外注ノウハウ

公開日: 2022.01.11 / 最終更新日: 2022.02.25

【2022年】SNS運用代行の料金相場!おすすめの代行先も紹介

近年、SNSアカウントを開設する企業が増えています。企業としてSNS運用の成果が出にくい場合や何らかの課題を抱えている場合、SNS運用代行を外部へ依頼する方法もあります。今回は、SNS運用代行を依頼するメリットや費用相場、おすすめの依頼先などを紹介します。

SNS運用代行とは?

SNS運用代行とは、アカウント所有者(企業など)に代わってTwitter・Facebook・InstagramなどのSNSを運用するサービスのことです。SNSに関連するさまざまな業務(SNSへの投稿、投稿の反響・効果の分析、投稿内容の企画、結果レポート作成など)を依頼でき、アカウント所有者の知名度向上、フォロワー獲得などの効果が期待できます。

SNS運用代行にかかる費用と相場金額

まずは、SNS運用代行にかかる費用の種類や相場金額を紹介します。

アカウント開設費用

企業の公式SNSアカウントが開設されていない場合、アカウント開設から依頼することになります。すでにアカウントがある場合・企業側で対応できる場合であれば開設費用はかかりません。

【相場金額】
・アカウントの開設費用(初期設定+管理費込み):5万円前後

アカウント開設費用に含まれる作業内容として、SNSの初期設定、利用規約・掲載基準の作成、ユーザーコメントへの問答集作成、ソーシャルメディアポリシーの作成などが挙げられます。

記事作成・入稿費用

記事作成・入稿費用は、SNSに投稿する素材(文章・画像・動画など)の作成や投稿にかかる費用です。作成と投稿をまとめて代行会社に依頼することもできますが、素材や記事は社内で用意し、入稿作業のみを発注することも可能です。

【相場金額】※投稿1回あたりの目安費用(月数回程度の投稿を想定)
・記事作成費用:5,000円前後
・入稿費用:3,000円前後

記事作成・入稿費用の金額は、投稿頻度や作成記事のボリューム、用意する素材の数などによって変動し、投稿数が多いほど1回あたりの記事作成費用は高く・入稿費用は安くなる傾向にあります。
不定期のキャンペーンなどをSNS上で実施したい場合は、企画の作成・入稿・応募やコメントの管理を一貫して任せられるケースもあり、その際の費用は約5~10万円が相場です。

コメント返信・管理費用

コメント返信・管理費用は、フォロワーから寄せられたコメントの返信・管理にかかる費用です。

【相場金額】
・コメントの返信&管理費用:3~5万円

企業イメージを損なわないよう、返信の内容や文体、優先度、コメントの管理方法などについて代行会社の担当者と認識を合わせておく必要があります。
また、コメントの種類(感想・相談・クレーム・問い合わせなど)によって臨機応変に対応しなければならないため、コメントへの問答集やテンプレートを事前作成するケースもあります。

広告運用費用

SNSに広告を掲載する場合、広告運用費用が必要です。広告運用費用の内訳は、初期費用・広告費用(広告掲載費用)・手数料などであり、初期費用は無料としているケースもあります。広告費用(各SNSに支払う広告掲載費用の実費)は、プロジェクトの予算規模に応じた金額になることが多く、手数料は広告費用の20%が目安です。

【相場金額】
・広告運用費用:3~10万円

SNS運用代行会社の料金プランに広告運用費用が含まれているケースは少なく、多くはオプションとして用意されているため注意しましょう。

分析・レポート作成費用

SNSへ投稿した記事や動画の効果分析、レポート作成などにかかるのが分析・レポート作成費用です。どんな投稿がフォロワーから支持されたか・どんな投稿にコメントが多かったかなどのデータを分析し、今後のSNS運用に活用します。

【相場金額】
・効果分析&レポート作成費用:1~3万円

特に企業アカウントを運用する場合、効果分析やレポート作成は欠かせない業務といえます。分析・レポート作成費用は代行会社の料金プランに含まれているケースが一般的ですが、分析の方法やレポートの精度などによって料金が変動する場合もあるため、事前に確認を行いましょう。

SNS運用代行を依頼するメリット

企業アカウントを開設したSNSの運用は自社内で対応することも可能ですが、運用代行を依頼すると以下のようなメリットがあります。

成果につながりやすい

SNS運用のノウハウを持っている代行会社へ依頼すれば、企業アカウントの効果的な運用が期待でき、知名度向上・フォロワー数増加などの成果につながりやすくなります。ターゲット層に適した記事の作成・キャンペーンの企画などを通じて、企業のイメージアップ、商品のPRなどを行うこともできます。

時間・リソースを他の業務に使える

SNS運用を自社内で対応すると、記事の作成や投稿、コメントへの返信などに時間とリソースを割かなければなりません。
その点、代行会社へ依頼すれば、定期的な連絡や状況確認を行うだけでSNS運用ができます。社内でSNS運用に充てていた時間・リソースを他の業務に回せるため、本来行うべき業務・売上拡大につながる業務(コア業務)などを充実させることができます。

安定した運用ができる

SNSを運用する際は、良質な投稿を定期的に行うことが重要です。自社内で対応すると、担当者の異動や休暇で更新が不定期になったり、フォロワーが求める方向性と異なる内容になったりする可能性があり、投稿のクオリティや頻度を維持することが難しい場合があります。
代行会社へ依頼すると、投稿の質や更新頻度の維持、コメントへの迅速な返信など、安定的な運用ができるようになります。

リスク回避がしやすい

SNSの運用において、投稿の炎上(批判的なコメントが多数投稿されること)や、その他のトラブルに巻き込まれるケースは少なくありません。そのような際、炎上やトラブル対策のノウハウがないと企業のイメージ低下を招くリスクがあります。
代行会社には炎上やトラブルへ速やかに対処するノウハウがあり、ネガティブコメントの監視も行ってくれます。そのため、運用代行の依頼によってリスク回避がしやすくなる点もメリットといえます。

おすすめのSNS運用代行会社・サービス

ここでは、おすすめのSNS運用代行会社やサービスについて、それぞれの特徴や料金の目安などを紹介します。

Social Media Lab

株式会社ガイアックスが運営するSocial Media Labは、ソーシャルメディアのプロによるSNSのアカウント運用代行サービスです。企業アカウントの運用実績が500社以上もあり、SNS運用に関連する業務(キャンペーンの企画・SNS上での⼝コミ増加施策・広告出稿など)を一貫して任せることができます。
運用結果をまとめた月次レポートをもとに改善案を提示してくれるため、現状より効果的なSNS運用を目指すことができます。また、24時間365日の監視体制が整っているため、炎上やトラブルのリスクを低減しやすい点も強みです。

なお、料金の詳細は公開していないため、事前に問い合わせ・見積もり請求を行う必要があります。

BEASTAR株式会社

BEASTAR株式会社は、Twitter・Instagramの運用代行や、YouTube活用のコンサルティングなどを主な事業とする会社です。SNS運用の実績が豊富にあり、ソーシャルマーケティングの戦略立案なども相談できるため、目的に合ったプランを提案してもらえます。
また、SNSでPRしたい商品・サービスに適したインフルエンサー(学生・主婦・モデル・芸能人など)をキャスティングするサービスも提供しており、各種口コミ(商品サンプルの使用感、イベント参加の感想など)の作成や、投稿画像の撮影などを依頼することも可能です。

【SNS運用代行料金の目安】
・Twitter:月額5~15万円
・Instagram:月額5~35万円

GROVE株式会社

GROVE株式会社はSNSの運用代行サポートにくわえて、SNSマーケティング・SNS運用に関するコンサルティングなども請け負う会社です。
SNS(Twitter・Instagram・YouTube・TikTokなど)で活躍するインフルエンサーが所属するプロダクションを有しており、各インフルエンサーを活用したプロモーション活動も展開しています。特に、美容・アパレル・コスメなどのジャンルにおけるSNS活用実績が豊富です。

料金の詳細は公開していないため、事前に問い合わせ・見積もり請求を行ってください。

MARQS株式会社

MARQS株式会社は、ホームページの制作や広告運用などを手掛ける会社です。通常のSNS運用代行にくわえ、SNSと連動したキャンペーンの企画立案や、キャンペーン当選者への連絡・商品の配送などをオプションとして依頼することも可能です。
SNSの種類や、代行・サポートを依頼したい範囲に応じた料金プランが複数用意されており、HPから問い合わせ・見積もりを行うこともできます。

【料金の目安】
・Twitterユーザー交流プラン:月額21万円~(運用代行、コメント返信、ユーザーとのコミュニケーションなどを含むプラン)
・Instagram運用代行プラン:月額3万円~(週1回からInstagramの運用代行を行ってくれるプラン)
・Facebook運用代行プラン:月額5万円~(facebookを使ってBtoBやブランディング構築を目指したい企業向けのプラン)

FIIGS

株式会社Tenmuが運営するFIIGSは、Instagram専門の運用代行サービスです。ユーザーの反響にもとづく分析によって、ハッシュタグの付け方や投稿の内容、投稿を行うタイミングなどをアドバイスしてもらうことができます。
Instagram運用の具体的な改善案をまとめたレポート作成を依頼することもできるため、中長期的な契約に向いています。

【料金の目安】
・Instagram運用代行:月額79,800円~(各種分析・月次定例会などを含むプラン)

株式会社リプカ

株式会社リプカは、Instagramの企業アカウント運用代行を請け負う会社です。企業の利用実績が多数あり、Instagramの社内運用サポートから完全運用代行まで、需要に応じた依頼が可能です。
投稿記事の作成や分析レポートの作成にくわえ、カバー画像やハッシュタグの選定、ストーリーズの投稿、アカウントパトロールなど、Instagram運用に関するさまざまな作業にも対応しています。

【料金の目安】
・BUSINESSプラン:月額33万円〜(企業の公式Instagramアカウントの運用代行、分析、レポート作成などを含むプラン)

クラウドワークス

SNS運用代行の依頼先として、クラウドソーシング(インターネット上で仕事を依頼したい人・受注したい人をマッチングするサービス)を利用することもできます

なかでも日本最大級の「クラウドワークス」は登録ワーカー数が400万人を超えており、SNS運用代行の実績が豊富な人材や、フォロワーを増やすノウハウを有する人材を探せます。

SNS運用代行を依頼できるワーカーを今すぐチェックする

記事作成を得意とするライターや画像編集のプロなども登録しているため、記事作成のみ外注したい・入稿画像の撮影や編集のみを継続的に依頼したい・コメントの返信作業だけ依頼したいなど、SNS運用の関連作業を部分的に依頼することも可能です。

SNS運用代行会社に依頼するよりも低コストで発注でき、人材の検索や募集は無料で行えます。

【料金の目安】
・月額1~3万円
・時間単価の場合:時給1,500~3,000円

クラウドワークスの使い方や事例、発注相場がわかる資料をダウンロードする



伊藤孝介
セールスプロモーション会社を経て独立し、フリーランスで地方自治体や中小企業のマーケティングリサーチ、販促企画などに携わる。 業務拡大のため2017年に合同会社を設立し、現在経営中。 マーケティング系ライター歴5年。マーケティング用語の解説や、事例紹介、WEBマーケティングなどが得意。

コメントは受け付けていません。