【SEO初心者必見!】今からでもまだ間に合う!SEO順位を上げるコンテンツ作りのコツ

Webサイトの検索結果順位は上位であればあるほど多くの人の目に触れる機会が増えるものです。特にサイト利用者数を伸ばしたい場合、SEO対策は重要なポイントといえるでしょう。そこで今回は、初心者でも分かる順位を上げるコンテンツ作りのコツをご紹介します。

初心者必見!SEO順位を上げるコンテンツ作りのコツ

そもそもSEOってなに?

SEOという単語を使っている人でも、その意味をはっきり理解していない人もいるのではないでしょうか。SEOとは「Search Engine Optimization:検索エンジン最適化」の頭文字をとった単語で、検索エンジンで検索した際、自身のWebサイトがより上位の順位になるよう対策することです。どのサイトを上位に表示させるかといったルールは、各検索エンジンの運営会社が独自に作成しており、一般に公開はされていません。しかし、基本的に検索エンジンを使用する人にとって価値のある情報が得られるサイトが上位になるような基準となっています。検索結果の順位が一つ違うことでアクセス数は大きく異なるので、サイト閲覧者を増やしたい場合、充実したコンテンツ作りが重要です。

そもそもSEOってなに?

SEO的に質の低いページを改善しよう

調べたい事柄がある場合、普通は検索エンジンに単語を入力するでしょう。実際にその検索結果を見てみると、検索するために入力した単語に検索結果が対応していることが分かります。例えば「犬」と検索をすると犬の意味や画像、飼い方など「犬」に関する事柄が含まれているWebサイトが表示されます。そのため、「犬」に関するコンテンツが含まれていないサイトは「犬」について情報が欲しい人にとって価値がないサイトであると判断され、検索順位が上がりません。そこで、ユーザーがどんな情報が欲しいのかを見極め、それに応えるような内容を含めたコンテンツを作成していきましょう。

クラウドワークスが約300社のメディア企業を支援するコンテンツライティング一括請負サービスはこちら

長文のコンテンツを作ろう

コンテンツを充実させるために手軽に取り入れられるのが、テキストの作成です。サイト内のテキストが増えればそれだけ情報量も増えるので、サイトとしての価値が高まります。どの程度文字数があれば順位に反映されるかといった明確な基準はありませんが、多くの情報を分かりやすく説明しようとすれば、必然的に長文になります。説明文なら300~800文字、コラムなどを載せるのであれば800~1500文字程度を目安にすると良いでしょう。特に専門性の高い情報を取り扱うサイトの場合、長文のほうが上位になる傾向があるようです。ただし、無理に文字数を多くしようと意味のないテキストを含めたり、日本語として不自然な言い回しなどをしたりしてしまうと、分かりづらく逆に価値の低いサイトとして判断される恐れがあるので注意が必要です。

長文のコンテンツを作ろう

内容の濃いコンテンツを考えよう

コンテンツを充実させるために文字数を増やしていても順位が上がらない場合は、そのコンテンツの内容が薄いことが考えられます。内容の濃さは文字数だけで判断されるわけではないので、長文であっても誰もが知っていて当たり前の情報や古い情報ばかりの場合、価値が低いサイトと判断されてしまうのです。また、コンテンツの読みやすさや見やすさも内容を濃くする上で重要なポイントとなります。テキスト自体は優れた内容であっても、ページ一面に小さな文字ばかりが並んでいるようであれば読みづらく、アクセス数は減少してしまいます。そのため、サイトに載せる情報の性質に合わせて適宜画像や動画を取り入れたり、見出しを作成したりして価値があると感じさせるようにしましょう。コンテンツが完成したら公開する前に必ず目を通す必要があります。誤字脱字や日本語の言い回しはもちろん、自分が読み手であったならこのサイトを見て役に立つと感じるかどうかが主なチェックポイントです。

SEO対策を調べると様々な情報があり難しく感じてしまうかもしれませんが、読み手にとって魅力的なサイトを作成することが自然とSEO対策に繋がります。しかし、常に最新の情報を取り入れたコンテンツをいくつも作成するのは大変なことです。必要に応じてクラウドソーシングを利用して上手にSEO対策を行いましょう。

クラウドワークスが約300社のメディア企業を支援するコンテンツライティング一括請負サービスはこちら

コメントは受け付けていません。