外注ノウハウ
Pocket

公開日: 2021.04.16 / 最終更新日: 2021.04.29

レシピ開発で企業を活性化!費用の相場や注意点、主な外注先も紹介

企業がレシピ開発を行うにあたり、事前に把握しておいた方が良い点がいくつかあります。今回は、企業がレシピ開発を行う目的や注意点、費用などについて詳しく紹介します。

企業がレシピ開発を行う目的やシチュエーションは?

はじめに、企業がレシピ開発を行う目的やシチュエーションを紹介します。

経営する飲食店のメニュー考案

飲食店を経営している企業・飲食店の系列企業などでは、店舗で提供するメニューを考案する必要があります。店舗の立地や客層などを踏まえた市場調査を経て、新たなメニューの企画や食材選び、試作、試食などを行います。

飲食店ではメニューによって売上が左右されるため、味・見た目・ボリューム・価格に配慮するだけでなく、オリジナリティを出したりトレンド感を取り入れたりしながら他店との差別化を図る必要があります。

食品の商品開発・リニューアル

食品関連の企業では、新商品の開発や既存商品のリニューアルとあわせてレシピを開発したり、提携農家の食材や自社の加工食品を活かしたレシピによってPRを行うケースがあります。

また、食材・食品の目新しい食べ方や定番メニューのアレンジレシピなどを紹介することで消費者の興味を惹き、売上向上につなげる例も見られます。

顧客や社員の健康維持

企業の業種を問わず、社員やその家族、企業顧客などの健康を維持するためにレシピ開発が行われる場合もあります。社内報や広報誌、顧客向け会報誌などでヘルシーなメニューを紹介すれば、健康への意識向上や注意喚起を促す効果が期待できます。社員食堂や喫茶コーナーで提供されるメニューに気を配ることで、社員の勤労意欲増進や企業のイメージアップに成功したケースもあります。

レシピ開発を行う際の注意点は?

続いて、レシピ開発を行う際に注意したいポイントを紹介します。

個人のポリシーや宗教上の理由による制限

食に関する個人のポリシー(ヴィーガン、ローフード志向など)や、宗教上の理由に配慮してレシピを開発する場合、使える食材が限られるケースがあります。特に、宗教上の理由による食材制限は厳格に守るべきと考える人も多いため、使用不可能な食材を確実にレシピへ反映させる必要があります。

アレルギーに関する対応

アレルギーに関する対応も重要です。アレルギー対応メニューの開発を行う際は特定原材料7品目(卵、乳、小麦、えび、かに、落花生、そば)に配慮し、材料として使う場合はその旨を明記するようにします。

そのほか、飲食店や給食のレシピ開発におけるアレルギー対策として、代替メニューの用意、代替食材の使用、アレルギー食材の除去などが挙げられます。

アレルギー対応のレシピ開発には専門的かつ正確な知識が必要となるため、専門家の監修の元で行うことが望ましいでしょう。

カロリー・糖質・塩分などの制限

カロリー・糖質・塩分を制限したレシピ開発が必要となるケースもあります。

生活習慣病の予防・改善を目指すメニュー、特定の疾患を持つ人でも食べやすいメニュー、高齢者・幼児向けのメニューなどを考案したい場合、目的に応じてカロリー・糖質・塩分などの制限を行うことが必要です。

食べる人の健康に影響する可能性の高いメニューであることから、アレルギー対応レシピと同じく専門家へ依頼するのが良いでしょう。

レシピ開発費用の決まり方や金額の相場は?

前述の通り、レシピ開発には食材・健康・アレルギーなどについて専門的な知識を持つ人材が必要といえます。自社に適任者がいない場合は外注することが可能であり、費用面はおよそ以下のようになっています。

料金の決まり方

レシピ開発にかかる料金は、依頼するレシピの数や難易度によって異なります。使用食材やカロリーに制限がある場合、食べる人の年齢や健康に配慮してほしい場合、特定の食材・食品を必ずレシピに入れてほしい場合など、条件が多くなるほどレシピ開発の難易度は上がり、その分料金も高額になる傾向にあります。

また、レシピ開発までの納期や、開発レシピに関するサポート範囲(監修依頼の可否、調理工程や完成メニューの撮影有無など)なども料金に影響します。

費用の相場

一般的なレシピの開発のみを依頼する場合、1品あたり3万円~5万円が相場といえます。

メニュー数の増加、難易度やサポート範囲の変更などが発生すると料金が加算され、試作を繰り返す必要があるメニューについては追加料金を請求されることもあります。また、有名なフードコーディネーターやシェフなどへ依頼する場合にはギャランティや監修費などが別途かかるケースもあります。

料金体系や費用、オプション料金の有無などは依頼先によって大きく異なるため、可能であれば事前に見積を取ると良いでしょう。

レシピ開発の依頼先や特徴、料金体系は?

では、レシピ開発にはどのような依頼先があるのでしょうか?それぞれの特徴や料金体系などもあわせて紹介します。

フードコーディネーター、栄養士など

まず、食材や栄養に関する知識を持ったフードコーディネーターや栄養士が依頼先に挙げられます。そのほか、調理師や料理人、料理研究家、シェフ、パティシエ、野菜ソムリエなどといった「食の専門家」へ依頼する方法もあります。それぞれ専門分野や実績が異なるため、ニーズに合った人を選ぶようにしましょう。

上記のような個人に依頼する場合、経歴・スキル・ネームバリューなどによって料金は数千円~数十万円と大きく異なります。多忙・著名な人物の場合はすぐに着手してもらえない可能性もあるため、納期についても事前確認が必要です。

レシピ開発会社

レシピ開発サービスを提供している会社へ依頼することも可能です。飲食店・カフェなどのメニューを専門に開発する会社、特定のターゲットやシーン(単身世帯のビジネスマンが15分程度で作れる夕食、など)を想定してレシピを提供する会社、調理工程の撮影や飲食店出店のプロデュースも手がける会社など、さまざまな事業者があります。

レシピの開発のみだと1品3万円~5万円程度が相場といえますが、レシピのジャンルや難易度・依頼範囲・納期などによって料金設定が異なります。詳細な金額を提示していない事業者も多く、料金を知りたい場合は事前に問い合わせる必要があります。

クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスを利用してレシピ開発を依頼する方法もあります。サービス登録者からレシピ開発が可能な人材を探して契約・発注を行います。個人への依頼となるため料金や納期の面で融通がききやすく、レシピ開発1品あたり数千円程度で依頼できるケースもあります。

レシピ開発や関連業務の依頼なら「クラウドワークス」

数あるクラウドソーシングサービスの中でも日本最大級のクラウドワークスには、レシピ開発が可能な人材が多数登録しています。

レシピ開発経験の有無や実績をプロフィールから確認できるために依頼後のミスマッチが起こりにくく、管理栄養士・調理士・フードコーディネーターなどに絞って人材を検索することも可能です。

契約前に依頼業務の内容や範囲を決めておけば追加料金が発生することはなく、サービス登録料・案件掲載料が無料である点もメリットです。

さらに、カメラマンやWebデザイナー、リサーチャー、ライターなどを同時に募集・検索し、レシピの撮影、Webページやパンフレットの作成、レシピの反響リサーチなどをあわせて依頼するという活用方法もあります。それぞれ別の依頼先を探す場合と比べると、時間・コストの大幅な節約が期待できます。

クラウドワークスの使い方や事例、発注相場がわかる資料をダウンロードする

まとめ

企業がレシピ開発を行う目的はさまざまですが、いずれの場合も食材や栄養の専門知識を有する人材の関与が必要といえます。自社内に適任者がいない場合は外注の可能性も考慮し、依頼先の特徴や費用などについても下調べをしておきましょう。

クラウドワークスのサービス資料
サービス特徴、活用事例、発注相場などを紹介しています。

本資料ではクラウドワークスの特徴、事例、使い方、ワーカーの属性、発注相場などサービスの情報をまとめています。

【こんな方におすすめ】
・サービスを詳しく知りたい
・外部人材の活用を検討したい
・発注相場や事例を知りたい
Pocket


coolpolaris
広告代理店でマーケティングやストラティジックプランナー、ライター等を長年担当。専門は統合マーケティングコミュニケーションで、リサーチ実施・分析及びWEBも含めたトータルコミュニケーションプランの構築やブランディングを得意とする。WEBマーケティング経験も多数。

コメントは受け付けていません。