新人教育から人材調達まで!中小企業のクラウドソーシング活用術!

クラウドソーシングトップに戻る

いま話題の「クラウドソーシング」の活用法とは?

91-1

昨今、クラウドソーシングという新しいアウトソーシングサービスが世界中で展開し、注目を集めています。クラウドソーシングとは、インターネットをつうじて世界中に生きる人々(クラウド。群衆)に仕事を依頼できる外注方法のことです(もちろん、逆に仕事を受注することも可能となっています)。クラウドソーシングサイトから発注できる仕事は多岐にわたり、ホワイトカラーの仕事(データ入力やデザイン、経理、ライティング、法律相談といった、ネットを介して情報をやりとりできる仕事)であれば幅広く依頼することができます。なお、クラウドソーシングは単に仕事を外注できるだけでなく、中小企業が抱えるさまざまな問題を打開する可能性も持っています。今回は、企業向けのクラウドソーシングの活用法についてご紹介しましょう。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシング活用法1:人手を一時的に調達!

たとえば中小企業では、事業の繁忙期に人手が足りなくなることがあります。通常は他社から人材を借りたり、時には仕事を断ったり、もしくは社員総出で事にあたったりするなどして対応するものですが、クラウドソーシングを使うとより簡単に人材不足を解消することが可能です。クラウドソーシングは上記で述べたとおり「インターネットをつうじて仕事を受発注」することができます。つまり会社にいながら外部の戦力を一時的に輸入することができる、ということです。また、従来の人材調達の方法では「人材を社内に留めておく固定費」が発生しやすい点がネックでしたが、クラウドソーシングは必要な時にだけ人材を起用することができるため、予備スタッフの固定費も発生しません。「作業をしてもらった分の対価のみ支払う」という方法をとることで、人件費を大きくカットすることができます。

 クラウドソーシング活用法2:職場の生産性をアップ!

91-2

また、クラウドソーシングは「人手不足は解消したいが、いまは社内のチームワークを壊したくない」という時にも役立ちます。新しい人材を職場にいれると、時に職場のモラルが壊れたり、生産性が低下したりといったリスクが少なからず発生します。特に少人数でビジネスを担っているベンチャー・中小企業は、そのようなリスクを負いやすいといえます。もちろん、新しい人材の投入によって社内がより活性化したり、新しいアイデアが生み出されたりするメリットもあります。しかし、「社内の雰囲気はこのままで、あとすこしだけ人手がほしい」というニーズがある時には、クラウドソーシングの活用を検討してみるとよいでしょう。クラウドソーシングは基本的に受注者とはメールのみでやりとりするので、職場の雰囲気を壊すことはありません。また、新人教育への配慮といった手間もないため、純粋かつ迅速に人手が足りない時には大いに力を発揮してくれるでしょう。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングの活用法3:新人教育の場として!

91-3

また、クラウドソーシングは新人教育の場としても役立ちます。クラウドソーシングサイトではだれでも仕事を発注できる事と同様に、だれでも仕事を受注することができます。そして、「だれでも参加できる」という特性から、競争率も高く、評判のよいワーカーになるには丁寧なビジネスマナーや仕事能力が求められます。デザインやライティング案件も多く寄せられているため、デザイン制作会社やライティング会社の新人、あるいは広報担当の経験を積む場として適しているでしょう。クラウドソーシングでの受注に慣れ、より多くの人と仕事ができる体制を整えておくことで、通常業務以外の人脈もつくりやすくなる点もメリットといえます。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングを利用してみよう!

企業向けのクラウドソーシングの活用法についてご紹介しました。クラウドソーシングは単に社内の仕事をアウトソーシングし、業務を効率化できるというメリットの他にも、さまざまな活用方法があります。クラウドソーシングの活用方法をもっと詳しく知りたい場合は、大手クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」のお仕事相談所を利用してみましょう。同じクラウドソーシングサイトに参加しているクライアントあるいはワーカーから、多様なアドバイスを受けることが可能です。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク