ワーカー向け!クラウドソーシングでWin-Winな報酬を得るコツとは?

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングで納得のいく報酬を得るには

9-1

クラウドソーシングを利用して働く時、どうしても避けてはとおれないのが「料金交渉」ですよね。クラウドソーシングでの成果報酬は、クライアントとワーカーが同意のうえであれば、自由に報酬価格を設定できるものであり、最低報酬額などの指定もありません。ワーカーとして納得できる価格帯で仕事をするには、どのようなポイントに気をつければいいのでしょうか? 報酬交渉がしやすいクライアントの選び方や、作業単価の上げ方のコツについてまとめてみました。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングではクライアント選びが大事

まず仕事をするまえに、「これくらいの価格なら責任をもって仕事ができる」という、自分の最低相場を決めます。時間単価や作業単価など、単位はなんでもかまいません。仕事に慣れていくと、ひとつの仕事に対してどれくらいの時間がかかるかを感覚的に計れるようになるので、報酬の希望額も決めやすくなります。自分のおよその最低希望額を決めたら、その価格よりはるかに下の料金を提示しているクライアントの案件は、応募候補から外すようにしてみましょう。あきらかに相場感覚の異なるクライアントは、料金交渉を行っても納得してもらえないことが多いためです。もちろん、報酬が問題にならないほど興味をそそられ、才能を活かせそうな案件である場合は、この限りではありません。

クラウドソーシングでは「初回単価」が肝

9-2

クラウドソーシングでは、一般的なビジネスと同じく、継続的に仕事をさせていただける「お得意様」ができることがあります。どの案件も次に繋がっていく可能性があるので、初めて組むクライアントとの作業単価については、慎重に価格を決めるようにしましょう。初回の作業単価は、今後の報酬価格の指針になります。価格を決める基準としては、自分にとって納得のできる価格であり、かつクライアントの求める予算内であることが挙げられます。

引用元:無料写真素材 写真AC

 クラウドソーシングの作業単価を上げる方法って?

9-3

ワーカー側からの交渉が多いように思われる「価格交渉」ですが、中にはクライアント側から嬉しい「報酬アップ」のお申し出をいただくことがあります。同一クライアントと継続的に仕事をし、納期どおりにきちんとした成果物を提出することで、すでに決まっているコストを再考してもらえる可能性があります。報酬以上の仕事をしてくれるクリエイターと判断されることが、作業単価をあげる唯一の近道なのかもしれませんね。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングに積極的に参加しよう

報酬交渉がしやすいクライアントの選び方や、報酬価格の決め方、作業単価の上げ方のコツについてご紹介しました。クラウドソーシングには決まった相場がないので、報酬価格はクライアントとワーカーのさじ加減ひとつで決まります。上記の内容を参考に、納得のいく価格でのお仕事をしてみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク