
・ワード
・グーグルドライブ

【重視する点】
・1日1記事以上書ける方 
※急用がある場合は事前にご連絡いただければ大丈夫です。
・1日3記事以上作成可能という方は大歓迎です。
・長期的にお付き合いできる方
・責任感が強くお仕事を最後までやり遂げられる方
・報告・連絡・相談をしっかりとして頂ける方
・1日1通で止まってしまうなど、やり取りがおろそかになることがない方


その他、過去に作成した記事がある場合は見せていただけるとありがたいです。


【1記事あたりの報酬】
・1記事あたり300円
※継続期間、記事のクオリティに応じて報酬の増加も検討します。

【応募方法】
・簡単な自己紹介
・記事の納品頻度(週に何記事納品できるか)
・希望の記事数(合計何記事作成するか)
・意気込み

その他、ご質問等ございましたら気軽にご相談ください。

(文字数の関係で省略)


---------------------―


以上募集案件の内容です。
記事あたりの報酬としては、相場を確認したところ、少し安めなのかな?とも思いましたが、
タイトル、見出しはすべて私が指定で、そこまで専門的な知識が必要なわけでもないので、
作業内容の難易度から考えればそこまで不当ではないのではないかと思っています。

できればコストを抑えたいと思っているのですが、早くライターさんを集めて作業を進めたいという思いもあります。

以前同じ内容で集めた3人のライターの内、2人は音信不通になってしまいました。
ライターさん集めで行き詰まっています。


何かご指摘いただける点がありましたら助かります。
よろしくお願い致します。
長文失礼いたしました。

2015年06月29日 16:55
Link & Seedさんからの回答

1日1記事×30記事の制約(1か月毎日べったり?)で、この単価なら食いつかないでしょう。
制約を緩くするか、単価を上げるかどちらかの検討が必要と思われます。

単価を上げたくないなら、初回週5記事、継続時の発注本数は相談の上、ぐらいにしておけば少しは来るかもしれません。
ライター数を増やす必要はありますが、コスト重視なら仕方がないでしょう。

2015年06月29日 17:35
相談者コメント

Link&Seed様、ご回答ありがとうございます。

単価に関することばかりで、期間的な制約の方を全く考慮出来ていませんでした。
確かに毎日拘束を受けるとなると応募するのはためらわれるかもしれません。



単価を上げるのは難しいので、期間的な制約を緩めて再度募集をしてみようと思います。
大変勉強になりました。
ありがとうございました。

2015年06月29日 18:13
naviさんからの回答

はじめまして。

たぶん集まらないでしょうね。

【理由】
◆単価は初心者向けだけど、内容が初心者が避けるものになっている◆
・初心者はリライトを避ける
・初心者には文字数が多すぎる
・初心者には記事数が多い
・何を書くのかはっきり記載されていないものは初心者は避ける
・記事の構成について指定されているものは面倒くさい
・健康分野が得意な人は少ない

簡単な知識でいいとか、検索して調べた程度のものでいいとか言っていますが、1,200文字ものボリュームを求められたら相当な量の情報が必要になります。
あなたが口で言うほど簡単なことではありません。

下手したら、記事を書くのは実質10分でも、調べるのに1時間以上掛かりそうですね。

単価が高ければ継続してくれるでしょうが、その単価では1回やっただけで「割にあわない」と辞退する人が多そうだと思います。

初心者でも飛びつくのは、大抵600文字前後だと思います。
そして基本的に「何かを調べたりせずに自分の頭のなかにある情報だけで書ける記事」を好みます。

だからタスクは単価が安くても請ける人が沢山居るわけですね。

また「健康について」と言われても、何について記事を書くのかが分かりませんから、「出来るか出来ないか分からない」募集は初心者は避けますよ。
「どんなタイトルが来るのかわからない」という恐怖心を初心者は持ちます。

せめて30記事分のキーワードを記載したほうが良いと思います。

そもそも健康面のことって得意な方は少ないですよね。

特に若い方は日頃からあまり気にしている人は少ないでしょうし…
初心者はそういう記事は避けて、自分の得意分野の記事に走ります。


実際自分で知らない分野で1,200文字を1記事書いてみれば、どの程度の労力が必要なのかが分かると思います。
例えば「アイドルになる方法」とか「人気の道の駅ベスト10」とか「毛ガニを美味しく食べる方法」とか「FXを始めよう」「フクロウの飼育法」「口臭の原因」などなど。

どれも検索して簡単に記事を書くことができますが、あなたが思っているほど簡単ではなく、必要な情報集めに多大な時間を取られます。
受注者側とすれば、その検索にかかる時間も含めて『労働時間』ですから、時給換算してこんなに苦労したのに割にあわないと思えば二度と請けてくれないでしょう。

検索だけで1時間も掛かったのに300円だったら1記事30円の記事を1時間で10記事書いたのと変わらないじゃないか…って考えます。
だったら検索などせずに自分の頭のなかにある情報だけで書ける30円の記事のほうがずっと得だって考えると思いませんか?


私の場合は、10日毎にキーワードを渡されて、それこそ多方面の記事を書いていますが、単価は@0.5円以上/1文字です。
なので1,200文字ということであれば1記事600円以上です。
細かく構成が指定されている場合は(例えば段落数とか、タイトルの長さとか、段落ごとの文字数とか、ナナピ形式とか)はもう少し単価が上がります。




>タイトル、見出しはすべて私が指定

つまり1記事の中にいくつかの見出しがあるということですよね?

提案としては、もし1,200文字を段落(見出し)で分けているのであれば、むしろ最初から400文字×3記事とか600文字×2記事という形にしてしまったほうが初心者は飛びつきやすくなるでしょう。(合計記事数は増えるが複数人に分けてもいいし・・・)

また初心者の場合は10記事単位で募集をかけたほうが集まりやすいと思います。
例えば1ヶ月30記事ではなく、10日で10記事ずつと書いたほうが(内容は同じだけど)直感的に「どの程度の労力が必要」と感じやすいと思いませんか?

やる気のある方には記事数増やすことができますと書いておけばいいのだし。

あとは予定しているキーワードを全て記載することで、出来るか出来ないかが判断しやすくなるので「やってみよう」と思う人が出てくるかもしれません。

ただし、糖尿病の記事は書けるけど多汗症の記事は書けないなど、記事タイトルによってやるかやらないかを判断する人も多いでしょうから、毎月複数のタイトルを用意して選ばせてあげる感じにすると継続しやすくなるように思います。

どんなタイトルでも継続して引き受けてくれる人を探すなら、もっと単価上げないと無理だと思います。
簡単だと思うなら、自分で書くという手もあるのですし…

2015年06月29日 18:53
相談者コメント

navi様。

ご回答ありがとうございます。



全くもっておっしゃる通りです。


私がこれまで50記事分の情報を集め、
キーワードからタイトルから見出しからすべて自分で決めて
書き続けていたのですが、

思えばその労力に嫌気がさしてライターの募集を始めたところもあったはずのわりに
代わりに書いてくださる方の事を全く考えていませんでした。
私が割と興味がある健康分野でさえそうですから、得意でない方であれば苦痛になって辞退されるのも当然ですね。



確かに健康といってもあまりにも範囲が広すぎて、とっかかりが難しいですよね。
「何を書くのか」というところが分かっていなくても、
タイトルや見出しさえ指定していればそちらの方が記事を書きやすく、
大丈夫だろうと思っていたのが甘かったです。


単価と記事内容のバランスが割に合っていないのですね。
反省いたします。

もう少しこまめの区切りにして、初心者の方にも作成していただきやすいような募集の仕方を考え直そうと思います。
大変詳細なアドバイスを、ありがとうございました。

2015年06月29日 19:30
naviさんからの回答

こんにちわ。

>「何を書くのか」というところが分かっていなくても、タイトルや見出しさえ指定していればそちらの方が記事を書きやすく、大丈夫だろうと思っていたのが甘かったです。

それは慣れている人の考えです。
慣れていない人は「どんなタイトルが来るのだろう?難しいタイトルだったらどうしよう?」と不安になるものです。
もちろん自分でタイトル考えろよりタイトルを渡したほうが初心者には書きやすいですが、そのタイトルが分からないことが不安なのです。

ですから最初からタイトルを提示してあげたほうが集まりやすいのです。

例えば「サプリメントには詳しいんだけど…」という人が居ても「病気の記事が依頼されたら困るから」と思えば応募しませんよね。

一つのやり方として、例えば以下の様な記事を募集したいと思った場合…

タイトル:乳酸菌の豆知識
見出し1:乳酸菌には沢山の種類がある・・・400文字以上
見出し2:乳酸菌は生きて腸まで届かないって本当?・・・400文字以上
見出し3:効果的な乳酸菌の摂取方法は?・・・400文字以上

見出し1~3を別記事としてタスクで募集する方法もあります。
プロジェクトタイプで3記事1セット300円という形でも良いでしょう。

またはプロジェクトタイプで全ての見出し(30記事×見出数の全て)を書き出し、その中からやりたいものを早い者勝ち…のような形で募集するとか。

タスクの場合相手の能力次第では買い取ってもボツにして再募集する必要も出てくるかもしれませんが、逆に「コレなら出来る」と思ったものだけを取捨選択して応募することになりますから、あまりに酷いものは少ないように思います。

逆にタスクでいい記事を書いてくれた人をスカウトで長期交渉するという方法もありますし・・・

後は、1ヶ月に50記事以上書いた月は1記事あたりの単価が10円UPとか、月に30記事でボーナス50円・50記事でボーナス100円、100記事でボーナス500円とか、記事のPVが1,000を超えるごとに翌月から記事単価10円UPなど、様々な条件提示で長期定着してくれる人を増やせると思います。


>※継続期間、記事のクオリティに応じて報酬の増加も検討します。

こういう曖昧な表現はやめたほうがいいです。
初心者に限って数回継続すれば単価を上げてくれるものと思い込みがちですから、「報酬増加するといったのに嘘つき」と言われていまいます。

記事のクオリティーが基準に満たない言っても「誤魔化している」と思われますからね。
PVがいくつを超えたら・1ヶ月の納品数がいくつを超えたらのような、誰にでも一目瞭然で判断できる基準で設定しましょう。

2015年06月30日 03:55
相談者コメント

navi様、
夜分遅くに再度詳しいアドバイスをありがとうございました。



確かにタイトルが分からなければ、私も尻込みしてしまいます。
タイトルを考えなくていいから大丈夫、というわけでもないのですね。


昨日いただいたアドバイスを受けて、プロジェクトタイプで新しく募集を始めました。そちらでは

始めから記事のキーワードを提示して、早い者勝ちで記事を書いていただきます、
タイトルと見出しは希望があれば私が提示します、
特に希望がなければキーワードをもとに好きに書いていただいて結構です、

という方法をとっています。
再びいただいたアドバイスを受けて、募集文に修正を加えて行っています。



報酬に関するあいまいな表現も改めます。
PVや、記事数などの客観的な報酬体系を定めて、また募集文を書きなおしてみようと思います。
この方が私の首もしまらず、良いかもしれません。



いろいろお聞きして、募集における課題がわかりました。
大変感謝しております。ありがとうございました。

2015年06月30日 09:01
りぃあcnさんからの回答

回答させていただきます。
私もライターやってますが、値段的にはもっと少ない方もいますので、どうこうとは言えないですね。
ただ、募集が集まらないならば、報酬を上げるのは最も端的な方法かだとは思います。

上の方々とかぶってしまうかもしれませんが、思ったことを書きますね。

まず
・エクセル
・ワード
・グーグルドライブ
です。
これはどこまでできれば良いのでしょうか?
例えばワードは文字を打てればそれで良いのでしょうか。
見出しはふと文字など、ある程度装飾が出来たほうが良いですか?
またエクセルは、もしかしてテーマ依頼をする際に活用するのではないでしょうか?
そういう依頼者様が多いのですが、”使えたほうが良い”というニュアンスだと、こちらでもなにか操作表計算などを求められるのかな?と感じてしまいます。
見るのも操作の一貫なのですが、その辺りを詳しく書かれたほうが良いかと思いました。

あと、30記事募集ですが、まずテストで1記事試すという形で募集をされてみてはいかがでしょうか。
いきなり30記事募集ではなく、1記事だけを募集して、良いと思った方には新たに契約を結ぶという形ですね。
もちろん説明の際には、30記事継続ができる方にお願いしたいなど一言お断りを入れて。
(単発目的で応募される方もいるかと思いますが、それでも今まで契約0だったよりはマシかと思いますし)
あるいは5記事単位、10記事単位での契約を望まれる方も多いですから、希望があれば合わせてあげるとテスト依頼の際に付け加えるとか。

そんな感じです。参考になれば幸いです。

2015年07月01日 10:16
相談者コメント

りいあcnさん、ご回答ありがとうございます。



確かに、使用するソフトにどれくらいのスキルが必要か分からないと、
「ただ調べて記事を書くだけ」といっても不安になられるかもしれません。

あいまいな表現をもっと書き改める必要があることがよく分かりました。



また、記事数の区切りについても、クライアントの私からすると
長く書いてくれる安定した人にお願いしたいという気持ちがありますが、

受注される方の場合は反対に、あまり自分に合わないと感じたことで
長期間の拘束を受けることは苦痛かもしれませんね。


少し記事数の区切りを短くしつつ、サンプルの受け付けも含めて
募集内容を編集し、反応を見ていこうと思います。



大変勉強になりました。
ありがとうございました。

2015年07月01日 14:27
yositakaijiwaruiさんからの回答

初心者の意見をいいます。「健康」といっても、範囲が広すぎてわからないです。「健康になる
ための生活改善」というようなテーマがあると、初心者はわかるとおもいます。要はテーマをもっと具体的すれば、わかりやすいとおもいませんか?

2015年07月09日 02:26
相談者コメント

yositakaijiwarui様。

ご回答誠にありがとうございます。
おっしゃるとおり、範囲が広すぎてとっつきがわからないかもしれません。
テーマの具体性、意識して募集文を考えたいと思います。


大変貴重な初心者様の意見、ありがとうございました。

2015年07月09日 06:16
ご意見箱

× 今後表示しない