クラウドソーシングで良い仕事を受注するためにやっておきたいこと

クラウドソーシングトップに戻る

はじめに

今時の主婦の中には、【クラウドソーシングサービス】を利用することで、家事と仕事を両立させている人が多く存在します。
彼女達は、家を守るため、家計を支えるためにフリーランスの仕事をしているのですが、クラウドソーシングサービスを上手に利用し、良い仕事を受注していくためには、ある程度のコツや、やっておくべきことが存在するのです。

では、そのコツとはなんなのか?この記事では、そんなクラウドソーシングのコツをご紹介します。

その1:プロフィールはちゃんと書いていますか?

クラウドワークスなどのサイトは、詳細な【プロフィールページ】を作れるようになっています。
プロフィールページには、名前や学歴などの基本的な情報を掲載することもできますが、何よりも大事なのは【自分のアピールポイントを書き添える】ということです。

プロフィールページにきちんと自分のアピールポイントを書き添えておけば、それを必ずクライアントが見てくれます。ですのでプロフィールページには必ず、自分の実績を書き添えておきましょう。

その2:過去の仕事実績はアピールできていますか?

受注者側として仕事を続けていると、どうしても盲目的になりがちなのですが、クライアントにはクライアントの目線があり、発注者の見ている点と、受注者が見ている点は違います。

では発注者側は何を見ているかというと、その人のやる気や意思表明などはほとんど見ていません。
発注者側が見てるのはあくまでも、【経歴】と【実績】なのです。

発注者は常にリアルな目線でこちらを見てくるものなので、言葉で語るよりもまず、実績を一つでも多く作るようにしましょう。

その3:保有資格は書き忘れていませんか?

「クラウドソーシングの世界では、資格はほとんど役に立たない」と思ってる方も多いようなのですが、資格というのは意外と見られています。
英検でも漢検でも構いませんし、お遊び感覚で取った資格でも構いません。
そういった資格を一つでも多く書き連ねておけば、それに関する案件を抱えた発注者が「この人になら任せられる」と、スカウトメールを送ってきてくれるのです。

保有資格は一つ残らず書きましょう
もしかするとそれが大きな仕事を引っ張って来てくれるかもしれません。

まとめ

フリーランスの業界では、発注者と受注者が顔を一回も合わせないまま仕事が完了するので、発注者側は常に信頼できる受注者を探しています。
さらに言うと、受注者側は常に疑われ続けることになるので、どうにかして「わたしは信頼できる人間ですよ」ということをアピールしなければならないのです。
信頼できる人間であるということをアピールするには、実績を示すことが一番有効です。
実績が浅い方はとにかくまず、実績を増やすことを念頭におきましょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク