クラウドソーシングでライティング!案件をスムーズにこなすコツとは?

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングでライティング案件に挑戦!しかし……

クラウドソーシングサイトには、ウェブに掲載する記事の制作依頼、つまりライティング案件が多く寄せられています。ライティング案件によってはプロのライターを求めるものもありますが、案件の多くは人材のスキルや実績を問わず、未経験のライターも歓迎する場合が多い点が特徴です。寄せられる案件数の多さと、門戸の広さ。これらの現状を受けて、「まずはライティング案件から始めてみようかな?」と思っている人も多いのではないでしょうか。このページでは、クラウドソーシングのライティング案件をスムーズにこなすコツについてご紹介しましょう。



クラウドソーシングのライティングスピードをあげるには?

クラウドソーシングでライティング案件を初めて請け負った際には、「早く書きたいのに、言葉が全然でてこない……」と悩んでしまいがちです。クラウドソーシングのライティング案件は記事一本に対して報酬が支払われるのが一般的。とにかく書きあげないことには、報酬を受け取ることはできません。すらすらと言葉が出てきた時はあっという間に書き上げることができますが、時にはまったく言葉が出てこないまま時間が過ぎてしまうことも。このように「言葉がちっともでてこない!」となってしまった時には、次の2点を確認してみましょう。まず1つめ。執筆に必要な下調べはできていますか? たとえば観光地の紹介記事を書くなら、観光地の特徴や有名な建造物、おすすめのグルメ、アクセス方法などの情報を仕入れる必要があります。言葉がでてこないのは、頭に情報が入っていないせいかもしれません。まずは下調べをしましょう。次に2つめ。文章の構成はできていますか?構成とは、つまりは情報の並べ方のこと。構成が決まっていないと、何から書いたらいいのかわからなくなってしまいます。記事でとりあげるべき情報をざっと書き出してみて、「なにから説明すればより読者に伝わりやすくなるのか」を考えながら並び替えてみましょう。

クラウドソーシングではクライアントのニーズを優先しよう!

121-2

ちなみにクラウドソーシングのライティング案件では、クライアントのニーズを優先しながら文を書く必要があります。文章を書くのが好きな人には、少なからず「自分らしい文を書きたい」というニーズがありますよね。しかし、クラウドソーシングの案件には必ず「クライアント」が存在し、クライアントが求める記事のテイストがあります。つまりどんなに面白い文章を書いても、クライアントが希望する記事のテイストとまったく違うものを制作すると、修正を求められる可能性が高くなってしまうでしょう。クライアントが求めているのは、自社コンテンツの読者層の好みに合った記事を制作できるライターです。クラウドソーシングのライティング案件をこなす時は、まずクライアントが希望している記事のテイストと読者層を理解することから始めます。テイストと読者層の把握が終わったら、その枠の範疇で自分らしさがでるように、文章を制作しましょう。

引用元: PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

クラウドソーシングのライティング案件の不安を克服するには?

121-3

「ライティング案件に興味があるけど、自分にできるかどうかわからない」。こんな悩みを抱えている人は、トライアルのある案件の受注からはじめてみましょう。トライアルとは、クライアントがライターの力量を知るために行う「採用試験」です。まずは1記事だけ、という約束で契約し、ライティングの技量に問題がないとクライアントが判断した場合にのみ、継続的な受注ができるようになります。自分のライティングスキルをクライアント自身に判断してもらえるので、不安がある人はまずトライアルから始めてみることをおすすめします。

引用元: PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

クラウドソーシングでライターになろう!

クラウドソーシングのライティング案件をスムーズにこなすコツについてご紹介しました。クラウドソーシングサイトにはさまざまなライティング案件が寄せられているので、案件に慣れれば安定した収入を得ることも可能になります。興味を持たれた方は、これからクラウドソーシングでライター業をはじめてみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」




※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク