外注ノウハウ

公開日: 2020.08.25 / 最終更新日: 2022.03.18

記事制作の外注手段・費用を総まとめ!効果的な外注のポイントは?

Webマーケティングで効果を上げている企業は、自社のホームページやオウンドメディア、メルマガ、SNS投稿などの記事制作を外注していることが少なくありません。記事制作は外注先によって費用の算出方法や相場が異なります。そこで、外注先の種類や依頼先ごとの相場などを詳しく説明します。

記事制作に役立つサービスは?
クラウドソーシングならWEB上で気軽にプロに依頼できます。利用企業の声やサービス利用の流れはこちらです。▶クラウドソーシングの利用企業500社から聞いた調査結果を大公開

記事制作を外注すべきケースとは?

まずは、記事制作の外注により効果が得られるケースを整理していきます。

記事の本数・作成スピードを重視する場合

自社コンテンツに多くのユーザーを呼び込んでファンを増やすには、同じユーザーが何度か見に来たとしても満足できるほどのボリュームになっていることが欠かせません。そのボリュームを増やすときに重要なのが、記事本数を増やすこと、作成スピードの速さを意識することです。このような場合、記事制作を量産できる外注先に依頼すると、スピーディに自社コンテンツを充実させることができます。

SEOやコンテンツマーケティングを意識したい場合

Webマーケティングで効果を上げるには、SEOやコンテンツマーケティングを意識したコンテンツ制作が必要です。しかし、社内にこれらのスキルや経験をもつ社員がいない場合、実績をもつプロに外注したほうが効果的な記事制作につながることもあります。検索エンジンでSEO記事が上位表示されるには半年~1年ほどかかることもあります。経験がない・やり方がわからないところからスタートするとさらに時間がかかってしまうこともあるため、効率よく上位表示させたい場合にも外注は有効です。

自社にリソースが不足している場合

SEOやコンテンツマーケティングなどのように戦略を立てる部分だけでなく、時間的・能力的にも記事制作を任せられる人的リソースがないということがあります。このようなコンテンツの制作に関しても、外注することで記事制作に人員を充てる必要がなくなるうえ、SEO対策などが網羅された質の高い記事を揃えることができます。

社員をコア業務に注力させたい場合

一貫性のあるコンテンツ制作のためにはWeb担当者を決めておくことがおすすめです。しかし、Webまわりの業務だけでなくほかのコア業務も同時に進めていかなければならない場合、記事制作まで任せるとなると業務の負担や労働時間が増えることにつながり兼ねません。このような場合にも外注が有効です。

記事制作を外注する手段は?

次に、記事制作を外注する3つの手段について解説していきます。

アルバイトや個人に依頼

1つ目は、記事制作のスキルに長けたアルバイトを雇用したりフリーランスなどの個人に依頼したりする方法です。人材の選定を含め採用まわりの業務が増えるものの、良い人材が見つかれば自社のニーズに合った記事制作を任せられます。ただし、経歴やそれに伴う実力は人それぞれのため、今までの受注実績・納品実績などを確認しておくことが重要です。

専門の代行会社に依頼

2つ目は、記事制作専門の代行会社に依頼する方法です。自社ニーズを汲み取った高品質なコンテンツが期待できるうえ、検索エンジンの上位表示や、それに伴うユーザーの流入数の増加なども期待できます。

クラウドソーシングやオンラインアシスタントで依頼

3つ目は、プロのフリーランスや個人が登録するクラウドソーシングサービスで依頼することです。登録者は多数いるため人選の必要はあるものの、制作依頼から報酬の支払いまでの全プロセスをプラットフォーム上で完結できるのが強みです。スピード感をもってコンテンツを増やしたい、難易度の高い・専門性の高いコンテンツは不要であるため代行会社に依頼するまでもない、代行会社に依頼するよりもコストを抑えたいなどの企業におすすめな依頼方法です。

また、クラウドソーシングと似たサービスとしてオンラインアシスタントがあります。オンラインアシスタントは運営側がニーズに合う人材をマッチングしてくれることが特徴で、クラウドソーシングに比べて人選にかかる時間が発生しないため、さらにスピード感を持って記事制作ができます。

記事制作の外注にかかる費用の種類・算出方法

記事制作の外注にかかるコストの内訳、費用の算出方法を詳しく説明します。

文字単価と記事単価

記事制作にかかる費用を算出するやり方として「文字単価」と「記事単価」の2種類に分かれます。文字単価とは1文字あたりの金額を指定して依頼する算出方法となり、たとえば1文字1円で3,250文字の記事であった場合、3,250文字×1円=3,250円が制作にかかる費用ということです。一方、記事単価とは文字数に関係ない算出方法となり、結果として2,000文字の記事であっても5,000文字の記事であっても、1記事3,000円として決めていれば制作にかかる費用としては3,000円のみです。

オプション費用

制作する記事の内容によっては、オプション費用が別途で必要になる場合があります。インタビュー記事ならば取材費用、サイトの立ち上げから依頼するならばサイト構築費用が発生します。このようなオプション費用は外注先によって料金設定や種類が異なるため、事前に確認することをおすすめします。

記事制作を外注する費用の相場は?

記事制作の代行を依頼する場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。外注先別の費用相場について解説します。

個人に依頼する場合

個人やフリーランスとして活動するプロライターに依頼する場合、制作を得意とする分野やそれまでの実績によっても異なるため一概には言えませんが、独立したばかりのプロライターの中には1文字1円から依頼を受けているケースもあります。なお、繰り返しになりますが、サイト構築費用やアフィリエイト管理費用などのオプション費用が上乗せされるケースもあるため、契約前には見積もりを取ることがおすすめです。

代行会社に依頼する場合

代行会社の費用相場は1文字1~10円程度と幅広く、SEOを重視した記事や専門的な知識を必要とする記事は文字単価が高くなる傾向にあります。平均的にみても1文字3~5円程度がひとつのボーダーラインと言えます。個人への依頼と同様、代行会社でもオプション費用がかかるケースがあるため、オプションとして発生するものは事前に確認をしておくようにしましょう。

クラウドソーシングサービスで依頼する場合

クラウドソーシングサービスを通して外注する場合、費用相場としては1文字0.5~5円程度です。詳細なリサーチやSEOなどの専門知識を要する記事制作の場合、1文字1.5~3円程度がひとつの目安となります。なお、これらのサービスは基本的には希望条件にマッチした人材を探し出せる上、プラットフォーム上でやりとりできるため、柔軟な依頼が可能です。制作本数や制作の方針が途中で変わる可能性があっても、問題なくそのまま依頼できることが少なくありません。

オンラインアシスタントサービスを通して外注する場合、基本的には最短1か月~年単位での依頼となるため、1か月あたりアシスタントが何時間稼働するのかによって費用が決まります。記事制作に限らず、難易度の高い・専門性の高い業務ならば費用は高くなる傾向があるため、依頼したい業務×稼働時間によって相場が変わります。

ご参考までに、クラウドソーシングサービスの大手である「クラウドワークス」で記事制作を発注する際の費用相場やメリット、発注の流れなどをまとめたページをご紹介します。
記事制作・WEBライティングの依頼・相場特集

記事制作の外注に「ビズアシスタントオンライン」


前述したオンラインアシスタントサービスの中でも特におすすめなのは「ビズアシスタントオンライン」です。ビズアシスタントオンライン独自のデータベースには、豊富な実績に加え、運営局との事前面談・スキルチェックを通過している人のみが揃っているため、最初からハイスキルな人(在宅アシスタント)を紹介してもらえる可能性が高いのが特長です。

業務単位での契約ではなく時間単位での契約となるので、人によっては、アフィリエイト管理やSNSの保守管理などを一括して依頼することができるケースもあります。秘密保持契約(NDA)を結ぶためセキュリティ面でも安心です。外注にかかるコストを抑えつつ質の高い記事を量産したい場合、ぜひ検討をおすすめしたいサービスです。

ビズアシスタントオンラインの利用の流れや相場、企業事例がわかる資料をダウンロードする

まとめ

「記事制作のリソース不足を補いたい」「SEOやコンテンツマーケティングを意識したコンテンツを作成したい」「社員をコア業務に注力させたい」などの課題を抱えている場合は外注を検討してみてください。できる限り低コスト、かつクオリティの高い記事制作を外注したいのであれば、クラウドソーシングサービスやオンラインアシスタントの活用がおすすめです。

優秀なオンライン秘書を紹介!
「ビズアシスタントオンライン」サービス資料

ハイレベルな在宅アシスタント紹介「ビズアシスタントオンライン」の登録人材、事例、利用方法をまとめています。

【こんな方におすすめ】
・専門スキル人材が欲しい
・間接費を含めてコスト削減したい
・利用相場や企業事例を知りたい


ippo(一歩)
ビジネス系Webメディアにて執筆を担当。カード決済会社など、複数のオウンドメディアでの執筆経験あり。自身が従業員の教育や指導で得た経験を活かした、業務効率化やビジネス知識の解説などのテーマを得意とする。ブログ運営やビジネス心理学講座で1年半以上学んだ知識や経験をもつ。

コメントは受け付けていません。