外注ノウハウ

公開日: 2022.02.10 / 最終更新日: 2022.03.08

【2022年版】求人原稿作成の相場金額を紹介!

求人・採用を行う際、応募者の質や数を左右するのが「求人原稿」です。求人原稿は通常の記事や文章と作成ポイントが異なるため、外部へ依頼するのもひとつの方法です。
今回は、求人原稿の作成を外注する際の費用相場やおすすめの依頼先、求人原稿作成のコツなどを紹介します。

求人原稿作成の依頼相場

求人原稿作成の依頼方法には、以下の2通りがあります。

①求人原稿の作成と掲載をセットで依頼する場合
②求人原稿の作成のみを依頼する場合

①の場合は、作成した求人原稿を決まった媒体(依頼先が所有する求人サイトなど)へ掲載するケースが多く、依頼金額の相場は3~5万円ほどです。

一方、②の場合は依頼先によって求人原稿作成の料金が大きく異なります。文章のみを作成してもらうのであれば1万円ほどで済むケースもありますが、原稿のレイアウト調整、掲載媒体への審査申請・通過なども合わせて依頼すると30万円ほどかかることもあります。
また、①と②どちらの場合も、求人原稿の掲載によって応募が得られた際には成果報酬が加算されるケースもあります。

上記のことから、費用面を重視して求人原稿作成を依頼したい場合は「求人原稿の文章のみを作成してくれる依頼先(個人ライター、クラウドソーシングなど)」を選ぶと良いでしょう。求人原稿の依頼先については次の項で詳しく紹介します。

求人原稿の作成はどこに頼めばいい?

次に、求人原稿作成の依頼先について、それぞれの特徴や料金の目安を紹介します。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、仕事を外注したい人・受注したい人をインターネット上でマッチングするサービスのことです。フリーランスで活動するライターなどが登録しており、求人原稿の作成やキャッチコピーの立案、文章による企業PRなどを依頼することができます。
費用相場は個人によって異なり、文字単価で依頼するケース・時間単価で依頼するケース・原稿1本あたりの金額を指定して依頼するケースなどがあります。

【料金の目安】
・文字単価の場合:0.5~3円(1文字あたり)
・時間単価の場合:1,000~3,000円(1時間あたり)
・原稿1本あたりの金額を決めて依頼する場合:5,000円~2万円(1本あたり)

採用代行サービス

採用代行サービス(RPO)とは、求人・採用に関する業務の一部もしくはすべてを代行してくれるサービスです。求人原稿の作成を単体で依頼できるケースはあまりなく、「新卒採用代行やスカウト代行の一環として求人原稿を作成してもらう」などの形で依頼します。求人原稿の掲載媒体が選べない場合もあるため、掲載したい情報誌・Webサイトなどがある場合は事前に確認を行う必要があります。

【料金の目安】
・新卒(または中途)採用代行:1シーズンあたり10~50万円
・スカウト代行:1か月あたり5万円~
※いずれも求人原稿作成代行を含む

求人広告代理店

求人広告代理店とは、媒体や予算に応じて求人広告の出稿を行ってくれる事業者です。複数の求人媒体を扱っていることが多く、各媒体に応じた採用・求人戦略を提案してもらえます。
さまざまな雇用形態・職種の求人原稿に対応しており、応募要件・キャッチコピー・企業PRなどの文面作成を依頼できます。求人原稿に使用する写真撮影を同時に依頼できるケースもありますが、対応地域が限られている場合もあるため事前に確認が必要です。

【料金の目安】
・求人原稿の作成費:3万円~

記事作成代行サービス

記事作成代行サービスに求人原稿の作成を依頼することもできます。求人原稿の作成に特化したサービスではないため、各社の実績や代行内容、料金などを考慮して依頼するかを検討すると良いでしょう。
求人原稿は企業ごとにオリジナルの内容となるため、依頼料金は通常の記事よりやや高めに設定されるケースが多く見られます。

【料金の目安】
・オリジナルの文章作成(求人原稿を含む):1文字あたり3円~

求人原稿作成のポイント

続いて、求人原稿を作成する際のポイントをいくつか紹介します。

求める人物像(ターゲット)を明確にする

まずは、採用したい人物像(ターゲット)を明確にすることが重要です。
たとえば、事務職の経験が5年以上ある人・営業の即戦力となる20~30代など、具体的な人物像を想定した上で求人原稿を作成しましょう。逆の発想として、「採用を避けたい人物」「自社には不要な人物」をあわせて想像してみると、採用ターゲットがより明確になることがあります。

また、求人原稿の代行サービスなどに依頼する場合は、NGとしたい言葉や表現をあらかじめ伝えるようにします。特に、人物に関する内容(差別的なニュアンスを感じさせる言葉、雇用機会均等法に抵触する表現など)には注意を払うようにしましょう。

採用条件や待遇を明記する

採用条件や待遇を求人原稿へ明記することも重要です。
採用条件を記載する際のコツとして、条件を「MUST(絶対に必要なもの)」と「WANT(あると良いもの)」に分けることが挙げられます。
たとえば、「MUST:営業職の経験3年以上、WANT:医療機器に関する知識」など、応募者にもわかるように条件の優先順位を記しておけば、少なくとも「MUST」の条件はクリアしている人材が集まりやすくなります。

また、入社後の待遇や自社のアピールポイントを明記することもポイントです。待遇や社風は応募者にとって重要な情報であるためできるだけ詳しく記述すると良いでしょう。

【明記すべき待遇内容の例】
・給与(賞与の回数)
・勤務時間(休日の設定)
・役職(昇給の有無)
・勤務地(転勤の有無)
・福利厚生の詳細
・アピールポイント(家賃補助あり・扶養手当あり・社員割引ありなど)

掲載媒体に合った原稿にする

求人広告にはさまざま種類の掲載媒体があり、媒体のターゲットやユーザーもそれぞれに異なります(新卒向け・第二新卒向け、転職者向け、アルバイト限定など)。
そのため、求人媒体のユーザーと採用したい人物像とを踏まえ、掲載媒体に合った原稿にすることが重要です。ですます調・である調などといった文章のトーンにくわえ、企業PRの内容、文章量などを工夫することで読み手に伝わりやすい求人原稿を作成することがポイントです。

費用対効果の高い外注先を選ぶ

求人原稿の作成を外注する場合、依頼先の費用対効果を十分に考慮することも必要です。
たとえば、求人原稿作成代行サービスへ依頼すると費用は高めですが、原稿の作成と求人媒体への掲載までを代行してもらえるケースが多くなっています。
フリーランスのライターに依頼すると費用は安く済みますが、求人原稿作成の実績やクオリティはライター個人によって異なるため、希望のスキルを持つライターを探すのに時間がかかる可能性があります。
また、求人原稿に修正が発生した場合、対応の可否や料金(修正2回までは無料・修正が多い場合は追加料金が発生するなど)も依頼先ごとに異なります。

さまざまな要素を考慮して、費用対効果の高い外注先を選びましょう。

求人原稿の作成依頼なら「クラウドワークス」

求人原稿を作成したいものの社内に適任者がいない場合、適正価格で高クオリティな求人原稿が書けるライターを探している場合などは、クラウドソーシングを利用する方法がおすすめです。
なかでも業界最大手の「クラウドワークス」は登録ワーカー数が400万人を超えており、求人原稿作成の受注実績が多数あります。【求人原稿の制作】というスキルでワーカーを絞り込み検索ができ、求人原稿の執筆経験豊富なワーカーをすぐにチェックできます。

求人原稿の制作スキルがあるワーカー一覧を見てみる

また、ライターや編集者、キャッチコピーを得意とするコピーライターも多数登録しているため、採用ターゲットや掲載媒体に合った求人原稿の作成を依頼することができます。

クラウドワークスでは、依頼内容の相談・契約・修正依頼・報酬の支払いをシステム上で一元管理できます。事前にワーカーの実績や評価、サンプルなどをチェックでき、必要に応じて面談なども実施できるため、希望に合うライターを探しやすいことがメリットです。

クラウドワークスの利用に際して手数料や追加報酬などは発生しないため、他の依頼先よりも費用を抑えた依頼が可能です。発注前にワーカーへ見積もりを依頼したり、過去の発注例や相場金額を確認したりすることもできるため、依頼前の参考にしてみると良いでしょう。

クラウドワークスの発注相場金額をチェックする

さらに詳しい情報が掲載されている資料は、下記から無料でダウンロードできます。

クラウドワークスの使い方や事例、発注相場がわかる資料をダウンロードする

クラウドワークスのサービス資料
サービス特徴、活用事例、発注相場などを紹介しています。

本資料ではクラウドワークスの特徴、事例、使い方、ワーカーの属性、発注相場などサービスの情報をまとめています。

【こんな方におすすめ】
・サービスを詳しく知りたい
・外部人材の活用を検討したい
・発注相場や事例を知りたい


クラウドソーシングTimes編集部
クラウドソーシングTimes編集部です。クラウドソーシングの最新事例やマーケティング・業務効率化など、企業活動に役立つ情報をお届けします!

コメントは受け付けていません。