マーケティング
2016.03.11
Pocket

SEO対策で上位表示するには?ライティングで成果を出す方法を解説

SEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字で、検索エンジン最適化と訳されます。「SEO対策」とは検索エンジンにて、あるキーワードを検索した際に、上位に表示させて広告効果を図るための対策のことです。

今回はそんなSEO対策で効果的なWebライティングにおいて、成果を出す方法をご紹介します。

Webライティングとは?

そもそもWebライティングの定義とはなんでしょうか。単純にWeb上に掲載される記事のことではありません。

Webライティングとは設定したキーワード、もしくはキーワードを含む文言を検索エンジンで検索した際に、検索上位に表示され、さらにユーザーにとって有益な情報が含まれている記事のことを指します。

現在は、インターネット上で「検索上位表示効果がある」「広告効果がある」「閲覧者(ユーザー)にとって役立つ」コンテンツをつくることをWebライティングと総称している場合がほとんどです。

そのようなコンテンツを作るためには、タイトルにSEOキーワードが含まれていること、ユーザーが当初の検索目的以上の関心をもって思わずクリックしたくなるような伝わりやすいタイトルであること、目的となる情報が含まれていることなどの条件が整っている必要があります。

タイトルにSEOキーワードを入れよう

「Webライティングとは何か」を把握した上で、SEO対策のためのコンテンツを作るのに最も重要かつ基本的なポイントは、タイトルにSEOキーワードを入れることです。

WebライティングではSEOキーワードを入れたタイトルを考案することが肝となります。コンテンツそのものの内容がどんなに良くても、タイトルにキーワードが入っていないとSEO対策で上位表示は難しいでしょう。

ターゲットとなる文言、検索回数が多いと見込まれるキーワードを効果的にタイトルに入れることが上位表示の秘訣といえます。

コンテンツを作ったらチェックと校正をしよう

コンテンツを作ったらチェックと校正をしましょう。SEO対策のキーワードが不自然に組み込まれていないか、誤字や脱字がないかの確認は重要なポイントとなります。

SEO対策を意識するあまりにキーワードの回数が多すぎる、逆に少なすぎてSEOにおいて検索上位にならないようなコンテンツでは意味がありません。

不自然にならない形で効果的にキーワードを盛り込まれていること、検索上位に表示され、何気なくクリックした閲覧者が思わず引き込まれ、必要としている内容が含まれていること、誤字や脱字がなく、信頼感を与えるコンテンツであるかを確認する必要があります。

Webライティングにおいてチェックと校正は欠かせない作業といえます。絶対に怠らないようにしてください。

検索上位になるために「役立つコンテンツ」を作ろう

まず、役立つコンテンツとはなんでしょうか。例えば、企業にとっては検索上位に表示され、広告効果を図ることができるコンテンツを思い浮かべるでしょう。

しかし、せっかく上位表示されていても閲覧者の目に留まり、興味を持ってもらえなければ広告効果はなく、「役立つコンテンツ」とはいえません。

そのためには閲覧者にとって有益であり、興味を惹かれる内容が盛り込まれていることが必須となります。検索の目的となる文言が含まれたうえで、閲覧者がクリックしたくなるタイトルと、利用したくなる内容が含まれているのが「役立つコンテンツ」といえます。そんな有益なコンテンツを作ることが検索上位になるための秘訣です。

まとめ

このように、SEOキーワードをタイトルに入れた閲覧者に役立つコンテンツを作る「Webライティング」でSEO対策において成果を出すことができます。

そのためにも、ユーザーがキーワードを検索した際に上位に表示され、検索動機以上に興味を惹かれ、思わず読みたくなるようなタイトルと有益な内容が盛り込まれたコンテンツを作ることが大切です。

Pocket


コメントは受け付けていません。