マーケティング
2016.06.20
Pocket

SEMとSEOの違いとは?「SEM」の基本と注意点を学ぼう

SEM、SEO、SMO。ウェブマーケティング用語は英単語の略称が多いため、慣れないうちは「どれがどういう意味だっけ……」と混乱しがちですよね。このページでは、ウェブマーケティング用語「SEM」の基本や禁じ手についてまとめてみました。ウェブマーケティング初心者の方は一緒に学んでみましょう。

「SEM」とは?

d378e1ef720309426cc91e7a741cec41_s

SEM(Search Engine Marketing)とは、「サーチエンジンからの訪問者を増やすこと」を目的としたマーケティング手法のことです。自サイトがサーチエンジンの上位に表示されるように、ユーザーが検索しやすいキーワードをコンテンツに盛りこんだり(SEO対策)、動画広告やネイティブ広告の導入を行ったりします。

SEMとSEOの違いって?

SEO(Search Engine Optimization)もSEMと同じく、「サーチエンジンからの訪問者を増やすこと」を目的としたマーケティング手法です。
ただし、SEOはキーワードの分析や記事構成の改善など、ウェブマーケティングのごく一部の手法のみを指す言葉といえます。

「サーチエンジンからの訪問者を増やすウェブマーケティング手法をSEMと呼び、SEMの一手法としてSEOがある」と覚えておきましょう。

「SEM」に含まれるマーケティング手法を比較してみよう

1ef7fcc4db2483c8b60fc1951652aa06_sSEMには、以下のようなマーケティング手法が含まれます。
それぞれの特徴と、メリット・デメリットを見てみましょう。

SEO対策(SEO)

「サーチエンジン最適化」と呼ばれる手法です。自サイトのページの有用性がサーチエンジンに認められるように、ユーザーが検索しやすい単語(SEOキーワード)をコンテンツに入れたり、より有用性の高い記事構成に修正したりなどの作業を行います。

SEO対策のメリットは、広告料がかからないことです。自サイトのコンテンツの質を向上させながらユーザーの獲得を狙うため、リピーターの増加にもつながりやすくなることが利点といえます。

デメリットとしては、SEO対策の効果が出るまで時間がかかることや、サーチエンジンの評価基準の変更の影響を受けやすい点が挙げられるでしょう。

リスティング広告

リスティング広告とは、サーチエンジンの結果結果上部または右端に表示される広告のことです。SEO対策と違い、広告料がかかる点がネックですが、コストをかければマーケティングの効果が早く出やすいことが利点といえます。

インフィード広告

インフィード広告とは、「サイトのメインコンテンツのように見える広告」のことを指します。SNSのタイムラインやニュースフィードなどで、あたかも他のユーザーの投稿のように差しこまれている広告が該当します。サイトコンテンツと広告のフォーマットを似せることにより、ユーザーのクリック率をアップさせるのが狙いです。

大手SNSやニュースアプリ等に導入されたことをきっかけに、注目を集めつつあるマーケティング手法といえます。

なお、インフィード広告は一時期話題となった「ステルスマーケティング」とは異なります。ステルスマーケティングは、最後まで広告であることを隠したまま宣伝するマーケティング手法ですが、ネイティブ広告は「広告だと明かしたうえで消費者に有益な情報を届けること」に重きをおいているためです。

ただし中には、インフィード広告を「ステマ」と誤解する消費者もいます。
広告を出す媒体や表示方法に、十分な配慮が求められる手法といえるでしょう。

SEMの禁じ手に注意しよう

2932ddcb24620b0657f6f479eb5558ed_s
ウェブマーケティングでは、サーチエンジンの運営元が定めたルールを守ったうえでSEMに取り組むことが重要です。

たとえば以下のような手法は、悪質なSEMとしてペナルティの対象となります。

ワードサラダ

ワードサラダとは、文法的には正しいものの、文章の意味が破綻している文のことです。SEOキーワードを文章の自動生成ツールでつなぎあわせ、ウェブページの検索上位を不当に上げます。

掲示板やブログに記事URLをばらまく

サーチエンジンがウェブページの有用性を判断する基準のひとつに、「被リンクが多いかどうか」というポイントがあります。自サイト以外に多くの被リンクが張られているということは、「大勢の人が価値ある記事だと認めたんだな」とサーチエンジンが判断しやすいためです。よって悪質なウェブマーケターは、匿名掲示板やSNS、個人ブログのコメント欄などに自サイトのURLをばらまく手法をとります。

これらの手法は、サーチエンジンの有用性を落とす悪質なマーケティング方法「ブラックハットSEO」として禁じられています。ブラックハットSEOを繰り返すと、サーチエンジンでの表示順位が下がってしまうほか、最悪の場合は検索結果にウェブページが表れなくなりますので、注意しましょう。

まとめ

ウェブマーケティング用語「SEM」の基本や禁じ手についてご紹介しました。SEMの基本は、ユーザーとサーチエンジン双方に認められるコンテンツを作ることです。上記の内容を参考に、よりよいウェブコンテンツ制作を目指してみてはいかがでしょうか。

Pocket


コメントは受け付けていません。