クラウドワーキングの事例

クラウドソーシングトップに戻る

はじめに


自分なりの働き方ができるクラウドワーキング。すでに多くのワーカーが、クラウドワーキングをはじめています。クラウドワーキングは、従来の働き方と何が違うのでしょうか。そして、どのようなメリットがあるのでしょうか。実際の事例を見ながら、クラウドワーキングを検証してみたいと思います。
引用元:写真素材 足成

事故がきっかけで、フリーに転身

webディレクターとしてクラウドワーキングを行っている女性は、事故のむち打ちがきっかけでフリーに転身しました。事故による体の痛みで通勤やオフィス勤務が難しくなり転職しましたが、そこも数ヶ月で退職。そして選んだのがクラウドワーキングという働き方だった、とのことです。通常の勤務形態では、満員電車での通勤や勤務時間拘束などがついて回ります。しかし、クラウドワーキングならば、自宅やカフェなど、自分の居心地の良いところがそのままオフィスとなります。さらに、結婚や子育てといった環境の変化も、働き方を自在に変形できるクラウドワーキングなら、問題なく対応できます。また、フリーとして活動することで、クライアントとの密な関係も作り上げることができます。クラウドワーキングでは、いつでも対応できるフットワークの軽さも兼ね備えているからです。実績を積み重ねていけば、より大きな仕事を請け負うことも可能です。ライフスタイルを大切にしながらチャレンジもしていける、クラウドワーキングの大きなメリットといえるでしょう。

多人数での開発案件もネット上で完結

会社としてクラウドワーキングを行っているワーカーグループもいます。5人で立ち上げた会社の受注を、クラウドワークスなどのサイトを使って探しています。アプリの制作などを行っているグループですが、クライアントと顔を合わせずに、オンライン上の管理ツールを活用して業務を完了しています。開発段階ではメンバー以外の関係者が複数いたそうですが、トラブルなく円滑に仕事ができたといいます。これは、クラウドワーキングの大きな可能性を示唆しています。従来型の対面によって築く信頼関係を、ネット上でも実現できるということです。また、交通費をかけて遠距離の仕事を取ってくるという、時間と経費の無駄を省くことが可能です。つまり、仕事はネット上で探し出し、コミュニケーションもネットを使い、成果物もネット上で引き渡す時代になったのです。このように、クラウドワーキングに対する意識は、今や発注者・受注者ともに、大きく変革しているのです。

おわりに


引用元:写真素材 足成
クラウドワーキングでは、それを行う人やグループによって、千差万別の働き方ができます。従来の価値観にとらわれない新しい働き方をすることで、よりよいライフスタイルや仕事に出会うことが可能です。「新しい」を発見できる、それがクラウドワーキングの姿なのでしょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク