初心者はまずはなにから? - みんなのお仕事相談所 « エンジニア・デザイナーのクラウドソーシング

×
みんなのお仕事相談所
受注者からの相談
フリーランス(デザイナー)の相談

初心者はまずはなにから?

解決済
回答数
2
閲覧回数
36895

初めまして!相談させてください!
クラウドワークス初心者、もっといえばフリーでの仕事がほぼ初心者の場合、
何から始めたらいいのでしょうか?
正直見たところ登録者に対して仕事が少ないと思ったのですが、
自分よりも遥かに実績がある方が沢山いるし、仕事がとれるか不安です・・・。
まずは私は何から始めたら良いのでしょうか?
並べく早めに収入を得たいと思っています。
よろしくお願い致します。

2013年11月27日 12:31

ベストアンサーに選ばれた回答

naviさんからの回答

はじめまして。

私は他のクラウドサービスでは経験を積んでいますが、こちらのCloudWorksへの登録はつい最近です。

まず一番重要なことは、スキル・経験をシッカリ書くことと、本人確認を行うことです。
私は仕事がちょっと立て込んでいるので、まだこちらでは本人確認やプロフィール情報などが出来ていないのですが、それでも最低限のプロフィールを書いているだけで、この3日ほどで仕事の打診が2件ありましたよ。

つまり、相手からのアプローチもあるということです。

その際に判断材料となるのは、プロフィールの充実(仕事内容に関する信頼性)と、本人確認などの人間的信用度・過去の評価などです。
(プロフィール画像を登録することも、思っている以上に信頼性の問題で重要視されています)

評価は仕事をしなければ得点になりませんが、評価を落とさないように振る舞うことも重要です。

プロフィールでは「自分は何が出来る」ということを、出来るだけ具体的にしっかりアピールしましょう。
提示できる作品などがあれば、提示したほうが良いです。

ちなみに私の場合は、スキル以外に作業環境(ウィルス対策や、万が一PCが壊れた時の対応・利用しているソフトやアプリなど)・過去の実績・得意分野・苦手分野なども掲載しています。

その上で、自分が出来る仕事を探して、応募することです。


応募して見積りを送った場合にも、一般的にはかならずプロフィールなどで「相手の信用度」を確認するものです。
二人同等のスキルの人がいたら、プロフィールで信頼できる方を選ぶのが普通です。

このような所に仕事を依頼する人の多くは、「専門業者(外注・下請け業や、デザイン事務所など)に頼むよりも安く、でもそこそこのレベルのものを求めている」人たちばかりです。

ですからアプリ開発など特別なスキルがなければ、コンビニでバイトしたほうが収入が高いケースも多いです。
特にデータ入力や記事作成の場合は、時給500円にもならないような仕事が大変多いです。

でも最初はそういうのを請けながら、実績・評価を積むしか無いかもしれません。


おそらく最初は、見積価格の設定で迷われると思いますが、これはやりながら相場や自分のほしい価格を擦り合わせつつ慣れるしか無いと思います。
基本的には、自分の許容範囲の中で、出来るだけ安く見積もりを出すことで受注の可能性が高まります。

普通より安く済ませたい業者と、少しでも多くの収入がほしい受注者は、歩み寄らなければ受注に至りません。

また見積の際には、最初から出来るだけ細かい条件で提示することもポイントの一つだと思います。

例えば、データ入力の項目が10以下なら@◯◯円・それ以上なら@◯◯円というように。
追加や修正・プラン変更などが2回までは無償だけど、3回めからは追加料金が◯◯円というように。
テープ起こしの音源がCDなどデジタルなら◯◯円の割引など。
HPやチラシの制作で、写真や文章・キャッチコピー等の提供があるなら◯◯万円だけど、そうでないなら◯◯万円で、納期も1週間延長して欲しいなど。

見積は、常に最悪のケースを想定して、そういった場合の価格を最初から提示しておいたほうが揉めません。

少しでも多くの情報や条件を提示し、相手にも疑問点は全て確認しましょう。

急ぎの案件の場合には、必ず「自分が連絡とりやすい時間と、取りにくい時間」を記載し、相手の連絡とりやすい時間を確認しておきましょう。

業者の選び方としては、複数人の募集で既に何人かに発注をしている場合や、過去に発注例がある場合は、発注された人のプロフィールや評価を確認します。
評価やプロフィール画像・プロフィールの書き込みがないような人でもバンバン出している業者は「質より価格重視」ということですから、見積り価格を安くすればだれでも受注できる可能性が高いですが、逆に「気に入らなければ簡単に切って次の人を探す」「突然仕様変更や作業内容が大幅に変わる」「いきなりキャンセルされる」などの可能性も高いです。

同じ人が何度も同じ業者から受注しているような場合は、受注者にとって「付き合いを続けたい良好な発注者」である可能性が高いです。

長期の良好案件が見つからなければ、永遠にその場だけの仕事を探し続けることになります。
よい案件が見つかると良いですね。

2013年11月28日 02:37
相談者からのお礼コメント

細かなところまでありがとうございます!!
とても参考になりました!
小さなことから積み重ねていこうと思います。

2013年11月30日 15:32

すべての回答

ゆったんママさんからの回答

まずは初心者向けのスキル不問から応募してみたらどうでしょうか?

確かに経験も評価も無いと不安ですよね

私は最初にプロフィールなどすべてをきちんと書きました。自己紹介には仕事の経歴なども書いていました

そして応募する時には、こちらでは初心者ですが、●●の経験があります。などアピールしましたよ

最初は少ない単価かもしれませんが、徐々に企業側からのスカウトなどで仕事も増えていきます。ここでは積み重ねていくことによって信頼が増えるようです

2013年11月27日 22:42
naviさんからの回答

はじめまして。

私は他のクラウドサービスでは経験を積んでいますが、こちらのCloudWorksへの登録はつい最近です。

まず一番重要なことは、スキル・経験をシッカリ書くことと、本人確認を行うことです。
私は仕事がちょっと立て込んでいるので、まだこちらでは本人確認やプロフィール情報などが出来ていないのですが、それでも最低限のプロフィールを書いているだけで、この3日ほどで仕事の打診が2件ありましたよ。

つまり、相手からのアプローチもあるということです。

その際に判断材料となるのは、プロフィールの充実(仕事内容に関する信頼性)と、本人確認などの人間的信用度・過去の評価などです。
(プロフィール画像を登録することも、思っている以上に信頼性の問題で重要視されています)

評価は仕事をしなければ得点になりませんが、評価を落とさないように振る舞うことも重要です。

プロフィールでは「自分は何が出来る」ということを、出来るだけ具体的にしっかりアピールしましょう。
提示できる作品などがあれば、提示したほうが良いです。

ちなみに私の場合は、スキル以外に作業環境(ウィルス対策や、万が一PCが壊れた時の対応・利用しているソフトやアプリなど)・過去の実績・得意分野・苦手分野なども掲載しています。

その上で、自分が出来る仕事を探して、応募することです。


応募して見積りを送った場合にも、一般的にはかならずプロフィールなどで「相手の信用度」を確認するものです。
二人同等のスキルの人がいたら、プロフィールで信頼できる方を選ぶのが普通です。

このような所に仕事を依頼する人の多くは、「専門業者(外注・下請け業や、デザイン事務所など)に頼むよりも安く、でもそこそこのレベルのものを求めている」人たちばかりです。

ですからアプリ開発など特別なスキルがなければ、コンビニでバイトしたほうが収入が高いケースも多いです。
特にデータ入力や記事作成の場合は、時給500円にもならないような仕事が大変多いです。

でも最初はそういうのを請けながら、実績・評価を積むしか無いかもしれません。


おそらく最初は、見積価格の設定で迷われると思いますが、これはやりながら相場や自分のほしい価格を擦り合わせつつ慣れるしか無いと思います。
基本的には、自分の許容範囲の中で、出来るだけ安く見積もりを出すことで受注の可能性が高まります。

普通より安く済ませたい業者と、少しでも多くの収入がほしい受注者は、歩み寄らなければ受注に至りません。

また見積の際には、最初から出来るだけ細かい条件で提示することもポイントの一つだと思います。

例えば、データ入力の項目が10以下なら@◯◯円・それ以上なら@◯◯円というように。
追加や修正・プラン変更などが2回までは無償だけど、3回めからは追加料金が◯◯円というように。
テープ起こしの音源がCDなどデジタルなら◯◯円の割引など。
HPやチラシの制作で、写真や文章・キャッチコピー等の提供があるなら◯◯万円だけど、そうでないなら◯◯万円で、納期も1週間延長して欲しいなど。

見積は、常に最悪のケースを想定して、そういった場合の価格を最初から提示しておいたほうが揉めません。

少しでも多くの情報や条件を提示し、相手にも疑問点は全て確認しましょう。

急ぎの案件の場合には、必ず「自分が連絡とりやすい時間と、取りにくい時間」を記載し、相手の連絡とりやすい時間を確認しておきましょう。

業者の選び方としては、複数人の募集で既に何人かに発注をしている場合や、過去に発注例がある場合は、発注された人のプロフィールや評価を確認します。
評価やプロフィール画像・プロフィールの書き込みがないような人でもバンバン出している業者は「質より価格重視」ということですから、見積り価格を安くすればだれでも受注できる可能性が高いですが、逆に「気に入らなければ簡単に切って次の人を探す」「突然仕様変更や作業内容が大幅に変わる」「いきなりキャンセルされる」などの可能性も高いです。

同じ人が何度も同じ業者から受注しているような場合は、受注者にとって「付き合いを続けたい良好な発注者」である可能性が高いです。

長期の良好案件が見つからなければ、永遠にその場だけの仕事を探し続けることになります。
よい案件が見つかると良いですね。

2013年11月28日 02:37
ご意見箱

× 今後表示しない