クラウドソーシングを使えばいくら稼げるの!?

クラウドソーシングトップに戻る

はじめに

数年前から、【クラウドソーシングサービス】を利用して働く人が増えてきています。
残業もなく、通勤ラッシュに揺られることもないフリーランスの働き方は、まさに現代人の憧れの的になりつつある働き方なのですが、やはりどうしても気になってしまうのは【実際に働くといくらもらえるのか】ということかと思われます。

というわけで今回の記事の中では、【クラウドソーシングを使うと、いくらくらい稼げるのか】ということをご紹介していきます。

クラウドソーシングの仕事単価は?

クラウドソーシングサービスの単価は、案件によってかなり幅があります。
実際に筆者が今までに受けた仕事は、【ブログのライティング、400文字1記事で200円】といったものや、【バナー制作一つ2000円】といったものばかりでした。

これ以上の報酬のものも勿論ありますが、そういったものはキーワードの制約があったり、金融・保険などの知識が問われるテーマだったので、1記事400円程度で受けることができました。
他にも様々な仕事があり、単価もそれぞれなので相場は出しづらいのですが、大体ライティング案件だと、1文字あたり0.6円以上が相場となっているのです。

一ヶ月で100万円も!

これはあくまでも、クラウドソーシングサービスを何年も利用している方や、法人に限っての話なのですが、クラウドソーシングサービスの利用者の中には、一ヶ月で100万円以上もの報酬を稼ぐような人もいます。

そういった人びとは、個人でとにかく大量の案件をこなしていたり、ライター同士でグループを組んで協力しながら案件を消化していたりするのですが、いずれも共通しているのは【モチベーションを保つのが上手である】といういこと。
クラウドソーシングの業界でも、工夫によっては、年収1000万円超えも夢ではないのです。

サービス内での評価を上げれば色んなところから声がかかります

クラウドソーシングサービスの中でも、クラウドワークスのようなサイトは特に、利用のしがいがあるサイトです。
クラウドワークスは、プロフィールの中に過去の実績がすべて表示されるようになっているので、過去に悪い評価を一つでもつけられてしまうと丸見えになってしまいますし、それによって発注者から見捨てられてしまうこともあります。
しかし、逆に言えば実績さえ積めばステップアップが望めるということなので、堅実な人ほど成功しやすいのです。

まとめ

「フリーランスに転身すると、収入が下がってしまいそうで怖い」という方もいるのですが、クラウドワークスなどのプラットフォームを利用すれば、お仕事はすぐに見つかります

また、クラウドソーシングで仕事を見つけながらコツコツと生活していけば、次第に案件をこなすコツがわかってくるので、収入をアップさせることができるようになるのです。

最初のうちは何かとなれないこともあるのですが、すべては継続していく姿勢が解決してくれます。年収をアップさせたい方はとにかく、フリーランスでしっかり活躍するようにしましょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク