業務効率化
Pocket

公開日: 2020.07.10 / 最終更新日: 2020.08.27

記事作成代行を有効活用するには?代行サービスの比較ポイントも紹介

インターネット利用率の向上、企業の情報発信機会の増加などにともない、記事作成代行のニーズは高まっています。そこで今回は、記事作成代行を利用するメリットや依頼方法、料金などについて詳しく解説します。

おすすめの記事作成代行サービスは?
全国のプロが登録する「クラウドソーシング」がおすすめです。利用企業の声やサービス利用の流れはこちらです。▶クラウドソーシングの利用企業500社から聞いた調査結果を大公開

 

記事作成代行を依頼するメリットとは?


記事作成代行を依頼するとどのような利点があるのでしょうか?主なメリットを4点ご紹介します。

コンテンツマーケティングを推進できる

記事作成代行を依頼すると、業務戦略に応じて記事の内容や数をコントロールすることができ、効果的なコンテンツマーケティングが可能です。高品質の記事がスピーディーに納品されるため、一定数の記事を長期にわたって定期公開したい場合のほか、短期に多数の記事を作成・公開したい場合にも対応することができます。

SEO対策ができる

適切なSEO対策を行った記事はユーザー検索の際に上位へ表示されるようになり、閲覧数の増加を見込めるようになります。その結果、企業の認知度やブランド力を高めることができ、購買意欲の高いユーザーの集客にもつながります。

メディアに合った記事を作成できる

企業の業種やメディアの性格によっては、特定のターゲットを強く意識した記事の作成が必要となるケースがあります。IT系、製造系、ファッション系など、特定のジャンルに特化したメディアから情報発信を行う場合、その分野に精通した代行先へ記事の作成を依頼すると効果的です。

コストを削減できる

自社で専属ライターを抱えたり、高品質な記事作成が可能な社員を1から育成したりすると、継続的な報酬や人材への先行投資が必要です。その点、記事作成代行を依頼するとコスト削減につながるというメリットがあります。

どのような記事の作成代行を依頼すると効果的?


企業として作成する記事にはさまざまなものがありますが、作成代行を依頼すると効果的なのは次のようなメディアへ掲載する記事です。

オウンドメディア

オウンドメディアとは自社が運営するメディアのことをいい、自社運営サイトやホームページなどが挙げられます。企業そのものや製品に興味を持ってもらうための入り口として機能し、新規顧客の獲得や継続的な顧客の維持などに重要な役割を果たします。

ブログ、SNS

近年、オウンドメディア以外にブログやSNSを開設する企業が増えています。親しみやすく顧客目線の記事が支持される傾向にあるため、ブログやSNSに詳しいライターに作成代行を依頼すると効果的です。また、記事作成とアフィリエイト管理の代行をあわせて依頼できる場合もあります。アフィリエイト活用を視野に入れている場合、検討してみるとよいでしょう。

記事作成代行の依頼方法や料金は?


記事作成代行はどのように依頼すれば良いのでしょうか?主な方法や料金の相場をご紹介します。

個人ライターへ依頼

要件に合いそうな個人ライターを探して依頼する場合、以下のような募集手段が挙げられます。

・求人サイトで募集をする
・社員の知人や人脈を生かして探す
・個人のブログやSNSから発信力の高い人物を探して直接交渉する
・クラウドソーシングサービスを利用する

個人ライターへ記事代行を依頼する際の料金相場は、1文字1円以上であることがほとんどです。依頼するコンテンツの内容によっては高度な専門知識や文章力が必要となるケースもあるため、そのような場合は別途考慮されます。

ライティング専門の会社へ依頼

ライティング専門の会社へ依頼する場合は、細かい条件設定が可能となる分、料金体系も多様です。1文字あたり2円~5円と料金には幅があり、会社のホームページから直接依頼ができます。専門業者であることから記事のクオリティーは確約しやすいものの、料金が高額となることも少なくありません。

記事作成代行サービスを利用

クラウドソーシングサイトから記事作成代行を依頼することも可能です。多くのライターが登録しているので、作成を依頼したい記事に合った人材を募集することができます。希望するスキルレベルや料金を依頼側で決められる点が大きなメリットです。

記事作成代行サービスの比較ポイント


記事作成代行サービスを利用する場合、以下のような観点で比較しながら選ぶとスムーズな依頼につながります。

実績

まず、依頼を検討するサービスがどのようなジャンルの記事について作成代行を行ったのか、どのような成果を上げたのかなどを確認します。依頼したい記事と類似したジャンルに関する実績の有無や、利用者からの評価なども参考にすると良いでしょう。

代行内容

記事作成代行に特化したサービスもありますが、その他の業務をあわせて依頼できるサービスもあります。他メディアからの流用を防ぐコピーペーストチェック、正しい日本語が使用されているか確認する校正などを記事作成と同時に請け負ってくれる場合もあるため、料金とともに確認しておきましょう。

価格

記事作成代行サービスの料金体系には、依頼文字数によって料金が決まる固定型とライターのスキルに合わせて料金を設定する変動型があります。ライティング専門会社では1文字いくら・記事1本いくらと決められているケースが多く、クラウドソーシングサービスでは依頼側から料金を提示したり、ライターと相談の上で単価を決定したりするケースが多く見られます。

登録ライターの人数、スキル

ライティング専門会社であれば社員として、クラウドソーシングサービスであればクラウドワーカーとして登録しているライターの人数やスキルに着目することも重要です。ライティング専門会社に依頼する場合は個人の経歴やプロフィールまで閲覧できないこともありますが、クラウドソーシングサービスではスキル・経歴・職歴などを事前に確認できるケースがほとんどです。

記事作成代行業務に定評のある「クラウドワークス」


記事作成代行を請け負うサービスの中で、予算やスキルに応じてライターを探しやすいのは「クラウドワークス」です。プロから初心者までさまざまなライターが登録しており、依頼したいメディアの種類や特性に合ったライターへ記事作成を依頼することができます。

条件を提示して募集を行うほか、スカウト機能の利用によって依頼したいライターへコンタクトを取ることも可能です。その際、ライター経験やスキルの確認、事前のトライアルや面談の実施などによって、より希望に近い人材を探しやすいシステムになっています。

依頼する記事の内容や本数にもよりますが、1文字0.1円からの依頼や短期・単発での依頼もできるため、コストが抑えられるのもポイント。記事のクオリティや進捗を確認したい場合には、チャットツール、リモートツールなどの外部サービスと連携しながら指示を出すことも可能です。また、記事作成とあわせてコピーペーストチェックや校正、SEO対策などを依頼することもできるため、幅広い活用方法があります。

クラウドワークスの使い方や事例、発注相場がわかる資料をダウンロードする

まとめ

記事作成代行の依頼先には、個人、ライティング専門業者、クラウドソーシングサービスなどがあり、比較ポイントを押さえて選定する必要があります。なかでも、条件に合ったライターを探しやすくコスト面でも利用しやすいのがクラウドソーシングサービスの「クラウドワークス」です。記事作成以外の業務も発注でき、自社メディアの充実に適したサービスといえるため、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

クラウドワークスのサービス資料
サービス特徴、活用事例、発注相場などを紹介しています。

本資料ではクラウドワークスの特徴、事例、使い方、ワーカーの属性、発注相場などサービスの情報をまとめています。

【こんな方におすすめ】
・サービスを詳しく知りたい
・外部人材の活用を検討したい
・発注相場や事例を知りたい
Pocket


道面梓
webライター歴3年のフリーライター。趣味のひとつが読書ということもあり、独学でライター実績を積む。 かつて上場企業にて約10年間企画や営業企画として活躍した経歴から、実体験を踏まえたマーケティングや営業に関する執筆が得意。

コメントは受け付けていません。