どんな仕事も、簡単ネット発注。まずは会員登録から!
  1. クラウドソーシングTOP
  2. みんなのお仕事相談所
  3. マッチングサイトの構築費用について
みんなのお仕事相談所
発注者からの相談
サイト構築・ウェブ開発の見積もり・相場に関する相談

マッチングサイトの構築費用について

回答
受付中
回答数
2
閲覧回数
5216

ウェブ開発の依頼を検討しており、下記のようなサービスを作りたいと思っているのですが、どれくらいの相場感・費用になるかがわかりません。

下記に要件を書きますので、簡単な見積もりをいただけませんでしょうか。

1.作りたいサービスやサイトのイメージ(コンセプトなど)

  特定の分野に対するニーズを持った人と、それに対して専門分野の知識を持った人を結びつけるサイト。
  クラウドワークスさんよりも、限定的なもの。たとえばトレーニングのサポートをスカイプなどでしてほしい人とパーソナルトレーナーをマッチングするようなサイトです
  ※参考サイト:

2.必要な機能

  -登録制
  -2段階の定額制
  -(お金の流れとしてはクラウドワークスさんなどを参考に)
  

3.ボリューム(ページ数など)

  -○○

4.その他備考(納期や言語など)

  -○○

よろしくお願い致します。

2013年06月02日 08:38
akspさんからの回答

こんにちは。

こちらで開発を受付ている訳ではありませんが、思うままにコメントいたします。

●気になる項目
ハード面:サーバー(システムの仕様、購入orレンタル等)
ソフト面:規模、企画開発、ディレクション、運用・保守

要件がおおまかでして、ご回答が付けにくいのであろうと思いました。


開発力を重視するか、デザイン性も豊かにするのか、管理画面上の機能洗い出しまで含むのか、webデザイン・企画・ディレクション、セキュリティ、保守は契約するのか等々が不明の状態では、表層面だけでもお見積が難しいと感じています。

サービスがご利用になれるまでに、見えない部分が沢山ございます。
先ずは、ユーザー/登録者/運営管理側がどのようなご利用を想定しているのか、操作や機能、プロセスが程良く理解できる範囲の暫定な企画書を作り、「システム開発会社」20社ほどに、概算をお見積り依頼されてみてはいかがでしょうか。

また、スカイプやスマホと連動した(適切・推奨ではありませんし、サービス名を出して良いのか分かりませんがChatWorkさんやVcubeさんなど)シェアウェアや商用サービス等を利用しながら、登録会員性のサイトと機能を分けたりできる規模でしたら、スキルをお持ちになった個人のエンジニアさんも充分候補になると思います。

参考になるサイトやサービスがあればそちらをご案内するとイメージが湧きやすいですが、盗作盗用をお薦めしているわけではありません(模倣アレルギーがある方もいらっしゃいます)。

ザックリしたご都合可能なご予算ををお伝えできたり、ご担当者が「採算が取れそうだし企画が面白そう!」と感じたりすれば前向きなご回答が得られるかもしれませんね。

読解のズレで妄想のようなコメントかもしれませんし、毎度乱文で恐縮です。
誤解や見当違いの失礼がありましたらお詫びいたします。
素敵なサービスが生まれるキッカケになれば幸いです。

2013年06月06日 17:34
shirakobatoさんからの回答

初めまして。株式会社しらこばとシステムサービスと申します。

過去の経験から発注者・受注者間で完成形のイメージを制作前に共有できない場合、機能の不足の発生や仕様変更が度重なることがままあります。
akspさんが回答している通り、現段階では見積もりを行うために必要な開発内容・規模・納期の情報がなく要件がおおまかなために弊社を含め、回答できないと思います。

例えば、マッチングサイトといってもいろいろなものがあります。思いつくままに挙げると
1. ニーズを必要とする人と専門知識を持つ人が、それぞれ依頼・受注可能な内容やプロフィールを登録し、それを一覧表示でコンタクトができるようにしただけのもの。
2. 登録時のプロフィールに付加した詳細な情報を元にDBのマッチングを行い、候補者を表示するもの。
 ※ この場合、あいまい検索をどこまで許すか等の検索方針がはっきりしていなければ検収時に障害(?)修正が多発し、工数が嵩むため見切りでの見積もりはできません。 

規模は登録者の最大人数はどのくらいか、最大何人までの同時アクセスが可能かで要求されるサーバやDBの選定、排他処理を含む実装内容が異なります。

せめて、機能については誰に説明しても意図したイメージとなるようにしなければなりません。
DB構造の説明や画面遷移があればなお良いと思います。

そのため、見積もりを行うならば最低でも以下の3段階の方が良いと思います。
1. 孝之さまが思っているサービスの機能仕様書作成のための調査依頼
 その過程で問題点を洗い出し、機能の追加・縮小が行われます。
2. 1.で行った調査を元に現実的で実装可能な機能仕様書作成の依頼
 その過程で問題点を洗い出し、機能の追加・縮小が行われます。
3. 2.で作成した機能仕様書に従ったサーバサイドプログラム、Webデザインの依頼

以上、参考にしてください。

2013年06月06日 21:43

× 今後表示しない