フリーエンジニアになろう!大変な営業はクラウドソーシングを活用!

クラウドソーシングトップに戻る

はじめに

フリーエンジニアと聞くと「なんだか格好良さそう」といった漠然とした感想を抱く方も多いかもしれません。
フリーエンジニアとは、会社組織などから独立して働く、独立型のエンジニアのことを指します。彼らは開発提案や開発業務、時には経理などにも携わるのですが、全体的なマネージメント業務を請け負うことになるフリーエンジニアには、何かとメリット・デメリットが付随してくるのです。
では、フリーエンジニアになると、いったいどのような変化があるのでしょうか?

フリーエンジニアとして働く利点

何でも、会社に属することから解放されると、自由度が上がります。
フリーエンジニアとして働く利点はなんといっても【自分のやりたいようにできる】ということ。
60万以上の報酬でないと受け入れたくない、という場合はそういった条件の良いところだけを選んでいくこともできますし、実力次第でいくらでも成功させることができます。
つまり「スキルはあるけど、報酬が低い」という方がフリーエンジニアとして働き始めると、それまでよりも高い報酬を受けられるようになる可能性があるのです。

でも、どうやって仕事を得よう…

フリーエンジニアに転職すれば必ず自由になれるかというと、残念ながらそうとは限りません。
自由に仕事を選べるようになることを期待して会社を辞めても、期待していたような仕事がないこともありますし、むしろ案件の少なさから、自由度が極端に減ってしまうこともあります。

そういったときのためにやっておくべきことは、とにかく、クラウドソーシングサービスをできるだけしっかりとチェックしておくということです。
これをしておくだけでも、仕事を得られる機会は大きく変わります

クラウドソーシングを活用して仕事をGet!

フリーエンジニアとして活躍するためには、【クラウドソーシングサービス】を利用するのが得策です。
クラウドソーシングサービスを利用せずにフリーエンジニアとしてやっていくというのは、非常に無謀なことですし、在宅ワークというのは案件ありきのものなので、より多くの案件があつまるクラウドソーシングサービスの利用が必至となるのです。
営業に時間を取られるよりも効率的に働くことができるので、まだ利用してない方は、クラウドソーシングサービスへの登録を済ませておきましょう。

気に入ってもらえれば継続して受注も可能!

クラウドソーシングサービスを利用しながらフリーエンジニアとして働いていると、案件が少ない月が出てきたり、逆に多すぎる月が出てきたりと、何かとバランスが悪くなりがちです。
そうなってくると「いつでも仕事をくれて、報酬を安定させてくれるクライアント」や「信頼できるビジネスパートナー」のあるなしが生活力に直結してくるんで、継続して受注を受けていくためにも、クライアントに気に入ってもらうための努力をしましょう。

まとめ

会社という組織から離脱して、雇われることのないフリーエンジニアとして活躍していくということは、【常に自分の仕事力をマネージメントしていかなければならない】ということです。
いかに案件を消化していくかということをコントロールできないと、フリーエンジニアとして働くことはできなくなり、破産してしまいます。
フリーエンジニアとして活躍したいのであれば、クラウドソーシングを活用しない手はありません。クラウドソーシングサービスは、フリーの世界で挑戦していくための必須ツールなので、必ずチェックするようにしましょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク