クラウドソーシング依頼者必見!やり手の依頼者はここがイイ!

クラウドソーシングトップに戻る

はじめに

クラウドソーシングの世界には、プロ顔負けの技術を誇るアマチュアが数多く存在します。
そのため、発注者の間ではそういった優れた技術者の取り合いが起こることもあるのですが、受注者を獲得するのは常に【やり手の発注者】ばかりとなっているのです。

もし毎回のように、優れた受注者をほかに奪われているのであれば、やり方を変えなければなりません。
やり手の依頼者のテクニックを盗み、活用し、優れた受注者を誰よりも先にゲットしてしまいましょう。

依頼内容は明確に

誰でもそうですが、わかりづらいものがあると、避けてしまうものです。
依頼内容は明確にしなければなりません。
明確でないと受注者は寄りつかなくなりますし、優れた腕をもつ在宅ワーカーは、文章力もしっかりチェックしているので、わかりづらい文章を書くような依頼者には決して近づこうとしません。

もし依頼内容がわかりづらいと言われたことが一度でもある場合は、文章を一度、社内の人物にチェックさせてから、案件として投稿するようにしましょう。

依頼文は簡潔に書く

依頼のための文章は、受注者にとってわかりやすいものでなければなりません。
「これは一読しただけではわからないだろうな」と思われる点は徹底的に添削しましょう。
そうしないと、「魅力的なことが書かれている気がするけど、詳細がよくわからないからいいや」と、優れた受注者が離れていってしまいます。
依頼文がわかりづらいということは、クラウドソーシングを活用する上で致命傷となるので、まずは文章を簡潔に書くことを意識しましょう。

文字数と依頼報酬の関係性も大事

ライティング案件を依頼する場合は、依頼報酬との関係性をチェックしましょう。
ライティング案件が集まる掲示板を見てみると、難しいテーマの記事を1つ50円でまかせようとしているような依頼者もいるのですが、こういった業者は受注側からすると【悪徳業者】でしかありません。

報酬が安い場合は、【文字数が少ないから安い】、【難易度が低いから安い】といった理由付けを必ずおこなうようにし、受注者側を納得させられるような値段を設定するようにしましょう。

まとめ

クラウドソーシングの世界では、いかに上手に案件を出すかといったことが要となってきます。
いい仕事をしてもらうためにはちゃんとした案件が必須ですし、案件がちゃんとしてないと、返ってくる成果物も低レベルなものになるのです。

「発注がうまくいかないことが多くて、優れた受注者をいつも逃してしまう…」
という方は、以上の点に注意するようにし、発注者と受注者の双方がメリットを感じられるような優れた案件を投稿するようにしましょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク