クラウドソーシングサイトで良質な記事を集めるには?

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングで安定した質の記事を得るには?

69-1

クラウドソーシングサイトでは、個人が発信する日記風のものから、専門性の高い情報記事まで、インターネットに掲載するさまざまな記事を発注することが可能です。しかし場合によっては、イメージと異なる記事があがってきてしまうことも……。今回は、クラウドソーシングサイトで良質なライティング記事を集めるコツについてご紹介します。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングではコスト設定が鍵!

クラウドソーシングで良質な記事を集めるには、記事の方向性に合った「コスト設定」が重要になります。ウェブ記事には上記でのべたとおり、個人が日々の感想をつづった日記風の記事から、専門的な情報記事まで、さまざまなタイプの記事がありますよね。そして各記事によって、制作に必要な作業時間はもちろんのこと、下調べの分量、必要となる知識のウェイトも変動します。記事を発注する時は、「記事の執筆に必要なスキル」「専門性」「指定文字数」に応じて、単価をあげるように心がけましょう。記事作成の手間にくらべて単価があまりにも低いと、ライターのモチベーションを大きく下げてしまう可能性があります。

クラウドソーシングでは「ディレクション」が重要!

69-2

クラウドソーシングでイメージに沿った記事を得るには、クライアントのディレクションスキル(指示能力)も重要なポイントとなります。指示が抽象的であればあるほど、ライターは成果物のイメージが捉えにくくなり、個々の記事の出来にばらつきがでてしまいます。まず記事制作を外注する前に、「記事の購読層」「掲載サイトのイメージ」「使ってほしくないワード」を整理しましょう。また、レギュレーションをふまえたサンプル記事を作ることをおすすめします。サンプル記事があればライターに成果物のイメージを伝えやすい他、文章のトーンを均一にそろえることが可能です。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングでいいライターに出会うには!

69-3

クラウドソーシングサイトにはさまざまなライターが登録しているので、「いいライターは誰だ?」と悩み始めるときりがなくなってしまいますよね。よって、まずは自分が依頼した案件に応募してきたライターに注目してみましょう。応募者のプロフィールページを見て、「この人は信頼できそうだな」と判断できる人材を探し、トライアルを依頼します。トライアルの方法は人それぞれですが、とりあえず一本だけ記事制作をお願いして、出来次第納品してもらい、今後の採用を検討する方法が一般的です。トライアルを設けることで、自分の目でライターの実力を判断できる他、大量に修正記事が出てしまうというトラブルを回避できます。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングで魅力的な記事をつくろう!

クラウドソーシングでの発注は、クライアントと受注者双方のコミュニケーションが重要となります。ライターとうまく連携をとり、魅力的な記事を作成してみましょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク