クラウドソーシング入門!記事発注の依頼文に盛りこむべき事とは!

クラウドソーシングトップに戻る

応募率がアップするクラウドソーシングの依頼文とは?

72-1 クラウドソーシングでは、ウェブに掲載する記事の作成を依頼することができますよね。記事制作の仕事は受注できる人材の分母が多いこともあり、比較的早く応募者を集めることができます。しかし、案件の依頼文にある要点を入れることで、より多くのライターの目を惹くことが可能です。今回は記事発注をおこなう際に、依頼文に盛りこんでおいたほうがよい3つのポイントについてご紹介しましょう。 引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシング受注者が気にするポイント1!

まず、依頼文には「記事のターゲット層」について明記しましょう。記事には必ず読者が存在しますよね。そしてライターは読者層にあわせて言葉を選んだり、文章のテイストを決めたりします。依頼文にターゲット層が明記されていない場合、「誰に向けて書く記事なのだろう?」という不安が生まれてしまい、結果的に応募をためらってしまう場合があります。依頼文には、「どんな人物に向けた記事なのか」を明記するように心がけましょう。

クラウドソーシング受注者が気にするポイント2!

72-2 また、「どのようなサイトに載せる記事なのか」についても記載しておくとよいでしょう。掲載先となるサイトがわかれば、記事のイメージもつかみやすくなり、文章のトンマナもあわせやすくなります。上記で触れた購読層(ターゲット層)についても理解を深めやすいため、複数のライターに依頼した際も文章のばらつきが出にくくなるというメリットもあります。もし掲載先のサイトを告知できない場合は、類似サイトでもかまいません。ライターに「掲載元のイメージ」を提供し、文章の全体像を共有できるようにしましょう。 引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシング受注者が気にするポイント3!

72-3 なお、「自身の実績として記事を公表できるのか」という点も、ライターが気にするポイントのひとつです。ウェブ上の記事には、ライターの名前を載せられるもの(コラム等)と、そうでないもの(広告文等)がありますよね。自身の名前やペンネームを載せられる記事は、自分の経歴として他のクライアントにも提示できるため、ライターにはかなり嬉しい条件となります。ペンネームを載せても良い記事である場合は、その旨をアピールしてみるといいでしょう。 引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングで魅力的なライターに出会おう!

記事発注をおこなう際に、依頼文に盛りこんでおいたほうがよい3つのポイントについてご紹介しました。依頼内容がきちんと整理されており、知りたい情報も明記されている案件にはクライアントへの信頼感が生まれやすいので、応募率も高くなる傾向にあります。上記の内容を参考に、クラウドソーシングで魅力的なライターに出会ってみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク