業務効率化
2019.02.05
Pocket

マーケターとは?必要なスキルや素養、資格などを徹底解説!

昨今の消費者ニーズの多様化により、マーケティングを重視する企業がほとんどとなりました。マーケティングの専門家であるマーケターを採用したり、営業マンでもマーケティング知識が求められたりしています。ここでは、マーケターの仕事内容や必要なスキル、取得しておいた方が有利な資格の情報も含めてご紹介します。

マーケターとは?

商品が売れる仕組みを作る人

そもそもマーケティングとは、マーケティングの神様コトラーによると、「人間や社会のニーズを見極めてそれに応えること」であり、そのニーズを見極める「調査・分析」や、「ニーズに合う商品・事業の開発」、それを効果的に伝える「広告・宣伝」、効率よく販売する「流通・プロモーション」など、物やサービスが「売れる仕組みをつくる」ことを指します。

マーケターとは、マーケティング業務を行う人のことですが、所属する企業や部署、業種によっても、その業務内容は多様です。情報収集・市場調査・分析のみを行うマーケティング部門もあれば、そこから商品・サービスを開発したり、ターゲット設定や市場にローンチする際の販促計画、流通戦略設定までも包括的にディレクションしたりする、ブレーン的な立場となる場合もあります。

戦略・戦術設計から実行までを行う

上記のように、所属する場や立場によってマーケターの仕事は異なりますが、広告・販促や流通など、物やサービスを売る仕組みの戦略・戦術を作るだけではなく、多くは実行までも管理するのが業務範囲となります。計画して実行、それを評価・反省し、次期戦略に結びつけるという、いわゆるPDCAを回していくのもマーケターの重要な仕事です。

webマーケターとは? 

web上でのマーケティングをする人

webマーケターとは、マーケティングの業務をweb上で行い、web上で商品やサービスを売る仕組みを作る担当者のことです。インターネット社会では、Eコマースの隆盛による販路の変化や、一般消費者同士のSNSによる情報拡散が盛んになり、web上でのマーケティング戦略の構築が非常に重要視されています。

そのため、webマーケターは、webの特性をマーケティング分野に応用することにより、企業の利益確保への貢献が求められます。

webサイトへの集客を目指す

個人のSNSで拡散された情報が企業発信の情報より信用される現代では、自社商品やサービスを紹介するサイトにいかに集客し、何度も訪問させるかというコンテンツマーケティングが主流です。webマーケターの仕事は、この「サイトへの集客と販売につなげる」ことが重要なミッションであり、そのために下記のような施策の知識を有し、それらを運用していくスキルが求められます。

  • SEO対策(検索エンジン最適化)/LPO(ランディングページ最適化)
  • リスティング、アドネットワーク、リターゲティングなどの広告配信
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • コンテンツマーケティング 

   

マーケターに必要なスキルや素養とは?

webマーケターに限らず、すべてのマーケターに必要なスキルは、下記のようなものが挙げられます。

市場の動向を見抜く力

市場の動きを把握でき、変化の兆しを敏感にキャッチして未来予測ができる力。日頃からあらゆる分野にアンテナを張り、情報収集することを心がけましょう。

情報を分析する力

集めた情報を分析し、目標達成のために誰もが理解できるよう言語化や資料作成ができる能力。必要な情報の取捨選択と、どう活用するかの想像力を働かせます。

ユーザーを理解する力

主に自社商品やサービスのターゲットとなるユーザーの属性や、認知・購入経路、アプローチ法などを分析・理解する力。ペルソナの設定などに必要なスキルです。

企画を立てる力

マーケターの仕事である「売れる仕組み」づくりにおいて、その全体のストーリーを企画・構成する力が必要となります。全体を俯瞰して組み立てることが重要です。

仮説を立て価値を創造する力

調査や分析、ストーリー構成をする際に重要なのが「仮説づくり」。「ターゲットにこのようにアプローチしたらこうなるだろう」などの仮説を立てて、新たな価値を想定しておき、それを検証し改善を繰り返すことで、より高い効果をうみ出します。

コミュニケーション能力

マーケターは、社内外のあらゆるセクションや立場の人と関わる機会が多いため、コミュニケーション力や調整力が必要です。プロジェクトの潤滑油的な役割を担うこともあります。

webマーケターに必要なスキルや素養とは?


webマーケターは前述したスキルの他に、以下のような能力も求められます。

アクセス解析能力

自社のサイトにどれだけの人がアクセスし、どう遷移したかなどの情報を解析するアクセス解析力は、webマーケターにとって最低限必要な能力となります。

webサイトを構築できる能力

 
サイトへの集客はもちろん、サイトを魅力的に仕上げ、顧客や見込み客が何度も訪れ拡散したくなる、商品を購入したくなるようなサイト構築力も大切です。

マーケターが取得すべき資格は?

マーケターになりたい、ないしは、仕事で必要なマーケティングスキルを身につけたい場合は、以下の資格を取得しておくとよいでしょう。また、資格を保有していることはクライアントに対する信用度の向上にも有効です。

マーケティング検定

「マーケティング検定」は、日本マーケティング協会が認定するマーケティングの基礎を学ぶことができる検定。マーケティング初心者ないしは、自分のスキルを確認したい人向けの資格検定です。2017年にできたばかりの新しい資格で、現状では3級のみですが、近く2級・1級も設定される予定です。

webアナリスト検定

「webアナリスト検定」は、webアナリストとしてデータ分析や提案をするための基礎知識を学ぶことができる資格です。Google Analytics(アナリティクス)を使った解析法や、サイトへの集約・流入・回遊・コンバージョンなど、実践で使う基礎知識が身につきます。専用テキストで5時間の講座を受講後に試験を受ける流れで、8割が合格するとされています。

Google AdWords認定資格

Google AdWordsの基本設定のほか、あらゆる広告サービスの効果的な出稿や分析方法などを学ぶことができ、Google Partnersに登録していれば、そのサービスの一環として無料で利用できます。Google AdWordsの考え方を学ぶ基本科目1種と、広告手法や分析手法を学ぶ選択科目5種の中から1種を選び、計2種で合格しなければなりません。

まとめ

昨今ますます求められるようになったマーケティングの考え方。マーケティング業務をこなせるマーケターはもちろん、特にwebマーケターは、今後もますます需要が高まると考えられます。

マーケターの業務範囲は広く、専門知識やスキルも必要な仕事ですが、自分が立てた戦略が奏功して物やサービスが大ヒットした時は、その喜びもひとしおです。責任重大なポジションとは言え、やりがいも大きな仕事と言えます。

Pocket


coolporaris
広告代理店でマーケティングやストラティジックプランナー、ライター等を長年担当。専門は統合マーケティングコミュニケーションで、リサーチ実施・分析及びWEBも含めたトータルコミュニケーションプランやの構築やブランディングを得意とする。WEBマーケティング経験も多数。

コメントは受け付けていません。